【次世代マシンでリリース?】Ubisoft期待の新作『Watch Dogs: Legion』、リリースが遅れる見込み

Ubisoftは3つの大型タイトルのリリースを遅らせる決断をした――リリースが遅れることになったタイトルは『Gods & Monsters』、『Watch Dogs: Legion』そして『Rainbow Six Quarantine』だ。

UbisoftのCEO:Yves Guillemot氏は年度レポートの中で、直近で発売した『The Division 2』と『Ghost Recon Breakpoint』が期待する売り上げを達成できなかったことを明らかにした。
売上の期待がかかったタイトルの不調をうけて、今後の開発ロードマップの修正を迫られる形になったと思われる。

また、Guillemot氏はリリースを遅らせる決断は競合タイトルとのリリース日を考慮してのことではないことについても言及。新しいタイトルのリリースで手に入れた資本を次の開発費に当てる戦略は維持しつつ、新しい取り組み方法を模索していくことになりそうだ。

リリースが遅れるのは残念だが、完成度を上げ、クオリティを担保するためには正しい決断だろう。また、3タイトルについては次世代マシンに対応した形でリリースされるかもしれない。今後の情報に注目したい。


参考URL : https://www.videogamer.com/news/watch-dogs-legion-delay-will-let-ubisoft-prime-it-for-a-next-gen-release