ノーマン・リーダス、小島氏の『Death Stranding』の構想にほれ込んだことを告白!

ウォーキング・デッドシリーズで一躍有名な俳優の一人になったノーマン・リーダス。彼はドラマ、映画に続いて『Death Stranding』でゲームデビューも飾ることができた稀有な俳優の一人だ。

だが、リーダスにはゲームに関し苦い経験がある。一昔前に、コナミに在籍していた小島氏にゲーム『SILENT HILLS』の主人公役としてリーダスに声がかかったのだが、その後諸事情によりゲーム開発が中止されてしまった経験だ。リーダスにとっては青天の霹靂ともいえる事態が起こったといってもよかっただろう。

だが、この度海外メディアのHollywood Reportのインタビューに答えたところでは、小島氏から『Death Stranding』について説明を受けた際に、サイレントヒルに関することを忘れてしまったと語る。それほどまでに、衝撃的な内容だったということだろう。

『Death Stranding』はPS4とPCでのリリースを予定。PS4版は11月8日に、PC版は2020年の初夏にリリースされるものと思われる。日本人作のタイトルとして、どれほど数値を伸ばすことができるのか、今後の動向に注目したい。


参考URL : https://wccftech.com/reedus-i-completely-forgot-about-p-t-when-i-heard-of-death-stranding-thank-god-it-didnt-work-out/