『ファイナルファンタジー7 リメイク』、20201年3月以降に他プラットフォームでもリリースか?!

スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジー7 リメイク』は2021年3月3日まではPS4独占で提供される予定のようだ。その後は、複数のプラットフォームでの展開を予定している模様。

マイクロソフト陣営もFFシリーズをXboxに引っ張ってくることには積極的で、来年のGame Passでは9つのタイトルをプレイできるようになる予定だ。『ファイナルファンタジー7 リメイク』についてもXbox(おそらく次世代マシンのスカーレットになるだろう)でリリースしたい意向を持っているはずだ。

また、スクウェア・エニックスはFF7リメイクのパート2の開発も始まったことを明らかにしている――何作品に切り取って提供されるのかは定かではないが、プロデューサーの野村哲也氏は、FF7のリメイク作品を通してプレイしていただければ、期待値は超えるはずだとも述べている。

ただ、どれくらいの続編が作られるかは『ファイナルファンタジー7 リメイク』の売上・評価に大きく依存してくるところもあるだろう。『ファイナルファンタジー15』のように、計画されていたコンテンツが日の目を見ないようなことにならないのを祈るばかりだ。


参考URL : https://www.videogamer.com/news/final-fantasy-vii-remake-will-be-a-ps4-exclusive-until-early-2021