『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』のリリースが2020年夏に延期。理由は“最終調整”のため?

スクウェア・エニックスは『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』のリリースが2020年夏にずれ込むとアナウンスした。当初のリリース予定日は2020年1月23日だったことから、およそ半年ほど遅れることになりそうだ。

理由は“最終調整のため”とのこと。急いでリリースするよりも、完成度を上げてもらうほうが、最終的にファンにとっては嬉しい結果になるだろう。

ちなみに、2020年の前半のスクウェア・エニックスはリリースラッシュで忙しくなるだろう。『キングダムハーツ3:ReMIND』の対応にも追われるのは予想できる。そして、3月には『ファイナルファンタジー7 リメイク』が控えていることから、『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』を夏のリリースにずらすのは賢明な判断とも受け取れる。

『ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リマスター』はPS4、Switch、iOS、Android端末で2020年夏にリリース予定だ。


参考URL : https://www.videogamer.com/news/final-fantasy-crystal-chronicles-remastered-delayed-to-complete-final-adjustments