『ファイナルファンタジー7 リメイク』、FF15のバトルシステムの課題を見事に解決!?

『ファイナルファンタジー7 リメイク』がアナウンスされてから5年、いよいよリリースまであと1ヵ月程となった。FFファンにとっては、アナウンスから5年での発売は“奇跡的”ととらえる人もいるかもしれない――前作『FF15』については、アナウンスからリリースまで10年近く必要とした。

ちなみに、『FF7 リメイク』と『FF15』のバトルシステムは似ている点がたくさんあることは、デモをプレイした方は感じたことだろう。だが、前者のほうがよりアクションを重視したバトルスタイルになっているようだ。FF15でプレイヤーで指摘があがっていたの改善点をFF7 リメイクにうまく取り込むことに成功したように思われる。

FF7 リメイクのバトルでは、クラウドは敵に対して自由なタイミングで通常攻撃を加えることができるが、一部の攻撃についてはゲージがたまるまでは実行することができない。ゲージは戦闘時間の経過とともに自動でたまっていくが、相手の弱点を突いたりすると、ゲージのたまるスピードが早くなる。

ちなみに、ゲージを必要とするアクションは、魔法や必殺技、アイテムの使用だ。アイテムの使用にも制限をかけることで、自由に回復することができなくなった。これにより、ゲームの難易度はぐっと上がることになるだろう。より難易度の高い、緊張感のあるゲームを求めるプレイヤーにとっては、嬉しい制限になる一方、初心者にとっては、少し難易度の高いバトルになるかもしれない(もちろん、難易度調整はできるはずだが)。

『ファイナルファンタジー7 リメイク』はPS4限定で2020年4月10日にリリース予定だ。


参考URL : https://www.thegamer.com/final-fantasy-vii-remake-fixes-biggest-problem-with-ffxv-battle-system/amp/