スマブラのディレクター桜井氏、コロナウィルスの感染拡大により開発に遅れが生じる可能性を示唆

『大乱闘スマッシュブラザーズ』のシーズン2のファイターの到着がコロナウィルスの影響を受けて遅れるかもしれない。

ファミ通の連載の中で、スマブラのディレクターを務める桜井氏は、コロナウィルスに対する懸念を示していることがわかった。世界的に渡航制限がかかっているため、海外のパートナーとの交渉や取り決めを行おうにも、できずにいるという。

また、もしスマブラを開発するチーム働いているビルで感染者が出たとすると、しばらくの間は開発をSTOPせざるを得なくなると述べており、スケジュール通りにスマブラのファイターの開発が進まなくなる恐れがあることも示唆している。

ファイターパス2はすでに販売されているが、コロナウィルスの影響を受けて新ファイターの投入が遅れる可能性は十分にありえる。今後の情報に注目したい。


参考URL : https://www.videogamer.com/news/sakurai-suggests-super-smash-bros-ultimate-development-could-be-delayed-due-to-pandemic