バトルフィールドVのジャケット写真

シリーズの原点に立ち返り、かつてない第二次世界大戦の世界が舞台の『バトルフィールド5』。世界中を舞台に繰り広げられるマルチプレイヤーの全面戦争は圧倒的な迫力!シングルプレイヤー「大戦の書」では大戦を駆け抜けた人々の究極のヒューマンドラマを追体験できます。今回は『バトルフィールド 5』のストーリー・エンディングについてまとめました。

ジャンル:シューティング、発売日:2018/11/20、発売会社:エレクトロニック・アーツ株式会社

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリーモード:大戦の書

バトルフィールド Vには、シングルプレーヤー用のストーリーである「大戦の書」が実装されています。

この「大戦の書」は実際に歴史の中に残っている世界大戦中の出来事を背景にしながら、戦争に巻き込まれた人々が描かれていきます。そしてプレーヤーはその大戦を生き抜く1人の兵士であり、バトルフィールドの世界を生き延びていくことを目標に戦い抜きます。

大戦の書にはいくつかのモードがあり、「北極光」ではノルウェーを舞台に若き反政府軍兵士として戦うことになります。他国に占領された母国・ノルウェーを奪還するためにも、家族を守るためにも戦いを余儀無くされていきます。

「旗なき戦い」ではプレーヤーはロンドン刑務所で捕らえられていた犯罪者ビリー・ブリジャーとなり、自らの罪をつぐなうためにもイギリス軍の船艇軍として戦うこととなります。

「ティライユール」では祖国であるフランスを解放するために戦うセネガル兵士となります。このモードでは熱い歩兵戦を繰り広げることとなります。

そして「最後の虎」というストーリーモードでは、第二次世界大戦の終結時期の混乱したドイツ軍が描かれます。自らの軍の思想に半信半疑のまま戦いはさらに激化。鬱屈とした雰囲気がドラマチックな人間模様とともに描かれます。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=-FEgeuGsmzQ

ストーリーモード「ティライユール」のエンディング

バトルフィールド Vのラストミッションでは混乱した街の中を兵士たちが駆け回り、敵兵たちを殲滅していくところから始まります。

街の深部にまで進んでいき自軍がついに巨大な建物の前まで到着をしました。そして一斉突入のために数人の兵士が巨大な建物の大扉を叩き開けます。そして暗闇の中に突入していきます。

そこは宮殿のような石造りの建物でしたが、中にはほとんど人は残っていませんでした。急に部屋に光が入るとベッドに横たわる人の姿がありました。この部屋の中には大勢の病人が横たわっていたのです。そこは病院なのでした。

そして敵を殲滅し、街を取り戻すことに成功しました。兵士たちは疲れ果て座り込んでいます。すると上官が近づいてきて、病院をバックに全員で記念撮影を撮りました。

撮影音と共に光が画面を包み込み、白黒の写真が画面に大きく映り込みました。すると主人公の兵士が年老いた姿で出てきます。 年老いた兵士は昔の写真を手に持ち、何かを呟きます。

「フランス兵士がパリを奪還した時、彼らは黒人兵士たちを追い出した」
「フランス人たちは彼らを追いやったんだ」
「しかし私たちは何を成し遂げたか知っているんだ」
「そしてセネガル兵士たちはあの戦いを誇りに思っている」


こう呟くと1枚のセネガル人兵士の写真が映し出されスタッフロールが流れます。これがバトルフィールドVのストーリーモード「ティライユール」のエンディングです。

ストーリーモード「北極光」のエンディング

主人公は基地から抜け出そうと身を隠しながら歩き出します。しかし基地内にはたくさんの人がおり、敵兵に見つかってしまいます。敵兵をなんとか振り切りますが他の兵からも銃撃をされ、なんとかオートモービルに乗り基地を逃げ出しました。

雪道をモービルで走り続けますが敵の大砲や燃えたトラックなどが邪魔でなかなか逃げ切ることができません。

主人公はモービルを降り、拠点にいる敵との銃撃を始めます。拠点を制圧したところでトラックに銃を連射していたところ、巨大な船が乗り上げてきました。

そして主人公の仲間は敵兵に捕まっているところを発見しました。主人公は仲間を取り戻すために銃を持って船の上の兵と戦います。しかし味方は撃たれ、主人公は後ろから来た敵に銃口を突きつけられてしまいます。味方は呟きます。「あなたのことを誇りに思うわ」

そして味方は船の上で持っていた手榴弾を爆破し、敵戦艦と共に沈んでいきました。その後、スタッフロールが流れます。これがバトルフィールドVのストーリーモード「北極光」のエンディングです。

 

バトルフィールドVの作品情報

 
バトルフィールドVのジャケット写真    
 
発売日
 
2018/11/20
 
ジャンル
 
シューティング
 
開発会社
 
エレクトロニック・アーツ株式会社
   
 
バトルフィールドVのユーザ評価

評価数:44件
評価 :★★★★☆(3.9/5)

ゲオユーザのバトルフィールドVの評価
  • 大戦時の街並みがよく再現されていて雰囲気も感じながら遊べるフィールドだが、フィールドによっては敵をかなり視認しづらいので、自分好みの光度調整が必要。 バグなのか分からないが、高い壁は乗り越えられるくせにちょっとした段差が乗り越えられないなんてことがあるので今後のアプデに期待。
  • バグは多岐にわたり、新要素は開発途上の感が強い。メニュー画面にはまだ選択できないボタンもあり、そうした印象を一層強めてしまっている

参考URL
・youtube.com