Days Goneのジャケット写真

アメリカの西海岸北西部。パンデミックにより人間社会は崩壊し、人口が激減した世界。プレイヤーは賞金稼ぎ「ディーコン・セントジョン」となり、荒廃した世界の中、極限状態におかれながらも、それでも生きる理由を探してバイクで旅を続ける。 絶望、喪失、狂気、友情、後悔、愛情、そして希望。人間として生き残ろうとする生存者の物語が繰り広げられる。

ジャンル:アクション、発売日:2019/04/26、発売会社:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリー/エンディング

ストーリー

本作Days Goneの舞台には、自然ゆたかな森や川、また自然の厳しさを感じることができるような非常にけわしい山に砂漠などが出てきます。

そんなリアルな世界の中で、人類を滅亡に追いやるパンデミックが発生し、多くの人々がフリーカーというゾンビのような状態になってしまいました。

かつてない勢いで広がっていくパンデミックは、2年間という短い期間でほとんどの人々を感染者にしてしまい、一方で生き残った人々は肩身を狭くして生活をする羽目になってしまいました。

数少ない生存者の中に「ディーコン・セントジョン」という男がいます。この男が本作の主人公であり、かつてディーコンはパンデミックによって妻を失ってしまったという過去を持っています。

ディーコンはブーザーという男を相棒として、荒廃した世界を旅して回っていました。

賞金稼ぎを目的として旅を続ける中でディーコンはいろいろな人々と出会います。そこでディーコンはパンデミックが発生した謎を解く、そして人類が生き残るためのヒントを得ることとなるのです。

本作はフリーカーとの戦い、バイクでの旅、そしてディープな人間関係とさまざまな要素が入り混じる非常に濃厚なストーリーとなっています。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=2Ij5XEndstA

エンディング

ディーコンは敵の組織を崩壊させ、サラを救い出すことができました。すでにディーコンたちの仲間が敵の基地に乗り込んできており、多くの敵は降伏をしていました。

しかしディーコンは浮かない表情をしていました。なぜならブーザーを失ったからです。

多くの人が事情を知らずディーコンに尋ねます。

「おい、ブーザーは?」

しかしディーコンの表情からブーザーは亡くなったのだと悟り、その場を去っていきました。

誰かが落ち込んでいるディーコンに背中ごしから声をかけてきました。

「おい」

それはブーザーだったのです。爆発の衝撃からギリギリ逃れたブーザーは川に飛び込み命からがら生き残ったのでした。

そこで場面が切り替わります。

ディーコンは数多くの仲間たちの前でスピーチをしています。

「これからやることは山積みだ。だから手短に話そう」
「俺はリーダーじゃない。だが今日は全員ですごいことをやり遂げたんだ。」
「団結して、どっかの誰かに言われたんじゃなく、俺たちの力で勝ったんだ!」

ディーコンの演説に人々は沸き立っています。

「だから更に戦っていくんだ。これから先の未来もよくなることを信じて!」
「俺たちの力で未来を変えてやろうじゃないか!」

こうしてDays Goneはエンディングを迎えていきます。

裏技/テクニック

バトルで優位に立ち回ることができるテクニックまとめ

1つ目は「敵からステルス状態で戦う」という立ち回りテクニックです。世界中を旅していると大量の敵を発見することがありますが、この中に飛び込んでいくとほぼ間違いなく負けてしまうはずです。

そこで敵を発見したらまずは隠れられる場所を探しましょう。そこで「○ボタン」を押すことによって、身を隠すことができます。

隠れた状態でフリーカーや敵を誘い込み、1体ずつ倒していくことによって時間はかかりますが確実に敵集団に勝つことができるはずです。

2つ目は「緊急回避としてローリングを活用する」というテクニックです。特に強い敵などに出会った際にはローリングでとにかく敵の攻撃を避けつつ攻撃をする隙を見つけるようにしましょう。

また緊急回避をしつつローリングで敵にぶつかっていくことによって、敵を一瞬怯ませることができるため、攻撃をする隙を作ることができます。

3つ目は「近距離戦で敵を倒す」というテクニックです。集団の敵の場合は近距離攻撃によって敵を倒すことは難しいですが3体程度の敵であれば、銃を使うよりもむしろステルスで近づき一気に攻撃してしまうことがおすすめです。

また集団の敵であっても遠距離から銃で相手を倒し、残り3体程度になったら銃弾の節約で近距離戦を行ってもいいでしょう。

集団スレイヤーを倒すテクニック

大量のスレイヤーがいるところはどうしても避けてしまって報酬が取れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしスレイヤーを倒すことによって「MG55マガジンアップグレード」など、必要不可欠な要素を報酬としてゲットできるためできるだけ攻略していきたいところです。

まず集団スレイヤーを倒すためには、連射速度が高く、装弾数についても多い武器を使用することが推奨されます。

1発ずつ撃つ銃は攻撃力が高い一方で、外してしまったり、敵の集団に押し切られてしまったりすると為すすべがありません。

そのため「シカゴチョッパー」や「RPD」などを使用して、連射で敵の集団を殲滅するということがおすすめです。

またナパームなど、爆発系の武器を使用することもおすすめです。スレイヤーが集まっているところに火炎瓶を投げ込むことで一気に敵を殲滅できますし、生き残ったスレイヤーに対しても延焼効果を与えることができるため、簡単に敵の数を減らすことができます。

ナパームで体力が減ったスレイヤーに対して、先ほどの連射速度が高く、装弾数についても多い武器を使用することでかなり優位に立つことができるでしょう。

キャラクター/声優紹介

ディーコン・セントジョン(CV:祐仙勇)

本作の主人公「ディーコン・セントジョン」は、パンデミックによって最愛の妻サラを失い、流れ者のバイカーとして賞金稼ぎの旅を行ってきました。

妻を失ったことによってどうやって生きればいいのかすらわからなくなったディーコン。死ぬこともできず、しかし他の人々とともに生きていく道も選ぶことができずにただひたすらバイクを乗り回しています。

真っ黒な髪の毛で、髭を生やし、帽子をかぶっているというのがディーコンの特徴で、刺青が体のいたるところに入れられていることも印象的です。

旅の際にはブーザーという男と常に行動を共にしており、ブーザーは幾度となく命を救いあった戦友です。

そんなディーコン・セントジョンのキャラクターボイスを担当しているのが「祐仙勇」さんです。

祐仙勇さんといえば、アニメ「カードファイト!! ヴァンガード」の守護聖獣 ネメアライオンや、ゲーム「BLACK STELLA -ブラックステラ-」の京谷未春、「モンスターハンター:ワールド」の総司令、「ヴァリアントナイツ」のリカルド=クロスロードなどのキャラクターボイスを担当されています。

ウィリアム・”ブーザー”・グレイ(CV:竹田雅則)

「ウィリアム・”ブーザー”・グレイ」は先ほど紹介した主人公・ディーコンとともにバイクで旅をする男です。

ディーコンと共に「Mongrel Motorcycle Club」という拠点を持たないバイカーたちが集ってグループとなったいわばギャング団のようなものに所属しています。

ディーコンからは「ブーザー」と呼ばれており、敵の組織やフリーカーたちとの戦いから何度となく命を救いあってきた関係です。

ちなみにブーザーの外見的な特徴としては、ジーンズ生地のチョッキを着ており、短髪。また右腕がなく、ディーコンと同様で刺青が身体中に入っているという点をあげることができます。

また指に数多くのリングをつけており、過去に結婚していたということもうかがい知ることができます。

そんなウィリアム・””ブーザー””・グレイのキャラクターボイスを担当するのは「竹田雅則」さんです。

竹田雅則さんといえば、アニメ「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星」のコンスコンや「バトルスピリッツ ダブルドライブ」のノブシー、ゲームでは「HIDDEN AGENDA -死刑執行まで48時間-」のカール・カーターや「白猫プロジェクト」のケンゾウ・ビルディング役などを担当されています。

Days Gone作品紹介

Days Goneのジャケット画像

発売日
2019/04/26
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
Days Goneのユーザ評価

評価数:173件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザのDays Goneの評価
  • ゾンビずきにおすすめ、サバイバル感がすごい、オープンワールドがめちゃ広い。
  • 面白い!登場人物それぞれに個性があり、いつのまにかハマっていました。ゲームなのに映画のようなドラマのようなそんな感じでストーリーを楽しめるし、フリーカーの大群を片付けるのが初めは怖かったけど、馴れてくると楽しくてしょうがない(笑)ゲーム中に流れる音楽(歌)も好きです。続編出たら絶対買うと思います!