デッド オア アライブ 6のジャケット写真

3D対戦格闘ゲームの人気シリーズ『デッド オア アライブ』シリーズから『デッド オア アライブ 6』が登場!『デッド オア アライブ 6』では必殺技ゲージを採用!

「ブレイクゲージ」を消費して使用する「ブレイクブロー」と「ブレイクホールド」、ボタンを連続で押すだけで出せる「フェイタルラッシュ」など、新システムや、新ステージを楽しもう!

発売日:2019/03/01、ジャンル:アクション、発売会社:株式会社コーエーテクモゲームス

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

攻略/テクニック

設計図を高速で稼ぐテクニック

本作において設計図はキャラクターコスチュームを使用可能な状態にする上で必須のものです。またコスチュームはランダムで獲得できるような仕様のため、ほしいコスチュームを入手するまで設計図を延々と集めなければなりません。

しかし、普通にプレイしている上ではコスチュームの設計図は集まりにくく、それに併せてコスチュームの解放もなかなかできません。そこでコスチュームの設計図を大量に集めるために以下のテクニックを利用していきましょう。

まず紹介したいのが「ランクマッチ」を利用した設計図稼ぎです。ランクマッチを利用すれば勝利・敗北に関わらず200ポイントを稼ぐことが可能となっています。

「ランクマッチ」はオンラインプレイのため、ただ放置しているだけでも相手は攻撃してくれて、バトルを進めることが可能です。それはつまりオートで設計図獲得のためのポイントを稼ぐことができるということです。

また「アーケードマリポーサ」を難易度チャンプで選んで、K連打でクリアするという方法もあります。これで勝利すれば設計図を600ポイント獲得可能。高速で設計図稼ぎができます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=jiZOGlcpsi0

攻撃の相性

デッド オア アライブ 6にある攻撃方法は「投げ」「打撃」「ホールド」の3種類があります。これらの攻撃方法はそれぞれ相性があり、3すくみのようになっています。

具体的に「投げ」はホールドより強く、「ホールド」は打撃より強く、「打撃」は投げより強いです。そして攻撃の相性が強い技でカウンターに成功すれば「ハイカウンター」判定となり、相手に高いダメージを与えることができます。

どれだけフレームが早かったとしても「投げ」攻撃が打撃に勝つことはできませんし、他についても上記の相性の通りダメージ判定が行われます。

ただしホールドのカウンターに限っては、打撃をどれくらい引きつけた段階でカウンターを行うかがポイントになります。ギリギリまで引きつけてホールドのカウンターを決めればハイカウンターですが、タイミングが早すぎればノーマルカウンターとなります。

また、よく勘違いされますが「オフェンシブホールド」は名前の通りホールド判定となるため気をつけましょう。

バトルテクニックまとめ

1つ目のバトルテクニックはかっこいいコンボの決め方です。Sボタンを4回連続でプッシュすることで、簡単かつかっこいいコンボを繰り出すことができます。

Sボタン4回コンボは、簡単に繰り出すことができるため中級者になると避けがちですが、非常に使い勝手が良く安定してダメージを与えることができます。そのため上級者の多くが頻繁に使用しています。

またゲージが溜まっている時には自動で必殺技を繰り出すことができるため、とても有効なテクニックです。

2つ目のバトルテクニックは攻撃をかわしながら必殺技を繰り出す方法です。矢印キーを前方に押しながら、Sボタンを押すことによって必殺技を出すことができます。

この必殺技は敵からの上段・中段の攻撃をかわしつつダメージを与えることができるため、非常に攻撃力が高く、有用性があります。

最後に紹介するバトルテクニックがガード方法です。デッドオアアライブ6では「レバーガード」と「ボタンガード」の2種類が用意されています。

レバーガードはキャラの進行方向とは逆にレバーを引き、ボタンガードはHボタンを押すことでそれぞれガードができます。ボタンやレバーを組み合わせてタイミングよくガードをしましょう。

キャラクター/声優紹介

かすみ(CV:桑島法子)

かすみは「霧幻天神流」と呼ばれる歴史深い忍者集団に所属していたくノ一の1人で「運命のくノ一」として知られています。

性格としては、全く好戦的ではなく、一方で心の中に自らの運命を悟り密かに覚悟を持つ強い意思があります。

現在は抜け忍の身分であり、長きにわたり異父姉妹である「あやね」との闘いを続けてきました。抜け忍となったきっかけは、実兄である「ハヤテ」を襲撃した雷道への復讐によるもの。それ以来、霧幻天神流の里を出て各地を渡り歩いている状態です。

また「DOATEC」に捕まった際には自身のクローンを作られたという過去もあり、そのクローンを倒すためにも闘い続けているのがかすみです。

そんなかすみのキャラクターボイスを担当するのが「桑島法子」さんです。

桑島法子さんと言えば、テレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の森雪や、劇場アニメ「映画 HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」の明堂院いつき・キュアサンシャイン、ゲーム「OCTOPATH TRAVELER」のプリムロゼ・エゼルアートのキャラクターボイスなどを担当しています。

ザック(CV:島田敏)

「ファンキーDJ」としても知られるザックですが、習得難易度が非常に高いムエタイを見ただけで体得してしまうという神がかった運動神経の持ち主として描かれています。

ただムエタイは完全に独学かつ体得後もアレンジを加え続けているために、むしろ動きが読みにくい強力な格闘術へと変貌を遂げました。自由奔放、天真爛漫な体捌きで敵を翻弄しつつ、強力なキック・パンチで相手をノックダウンさせます。

性格は基本的にかなりポジティブであり、サングラスと青ストライプのスーツがザックのキャラクターを象徴していると言えます。

そんなザックのキャラクターボイスを担当するのが「島田敏」さんです。

島田敏さんと言えば、テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の子泣きじじいやぬりかべ、「ONE PIECE 〜アドベンチャー オブ ネブランディア〜」のフォクシー、ゲーム「ドラゴンボール ファイターズ」のブロリーのキャラクターボイスなどを担当しています。

こころ(CV:川澄綾子)

舞妓をしつつ、八極拳という格闘技の修行をしていたという過去を持つこころ。デッドオアアライブの大会には数度出場しており、その中で自らの技を磨き上げてきています。

バトルにおいては体当たりや肘撃などの意外性がある肉弾戦が得意で、投げ技なども非常に強力です。

性格は非常に前向きであり、八極拳の技に現れているようにしなやかな心を持っているところが特徴。毎日の舞妓の稽古の中で鍛えられた精神が、デッドオアアライブの戦いの中でも勝利を導く鍵として描かれました。

ちなみにこころの母親はDOATECの創始者である「フェイム・ダグラス」の愛人。幼き日にこころを放置し、何処かへ去ってしまった母親と、母との関連性を持つフェイム・ダグラスが主催するDOATECに対しては特別な思いを抱いています。

そんなこころのキャラクターボイスを担当するのが「川澄綾子」さんです。

川澄綾子さんと言えば、テレビアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」のフォウや「ぼくたちは勉強ができない」の唯我花枝、ゲームでは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ」のリヴェリア・リヨス・アールヴのキャラクターボイスなどを担当しています。

デッド オア アライブ 6の作品情報

デッド オア アライブ 6のジャケット画像

発売日
2019/03/01
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社コーエーテクモゲームス
さらに詳しく見る>
デッド オア アライブ 6のユーザ評価

評価数:32件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

ゲオユーザのデッド オア アライブ 6の評価
  • ゲーム自体は楽しいのですがアケコンじゃないとやりにくいですね! 後、DLCでお金を巻き上げる気が満々のゲームですが不知火 舞は使いたいなって思います!
  • 買って良かったと思います。このシリーズは初めてやったので、それが良かったのかなと思いますが、キャラがとてもかわいくて好きです。
  • グラフィックは流石だけど、コスチューム解放の条件が酷すぎる。コスチューム収集はよっぽど暇な人じゃないと無理ですね。