ドロップアイテム収集に躍起になったゲームの画像

目当てのアイテムが出ず、何度も何度も同じマップを繰り返したゲーム、ありますよね。もう何回倒したよ、って数のモンスターを倒し、宝箱を落とすたびにほんのちょっと期待して、出なくてもう一度うろうろして……。最強の武器を作るのに必要なアイテムだったりすればまだわかりますが、特に意味はないけれど図鑑集めの為に繰り返し収集したりする必要があったりもするので大変です。コレクター魂に火をつけて、もくもくとプレイしないといけませんからね。今回はそんなレアドロップが大変だったゲームと、アイテムの収集がメインのゲームを集めてみました。

ドラゴンクエスト5 天空の花嫁

メタルシリーズの収集に徹夜で取り組んだ人も多いのでは?1/256の確率とはいいますが、はまると500回かかっても手に入らないこともあったりしますので覚悟!

ドラゴンクエスト5 天空の花嫁のジャケット写真
発売日
1992/09/27
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社エニックス
ドラゴンクエスト5 天空の花嫁の評価

評価数:23件
評価 :★★★★☆(4.7/5)

ゲオユーザのドラゴンクエスト5 天空の花嫁の「絶賛」レビュー・評価
  • ドラクエIIIに、次ぐハマった作品が、Ⅴですね。 はぐれメタルやブォーン、キラーマシーンを仲間にしましたね。 はぐれメタルはとにかくダメ受けない!先頭にすると壁になってくれます。 キラーマシーンは、ほぼ対呪文耐性でしかも、物理攻撃が強い! レアモンスターガンバって仲間にしましょう!
  • ドラクエシリーズの中で、一番やりこんだ作品です。 モンスターを仲間にして、育てるのが楽しくてずっとやっていた気がします。 結婚の時は毎回悩みますが、何回やってもビアンカを選んでしまう自分がいます。 ちなみに初めてのプレイの時は、青年時代になってもビアンカのリボンが手に入らないという事態になりました。多分、少年時代を持ち物いっぱいの状態で終えたからだと思うのですが…。

伝説のオウガバトル

戦闘でしか手に入らない非売品はなかなか集めるのが大変。特にクラスチェンジに必要なアイテムもドロップでしか手に入らなかったりします。忍耐力が必要ですね。。。

伝説のオウガバトルのジャケット写真
発売日
1993/03/12
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社クエスト

不思議のダンジョン2 風来のシレン

運がよいと序盤で強力なアイテムを手に入れることも。死んでしまうとレベルが1に戻ってしまうマゾゲームでもあります。

不思議のダンジョン2 風来のシレンのジャケット写真
発売日
1995/12/01
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社チュンソフト
ゲオユーザの不思議のダンジョン2 風来のシレンの「絶賛」レビュー・評価
  • 多分、僕の人生で一番長い時間プレイしたゲームです。なんといっても1000回やっても飽きないゲームですから。理不尽な死にざまが本当に楽しかったです。もちろんクリアする充実感も良かったです。中毒になって果たして良かったのか、悪かったのか、、、

チョコボと魔法の絵本

懐かしの「チョコボ」シリーズの1つ。最強のカードデッキを組むために必要となる「魔法カード」を収集するのに苦労された方も多いのではないでしょうか。

チョコボと魔法の絵本のジャケット写真
発売日
2006/12/14
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス
チョコボと魔法の絵本の評価

評価数:51件
評価 :★★★☆☆(3.0/5)

ゲオユーザのチョコボと魔法の絵本の「絶賛」レビュー・評価
  • 良作。子供向けかと思ってバカにしていたけれど、大人でもしっかり楽しめる作りとなっている。
ゲオユーザのチョコボと魔法の絵本の「辛口」レビュー・評価
  • ミニゲームの様な物をいくつも、いくつもやっていくゲーム。パッケージだけ見て、不思議なダンジョン系かなって思って買いました。勘違いした自分が悪いですが…。ゲームとしてもあまり面白くは無かったですね。好みの問題なので一概には言えません。

スライムもりもりドラゴンクエスト3 大海賊としっぽ団

レアアイテムを発掘できる場所は、1日に1回しか発掘できない縛りがありなかなか苦労された方も多かったのではないでしょうか。

スライムもりもりドラゴンクエスト 衝撃のしっぽ団のジャケット写真
発売日
2011/11/02
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス
スライムもりもりドラゴンクエスト3 大海賊としっぽ団の評価

評価数:72件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

ゲオユーザのスライムもりもりドラゴンクエスト3 大海賊としっぽ団の「絶賛」レビュー・評価
  • すらもりシリーズのの三作目 やり込み要素の多いので長く楽しめる 二作目のすらもり大戦車に比べるとすこし冗長なところがあるので星4と評価した
  • 1からやってきてるので3が出ると聞き3DSを買いました!2では戦車、3では船ということで弾のデッキ編集など楽しくできました!

サモンナイト クラフトソード物語

懐かしのサモンナイトシリーズから一本をチョイス。材料を集めるのはなかなかに骨が折れる作業だったのではないでしょうか。

サモンナイト クラフトソード物語のジャケット写真
発売日
2003/04/25
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社バンプレスト

まとめの一言

乱数の問題で、レアドロップは1/128か1/256あたりに設定されている場合が多かったようです。1%未満ってなかなかえぐい確率ですよね。それも、モンスターが出現するのも確率なので、ギャンブルで一山充てる方が簡単かもしれません。ただ、あまりに出ないからこそ希少価値があって楽しかったとも言えますね。友達のセーブデータ見せてもらったら知らない装備がある、なんてパターンもあったことと思います。最近のゲームは確率を落とす方向よりも、量が必要になるパターンが多いので、努力は報われますが、昔のように「ナニコレ、見たことない!」といった状況にはならないのが若干残念ですね。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局