Fallout 76のジャケット写真

核戦争後の世界を描いたFalloutシリーズの第8作目『Fallout 76』。シリーズ初導入となるオンラインも加わり、楽しめる要素が増えました!アップデートで更なる快適なゲーム体験に期待がかかります。今回は『Fallout 76』のストーリー・エンディングについてまとめてみました。

ジャンル:ロールプレイング、発売日:2018/11/15、発売会社:ベセスダ・ソフトワークス

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

Fallou76:序盤

Fallout 76の世界はアメリカ合衆国のウェストバージニア州にて描かれています。世界は核戦争によって破滅しており、主人公を含めた多くの生き残りがVault 76という核シェルターによってその命を守ることができました。

メインストーリーではVault 76の監察官として勤務していた女性を追跡するということをしていくこととなります。主人公たちが目覚める前にVault 76を去った監査官は、プレイヤーだけにサインを残して消え去っていきます。この極秘のサインをもとにしてその後、荒廃したアメリカ合衆国・ウェストバージニア州でストーリーが展開していくこととなります。

世界は核兵器の影響で破壊され尽くされており、生きている生物はVault 76の中にいた人間たちか運よく生き延びた人々、核兵器の放射能によって異常化したクリーチャーのみです。

このような荒れ果てた世界でプレイヤーはVault 76から消え去った監査官の指示をもとに後を追いかけることになります。長い眠りから目覚め、Vault 76を出るとき、Fallout 76のストーリーは開幕します。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=5IcqE8kT3KA

Fallou76:終盤

Fallout 76のラストミッション「我は死なり」がいよいよ始まります。主人公はアメリカ合衆国に核ミサイルを発射するために核ミサイルの標的捕捉コンピューターのある部屋に侵入をしました。

部屋の中の標的捕捉コンピューターを見つけると、主人公はその画面を覗き込みます。主人公がいるサイロ・アルファが中心となった標的捕捉コンピューターのマップから核ミサイルを打ち込む場所を決定していきます。

すでに核攻撃を受けているハッシュエリアは「プロテクトゾーン」となっており、そのような場所には核兵器を撃つことができません。それ以外の場所を狙って核兵器を撃つこととなります。

主人公はマップを縮小し、広範囲に核兵器を撃つ場所を探します。そしてついに核兵器を撃つ場所を確定しました。その場所は「ポートサイドハブ」が付近にあるところです。 決定すると主人公は急いで標的捕捉コンピューターのある場所から移動をしていきます。施設内には警告音が鳴り響きます。そして主人公は施設の外に出ました。

施設から主人公が外に出た瞬間、先ほど核攻撃を設定した場所の方角から核の爆発が起こります。核爆発の土ぼこりが主人公を襲います。激しい閃光が画面上で光り、キノコ雲が大空に上がりました。

核が爆発し、キノコ雲が大空を覆っているシーンで「Deth from Above(我は死なり)クエスト完了」との文字が浮かび出てきます。

Fallou76:エンディング

メインストーリーを通して徐々にレイダーやBOS、レスポンダーなどのほとんどの敵がスコーチ(病気に感染したことによって全身が赤茶けたゾンビのようなモンスター)となっていきます。

主人公は生き残った人々の思いを継いで、スコーチ化してしまったレイダーやBOS、レスポンダーたちがいる街に核爆弾を撃ち込みましたが、それでもスコーチたちは殲滅することはできませんでした。むしろスコーチと化してしまった人々は核の放射能によってさらに凶悪な生物へと変わっていってしまったのです。

このような状況になってしまったアパラチア(ゲームの舞台の一つ)ではもはや生きていくことが困難なことは明らかです。そして死んだと思われていた監査官は生きていたのでした。主人公は監査官の跡をVault 76を出て以来追い続けていました。しかし、生きていることはわかったもののメインストーリーの最後まで監査官の姿をみることは叶いませんでした。主人公の行動する先々で常に先回りをし、ヒントを出し続けてくれていた監査官が誰だったのかわからずFallout76のメインストーリーは終了します。

 

Fallout 76の作品情報

 
   Fallout 76のジャケット写真    
 
発売日
 
2018/11/15
 
ジャンル
 
ロールプレイング
 
開発会社
 
ベセスダ・ソフトワークス
   
 
Fallout 76のユーザ評価

評価数:34件
評価 :★★★★☆(3.4/5)

ゲオユーザのFallout 76の評価
  • フォールアウトシリーズ初のオンラインゲームということで購入。往年やってきての感想としては、マップの広さは概ね満足、場所によって敵の強さに上下もいい、武器もレベル制が入っているので最初から最強とかなくてよい。 一方的なPKも一応しづらくなっているのも優しい。オンラインゲームの初心者にも、サバイバルゲームの初心者にも、優しいと思う。 一方でバグが多い、フリーズが度々、特定行動するとクエストが進行しないなどなど。 最初期はこれで辞める方もいるかと思われる。 ゆっくりやりながら、TIPSも読み、世界を理解すれば一生モノになれそう。
  • 笑えるものはいいですが確かにバグはひどいです。が、ベセスダってこんなものです。ゆっくりですが治っても行ってます。人間NPCは居ませんが他PCと偶然居合わせた際のチャットなしのエモートでの近すぎず遠すぎない距離感もいいです。アイテム収集、自宅建築、寝る間を惜しんで一月は十分遊べます。
  • 前作もプレイしていて大変楽しみにしていました。実際にプレイしてみると凄く楽しくで良かったと思います。しかしバグやカクツキが気になります。そこがよくなれば星5です。

参考URL
・youtube.com