絶対クリア出来ない超難易度ゲームの画像

ファミコンが最先端のゲーム機だった時代、先人の知恵があまりない状態でのゲーム制作は、今よりはるかに挑戦的なものでした。結果、斬新なゲームが次々生みだされましたが、その中には今では考えられないような(理不尽な)難易度を持つゲームもありました。今回は伝説的なファミコン超難易度が高いレトロゲームを紹介します。最近のゲームが生ぬるいと感じている方、ゲームの歴史の一端を体験したい方、ぜひ参考にしてみてください。

スペランカー

洞窟を探検する横スクロールアクションゲーム。今でもネタにされるほどの「主人公の体の貧弱さ」が、このゲームの特徴であり難易度の秘密です。例えば、主人公はほんの少しの段差を飛び降りただけで死にますし、コウモリのふんに当たっただけでも死にます。普通のゲームの感覚でプレイすれば、開始数秒で死が待っているでしょう。しかし、「難しいけど面白い」という意見は多く、決してクソゲーではない、味のあるゲームです。

スペランカーのジャケット写真
発売日
1985/12/07
ジャンル
アクション
発売会社
アイレムソフトウェアエンジニアリング株式会社
GEOで購入!
ゲオユーザのスペランカーの「絶賛」レビュー・評価
  • 大人になってPS3の「みんなでスペランカー」で遊んでみたらめちゃくちゃ面白かったです。 子供のころはマリオに慣れていたせいか、ちょっと高いとこから落ちただけで死ぬし、なんでこんな簡単に死ぬのかが理解できない→無理ゲー、クソゲーと認識してしまったのではないかと。 ちなみにある程度操作感、距離感をつかむとそれほど難しくもなく、サクサクステージを突破できました。
  • 史上最弱な主人公は各方面でネタになっていましたが、ゲームの内容はなかなか面白い。 ノーヒントではあるものの、謎解きの要素もあるし、二週目以降もアイテムの透明化などで難易度が上昇し楽しめる。 下り坂でジャンプしただけで死んじゃう主人公だけど、何百回もその生死に付き合っているとかなーり愛着が湧いてきますよ!

魔界村

さらわれた姫を助けに行く横スクロールアクションゲーム。死にゲーの元祖とも言われています。敵が強くてたくさん出てくる、ボスの体力が高いなど、純粋な難しさが最初から最後まで続きます。特に途中で出てくる「レッドアリーマー」という敵は有名で、スピードが早くて遠距離攻撃もしてくるため、倒すには慣れと工夫が必要です。ラスボスについても、全ステージを2周して特定の武器を使わないと倒すことができません。

魔界村のジャケット写真
発売日
1986/06/13
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社カプコン
GEOで購入!
ゲオユーザの魔界村の「絶賛」レビュー・評価
  • とにかく難易度が高いですが1人で魔界を進むという意味では適した難易度なのではないでしょうか。 何よりステージの魔界らしさがよく出ていてこれぞ魔界村!って感じがしますね。
  • このゲームは難しい。とにかく難しい。ファミコンで今でも持っているけど裏技を使えばステージを選ぶことができるが最初からやると2面の途中で終わってしまう。でもおもしろい。

エルナークの財宝

消えた友人と財宝を探す、見下ろし型のアクションゲーム。発売から13年間、誰もクリアできなかったという伝説があります。敵の攻撃が激しく主人公の動きは遅いというアクション的な難しさもさることながら、謎解きの難易度が理不尽レベルで高いというのが一番の難関ポイント。自力でのクリアはほぼ無理と言われているので、攻略を見ながらのプレイをおすすめします。

エルナークの財宝のジャケット写真
発売日
1987/08/10
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社トーワチキ
GEOで購入!

忍者龍剣伝

忍者が主人公の横スクロールアクションゲーム。後半からの難易度は狂っているレベルと評判です。ダメージを受けたときの無敵時間の短さとノックバックの激しさにより、一気にハメ殺されたり落下死してしまうといった事態が頻発します。また、6-4面のラスボスに負けると6-1面まで戻されるという仕様も鬼畜です。しかし、今なお根強いファンがいて、BGMの評判も上々の名作です。

忍者龍剣伝のジャケット写真
発売日
1988/12/09
ジャンル
アクション
発売会社
テクモ株式会社
GEOで購入!
ゲオユーザの忍者龍剣伝の「絶賛」レビュー・評価
  • 忍者龍剣伝 こちらも難しいんですよねぇ、クラシックでも入ってるゲームの一つで、いやーこの時代にしては、音楽が良かったし、単純に難しいのは難しいです、ゲームセンターCXでの課長は地獄だったろーなと、、僕も同じ所で長い時間やってると自爆しまくりました(笑)特に2面w

マインドシーカー

超能力をテーマにしたコマンド選択式のアドベンチャーゲーム。ミニゲームに勝つことで「サイポイント」という経験値が溜まっていき、ストーリーが進みます。問題なのはこのミニゲームで、現実のプレイヤーが予知や透視を使って選択肢の中から正解を当てるという無茶にもほどがある内容です。要は勘で答えるしかありません。失敗するとサイポイントが減ってしまうミニゲームもあり、高難易度かつ理不尽なゲームと言えます。

マインドシーカーのジャケット写真
発売日
1989/04/18
ジャンル
その他
発売会社
株式会社ナムコ
GEOで購入!

たけしの挑戦状

謎解きアクションアドベンチャーゲーム。ビートたけしさんが制作に関わっています。このゲームの鬼畜ポイントは、取れる選択肢が多いにも関わらず、ストーリーを進めるためのヒントがほとんどないこと。攻略情報なしでクリアするのはほぼ不可能でしょう。ただ、所々に散りばめられたブラックジョークやファミコンゲーム随一とも言える自由度の高さは魅力。バカゲーやクレイジーな雰囲気が好きな方は楽しみを見い出せるでしょう。

たけしの挑戦状のジャケット写真
発売日
1986/12/10
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社タイトー
GEOで購入!
ゲオユーザのたけしの挑戦状の「絶賛」レビュー・評価
  • 伝説のクソゲーだがクリアに関しての達成感?!もとい、プレイヤーの根気がいるゲーム。 歌もうたえます!!

星をみるひと

SFな世界観のRPG。「ファミ通が通常クリアだけでやりこみ扱いした」「最初の村につく前に死ぬゲーム」と語り継がれている作品です。バランス設定が大雑把なのが特徴で、勝ち目のない強敵とエンカウントしたり、レベルアップでHP以外がほぼ上がらなかったりします。システム面ではキャンセルがなく、コマンドを間違えてもやり直せない点がシビアです。理不尽ゲームですがハマる人にはハマり、一部に熱狂的なファンがいます。

星をみるひとのジャケット写真
発売日
1987/10/27
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社ホット・ビィ
GEOで購入!

まとめの一言

いかがでしたか?ファミリーコンピュータの時代のゲームとなると、画面はかなりしょぼく見えますがゲームはなかなか難しいものも結構ありますよね。また、昔はクリアできなかったゲームも、今やってみるとさくっとクリアできたりすることも。もし、ファミリーコンピューターがまだお家にあるようであれば、頑張ってソフトを見つけ出して購入しプレイしてみてくださいね。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局