ゴーストリコン ワイルドランズのジャケット写真

さまざまな紛争を解決する特殊部隊「ゴースト」たちの活躍を描くゴーストリコンシリーズの最新作『ゴーストリコン ワイルドランズ』。今回の舞台は南米大陸のボリビア。4人1組のチーム:ゴーストになって行動し、各自の得意分野に応じて立ち回る新感覚のアクションゲーム!今回は『ゴーストリコン ワイルドランズ』のストーリー・エンディングについてまとめてみました。

ジャンル:アクション、発売日:2017/03/09、発売会社:ユービーアイソフト株式会社

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ゴーストリコン ワイルドランズってどんなゲーム?

Ghost Recon WildlandsはPlayStation4、XboxONE、PC用と3つのプラットフォームから販売されているミリタリーアクションゲームで、麻薬のカルテルであるサンタ・ブランカとの戦いを進めていくというストーリーです。エンディングは2種類あり、ミッションをすべてクリアしてからラスボスのスエーニョを倒すか、その前にスエーニョを倒すかで分岐します。しかし最初のクリアは他のミッションのボスを倒しているかどうかに関わらず、必ずバッドエンドとなります。そのため進めすぎたことによりエンディングを見ることができないということはありません。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=dG1kyz8hbL4

ゴーストリコン ワイルドランズの大まかな流れ・重要人物

特殊部隊ゴーストを操ってサンタ・ブランカの核心にせまっていくゲームです。自由にミッションを選んでプレイしていくことが可能で、そのミッション数はかなりの数です。主要人物は27名で、ひとつのミッションにつき平均すると5名前後登場します。すべてのミッションをクリアしていくなかで、大きな麻薬のカルテル組織にもさまざま人物がいて、それぞれにドラマがあるのだということを感じさせます。特にキーとなる人物にフォーカスしましょう。

スエーニョ

ボウマン捜査官とスエーニョの2人はストーリーのエンディングに関わってくる重要な2人です。サンタ・ブランカを大きな組織にした張本人で、現在のトップです。ミッション選択画面ではさまざまなサンタ・ブランカのボスの顔が載っていますが、そのなかで中央に位置しているのがこのスエーニョです。

ボウマン捜査官

過去にスエーニョに友人を拷問のうえ殺されたという過去から、スエーニョをずっと追っています。プレイヤーを含むゴーストの上司という存在になります。

トゥルーエンドとバッドエンド

トゥルーエンド

トゥルーエンドも途中までは同様で、上官から電話がきてスエーニョを許すというところまでは一緒です。しかしボウマン捜査官は射殺をしません。結果としてどうなったのかというと、スエーニョはさまざまな麻薬カルテルの情報を提供する、密告者となります。しかしその密告した対象はスエーニョの仲間ではなく、多くの麻薬密輸販売者を捕まえることができたものの、根本的にサンタ・ブランカを退治はできていないためにボウマン捜査官は今後も追っていくという流れになっています。

バットエンド

バットエンドはボウマン捜査官がカルテルのボスであるスエーニョを倒せるあと一歩のところで、上官の指示で司法省からスエーニョを許すことになったという電話がかかってきます。なんらかの取引をして、他の麻薬カルテルを売って自分の身を守ったと思われます。そのためあと一歩のところでスエーニョを倒すことができないという展開になってしまいます。しかしボウマン捜査官は発泡してしまうのです。それにより連邦捜査官に捕まってしまうという、後味が悪いエンディングになってしまいます。

2つのエンディングを見ても根本的にサンタ・ブランカの壊滅にはなっていません。こうした根本的な解決に至らないエンディングになった理由としては、クリア後のミッションでサンタ・ブランカが登場するためではないかと考えられています。エンディングで壊滅したのにその後のミッションで登場してきてはおかしいので、ストーリーの整合性を保つためということです。どちらかというとボウマン捜査官にとってのトゥルーエンディングかバッドエンディングである、と考えるべきなのかもしれません。

ゴーストリコン ワイルドランズの作品情報

ゴーストリコン ワイルドランズのジャケット写真
発売日
2017/03/09
ジャンル
アクション
開発会社
ユービーアイソフト株式会社
ゴーストリコン ワイルドランズのユーザ評価

評価数:606件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

ゲオユーザのゴーストリコン ワイルドランズの評価
  • 前作からプレイしております。 オープンワールドになった事でいろんなミッションが増えやりこみ要素が増えました。 ヘリコプターに乗ることも飛行機に乗ることも出来るので今までにないゴーストリコンが楽しめます!
  • 最高のひと言です。フリーランニングのやり込み要素は他のゲームでもそうですが、自分の好きなように進めることが出来るので、時間を忘れてプレイしてしまいます(笑)ちょっとバグったりがまれにありますが、まぁ仕方がないのかなと…FPSが好きな人は勿論、そうでない人でも楽しめるのではないかなと思います。
  • ミリタリー好きにはオススメの作品です。武器のカスタマイズの自由度も高く、アタッチメントをガシャガシャしているだけで楽しめたくらいです。しかし、バグが多いような印象があり、岩と岩の間にはまって抜け出せなくなることも多々ありました。あと、高難易度にすると敵の量が常識を超えたものになり対応ができませんでした(私が下手なのもあります)。オープンワールドゲームにありがちなおつかい要素を強く感じるゲームでしたが、ヘリからのパラシュート降下などミリタリー好きな人を興奮させるシーンを多く含んだいい作品だと思います

参考URL
・youtube.com