銀魂乱舞のジャケット写真

『銀魂』初の本格アクションゲーム、遂に登場! ストーリーモード「長篇追想乱舞」では、おなじみの人気エピソード、「紅桜篇」を始めとする銀魂の全8話に渡る戦いを追体験できる。

美しいグラフィックで再現された銀魂の世界。おなじみの人気キャラクター達を自分の手で自由に操作し、無数の敵をなぎ倒す本気の爽快乱戦アクションを体感せよ。

発売日:2018/01/18、ジャンル:マンガアニメ、発売日:株式会社バンダイナムコエンターテインメント

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリー

昔、陥落した幕府に立ち向かい、天人をなぎ倒していくある1人の銀髪の男がいました。

その夜叉のような姿の男は「坂田銀時」、銀魂の主人公です。

銀時は、依頼はなんでも受ける万事屋のリーダーで、依頼を受けることで数々の事件に巻き込まれていきます。

銀魂乱舞内では、序章・終章を除き、紅桜篇から始まる全8篇に渡りストーリーが展開されていくことになります。

・紅桜篇

万事屋は「桂小太郎」と「妖刀紅桜」の捜索依頼を受けます。そんな中、かつて対峙した「人斬り似蔵」が現れます。

・吉原炎上篇

花魁の日輪に合うため、「吉原桃源郷」を訪れた一行。そこで、夜王「鳳仙」により日輪が囚われていることを知ります。一行は日輪を救うために鳳仙の屋敷へ向かいます。

・かぶき町四天王篇

ヤクザ者の椿平子は、かぶき町四天王である「お登勢」を陥れ、父の次郎長に天下を取らせようと企みます。1人でカタをつけに行くお登勢に気付いた銀時は、後を追うのでした。

・バラガキ篇

名門佐々木家の子息、鉄之助を預かった土方。ある日、鉄之助がかつての仲間「知恵空党」に捕らえられてしまいます。助けに行くと現場には鉄之助の兄、異三郎の姿がありました。

・一国傾城篇

伝説の花魁「鈴蘭太夫」の待ち人を探し、江戸城を訪れる一行。
そこで、鈴蘭と待ち人「六転舞蔵」を邪魔していたのは先代将軍の「徳川定定」であることを知り、「国盗り合戦」が始まります。

・将軍暗殺篇

徳川派の勢力が弱まったことにより勢いを持った一橋派。
徳川茂茂を護衛しようと御庭番衆、真撰組、万事屋が集まります。茂茂逃亡作戦で伊賀の里まで逃げ込むが、そこへ「夜兎」の軍勢が襲い掛かります。

・さらば真撰組篇

春雨、一橋喜々によって新しい幕府が誕生し、真撰組は解散し局長の近藤は「黒縄島」に捕らえられてしまいました。近藤を助けるため、土方と沖田は黒縄島へ向かいます。

・烙陽決戦篇

神楽は、父親である星海が故郷の烙陽で神威を追っていることを知ります。銀時たちは神楽に協力しようと、最後の戦いの場である洛陽に集結することになるのです。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=HVGUzBVpAuE

エンディング

ついに敵を倒した後、昔の時代が画面に現れエピローグが始まります。

侍の国と呼ばれていた頃に侍たちが夢を見た空は、現代では多くの船が飛んでいます。
さらに、侍が誇りをもって歩いていた街には異国の人が歩いています。
侍たちは、剣もその地位もすべてなくなってしまっていたのです。

しかし、そんな時代でもまだ侍として生きている、銀時。

銀時や仲間たちによる最後の侍の戦いが始まる…と、まるで打ち切りマンガの最終回のようなシーンの後に、画面に大きく「完」の文字が出ます。

一見すると、あっさりしたエンディングのようですが、これも原作のテイストを取り入れたシーンのひとつです。このエンディングの展開につっこむ新八に対し、銀時はゲーム自体がここまでしかないため「そりゃ終わるだろう」と言います。

しかし新八は納得しません。「これで終わるとそれまでのプレイが台無しだ」と憤ります。「こんな終わり方でどうするのか」と騒ぐ新八に、銀時は「何かそれっぽいことをしてごまかすしかない」と提案します。

登場する数々のキャラクターたち

そんな中、「ようやく俺の出番だ」と桂小太郎が登場します。桂小太郎は「ゲームの締めくくりとして登場したキャラクター全員が挨拶するべきだ」と説明しますが、銀時は「アニメでやっているからいらない」と適当に流して解散を伝えます。

もちろんそれでやめようとなるわけもなく、勝手に喋り始める坂本辰馬。そして同時に、それまで待機していたであろうキャラクターたちが次々に話し始めます。好き勝手に話し始めるみんなに対して銀時は苛立ち、阿伏兎にいたっては「誰得だ」とすら言い放ちます。そこで、人気のある新選組の近藤が最後を決めるように振られますが、話した内容はお妙さんとの愛であったため、お妙さんから大技を食らってしまいます。

その後、近藤以外の新選組のコメントや、敵キャラクターについてもコメントを残します。

神楽や新八が仕切り直すも

一通り敵キャラクターたちのコメントをして騒いだ後に、最後にもう一度締めるために、締めの役を神楽に振る銀時。

神楽が「今まで銀魂を応援してくれてありがとう」とプレイヤーに感謝の言葉を伝えて涙を浮かべ、ちゃんと締めると思いきや、緊張して吐いてしまうのです。新八は「ラストにこんな終わり方なんて…」と嘆いていますが、銀時は「最後の新八がしっかり締めれば大丈夫」と振り直します。

そんな新八ですが、ちゃんと挨拶をするだろうとプレイヤーに思わせておきながら神楽に邪魔されてしまうなど、原作の銀魂の雰囲気を生かした形でゲームは終了となります。

攻略情報

効率のよいレベル上げ

クリアの前と後で効率がよく稼げる方法です。

・クリア前の高効率ステージ

吉原炎上篇のステージである、【寝物語は信用するな】第四章 二訓はボスを倒さなくてもクリア扱いとなるため、難易度を最大の10にして挑むと効率が非常によいです。ボスの風仙の攻撃を食らうと大きなダメージを受けるため、常に攻撃を避け続けることがポイントですが、ターゲットを風仙に合わせて回りながら攻撃が来たらかわす、を繰り返すのがポイントです。時間である1分半ほどで6万以上の経験値を得ることができます。

・クリア後の高効率ポイント

一度クリアしていればさらに効率的に上げることができます。
まずはセーブをしておき、長編追走乱舞をクリアすると登場するかぶき町頂上乱舞を選び、難易度は最強にしてキャラクターを選択します。その後の特殊イベント発生でお宝イベントが発生することがあります。確率で出現するので、出てくるまでリセットをして繰り返しましょう。お宝イベントは赤い敵をすべて倒す必要がありますが、お宝イベントでは敵は攻撃してこないのでキャラクターのレベルが低くても、半分以上時間を残してクリア可能です。数回繰り返すとレベル1からマックスまで上げることができます。

隠しキャラ2体

銀魂乱舞には隠しキャラとして、セロとブリーザが登場します。残念ながらアシスト攻撃のみで選択キャラクターとしては追加されませんが、セロは一時的に操作することが可能です。なお、どちらもドラゴンボールのキャラクターのセルとフリーザとほぼ同じ見た目となっています。

・スロットでセロを操作

銀魂乱舞にはそれぞれのステージごとに異なる条件でスロットが発生します。このスロットは図柄をそろえることで目によって違う効果を得られますが、15をそろえることでセロに変身可能です。セロは飛びながら移動することができ、攻撃はすべてかめはめ波となります。ただし、使用できるのはかぶき町頂上乱舞限定のみとなります。

・超銀玉でアシスト攻撃

セルおよびブリーザの超銀玉を装備することで、それぞれがアシスト攻撃として参戦してくれます。どちらの超銀玉も練度は1のもので大丈夫です。練度1のブリーザとセロの超銀玉は、セロを使用した後に大江戸マートで購入することが可能となるので、どちらもかぶき町頂上乱舞以降となります。

キャラクターの育て方

CPは1レベル3で最大レベルは50のため最終的には心、技、体それぞれを50に振ることは可能ですが、序盤では振り分け方が重要になってきます。

・序盤は技開放やスロット開放を重視しよう

どのように育てるかは状況によっても異なりますが、パラメータ以外で抑えておくべき点は、技習得と超銀玉のスロット開放です。
技は5で技1を習得、12で技2を習得、30で特殊技の習得をします。また、心は10でスロット2が開放、25でスロット3が開放です。よほど体力が低いというキャラクター以外は、まず技の習得を重視しましょう。しかし、性能がよい超銀玉をもっている場合や、複数で効果が出るものがあればスロット開放を初めにおこなうのもよいでしょう。

吉原炎上篇など外伝の解放方法

終章をクリアしていても、吉原炎上篇の外伝だけ出てきていない方もいるかもしれません。基本的にはランクや達成目的などは関係なく同じ名前の通常篇をクリアで解放となりますが、吉原炎上篇と烙陽決戦篇の2種類は解放条件が異なります。

・特殊な条件の外伝

吉原炎上篇の外伝のみは、通常の烙陽決戦篇をクリアで解放されます。烙陽決戦篇の外伝は吉原炎上篇外伝含め、他の外伝をすべてクリアで出現します。吉原炎上篇の外伝が出現していない方は通常の烙陽決戦篇をクリアしてみましょう。

・特殊な条件の外伝クリアでの獲得キャラ

吉原炎上篇の外伝クリアでキャラクター神威、烙陽決戦篇の外伝をクリアすることで高杉晋助が使用できるようになります。

キャラクター/声優紹介

メインキャラクター

原作にも登場している主人公とその仲間のキャラクターです。

・坂田銀時

万事屋のリーダーです。攻撃範囲も広く攻撃力も防御力も平均的に上がっていくので使いやすいキャラクターでしょう。特殊技はかめはめ波で、確率で威力が10倍になります。

声優はアニメ同様杉田智和で、うたプリのレイジング鳳やジョジョ第2部のジョセフ・ジョースターなどを担当しています。

・志村新八

銀時に助けられた過去がある志村新八でキャラクターとしては平均的な成長となります。他の二人とは異なり、最初からは使うことができません。かぶき町四天王篇の外伝をクリアすることで使用可能となるプレイキャラクターです。よく出されるギャグが特殊技で、眼鏡が本体になってしまいます。

声優は阪口大助で機動戦士Vガンダムのウッソやワンピースのポートガスの少年時代など、瑞々しい少年の声を担当することが多いようです。

・神楽

カタコトの話し方と語尾のアルが特徴の神楽は、銀魂乱舞では空中のダメージが高く、技を重ねてコンボをつなぐことが得意のキャラクターとなっています。特殊技はたんを飛ばすたん汁です。声を担当している釘宮理恵は、東京喰種の鈴屋や鋼の錬金術師のアルフォンス、灼眼のシャナのシャナなどがありますが、他にも多くの作品に出演しています。

アシストキャラクター

直接的な操作はできませんが、一癖あるキャラクターたちがプレイヤーをサポートしてくれます。

・エリザベス

謎の生物として原作にも登場するエリザベスですが、銀魂乱舞ではプレイアブルキャラクターとして使用することはできず、アシスト攻撃のみでの登場となります。

すべてホワイトボードを介して喋るキャラクターのため声優はいません。

・定春

神楽に拾われ、万事屋で飼われるようになった巨大な犬に似た宇宙生物です。こちらもアシストキャラクターのため、直接操作することはできませんが、アシスト攻撃として敵に突進するほか、装備することで回復アイテムの効果が少しアップするといった支援が得られます。

担当する声優は高橋美佳子ですが、彼女は同作品で新八が想いを寄せるアイドル・寺門通の声優も務めています。そのほか、テニスの王子様の竜崎桜乃や、アイドルマスター XENOGLOSSIAの鈴木空羽のほか、洋画・韓国ドラマの吹き替えなど、多彩な活躍をしています。

隠しキャラクター①

プレイヤーとして使えるキャラクターのなかには、志村新八のように特定のステージクリアなどで使用できるようになるキャラクターもいます。条件をクリアすることで獲得できるキャラクターをご紹介します。

・坂本辰馬

快援隊を創設した商売人で、銃を使って離れた位置からのコンボをつなぐことができますが、防御力が低いという弱点もあります。プレイキャラとして使用するための手順が少し特殊で、かぶき町頂上乱舞を、桂を使用してクリアすることで入手できます。特殊技はミサイルごと突っ込むというものです。

声優は三木眞一郎で、鋼の錬金術師のマスタング大佐や黒子のバスケ相田景虎、偽物語の貝木などを担当しており、過去に声優アワードで数々の賞を受賞しています。

・神威

神楽の兄で、宇宙海賊春雨の第七師団長を任されるほどの実力者です。素早い素手の攻撃や、神楽のように空中での攻撃を得意とします。防御力は低めなので接近しすぎないように注意しましょう。特殊技は巨大な剣での攻撃で、吉原炎篇の外伝をクリアで使えるようになります。

声を担当する日野聡は、バクマンの高木や弱虫ペダルの新開、WORKINGの山田など、多くの作品で強い存在感を放っています。

隠しキャラクター②

・高杉晋助

鬼兵隊のトップとしてテロをおこすキャラクターで、銀魂乱舞でもボスとして出現します。正面方向への攻撃範囲が広めで、特殊技の鬼兵隊では仲間を呼んで3人での一斉攻撃をおこないます。洛陽決戦篇の外伝クリアで入手となるため、入手のためには外伝すべてをクリアしなければなりません。

声優を担当している子安武人は、ジョジョのディオや戦国BASARAの猿飛佐助などを担当しているほか、auのCMの意識高すぎ!高杉くんの購買部篇でも、演じたキャラクターの名前が共通しているという理由で子安武人が声を吹き替えしたということもありました。

・セロ

原作でも登場後すぐに土方にやられてしまうセロですが、銀魂乱舞ではスロットで特定の目をそろえることで一時的に使用することができるようになる隠しキャラクターとして登場します。攻撃はかめはめ派のみです。

声優は坂田銀時と同じ杉田智和ですが、ドラゴンボールのセルの真似をしており、初めて聞いた方は聞き分けができないほど本物そっくりです。

銀魂乱舞(PS4)の作品情報

銀魂乱舞(PS4)のジャケット画像

発売日
2018/01/18
ジャンル
マンガアニメ
発売会社
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
さらに詳しく見る>

銀魂乱舞(PSVita)の作品情報

銀魂乱舞(PSVita)のジャケット画像

発売日
2018/01/18
ジャンル
マンガアニメ
発売会社
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
さらに詳しく見る>
銀魂乱舞のユーザ評価

評価数:174件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

ゲオユーザの銀魂乱舞の評価
  • 大量の敵をバッサバッサ切り倒しまくれるのでストレス解消になります。キャラボイスも予想以上に多く、必殺技発動時のキャラの台詞や画像も自分好みにカスタマイズ出来るので、銀魂ファンの私にとって素晴らしいゲームです。
  • 銀魂ファンにとっては!まってましたと思えるようなゲームです♪ ストーリーもアニメと同じ展開が待っていて本当楽しめます! 収録されてる音楽も最高です!
  • 銀魂はアニメも実写も大好きな作品です。 ゲームにするのは無理と言われていたのに、アクションゲームとして発売されて嬉しい‼ あの感動的なシーンが出てくるので、銀魂好きはお薦め