グランクレスト戦記のジャケット写真

混沌がすべてを支配する大陸、アトラタン。人々は混沌により生じる災害に怯え、それを鎮める力を持つ君主に守られ生きてきた。だが、いつしか君主たちは「人々の守護」と言う理念を捨て、互いの聖印と領土を奪い合う戦乱へと突中していく。

幻想詩連合と大工房同盟大きな二つの勢力が対立する中、プレイヤーは主人公のテオとなり大陸統一を目指せ!

発売日:2018/06/14、ジャンル:マンガアニメ、発売会社:株式会社バンダイナムコエンターテインメント

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリー/エンディング

ストーリー

本作の舞台は、災害によってカオス(混沌)が生じている世界「アトラタン」。人々は常に自然の脅威に脅かされておりました。

古くより、アトラタンを治めるリーダーたちは「聖印」という能力を持ち、アトラタンの人々を災害から守ってきました。

しかし、いつの間にか「聖印」は人々を守るための能力ではなく、アトラタンの領土を奪い合うためだけの武器となってしまいます。「聖印」は人々を守るものから、危害を加えるための能力となってしまったのです。

そんな中、リーダーの「聖印」によって圧政を強いられているテオと、天才魔法使いであるシルーカが出会います。

テオは、自分の故郷が「聖印」の力によって苦しまされていることを嘆き、放浪に出ていました。そして鍛錬を続け、いつか故郷を解放しようとしていたのです。

そんな気持ちに心を打たれたシルーカは一方的にテオの従属魔法使いとなることに。こうしてグランクレスト戦記のストーリーは始まっていくこととなります。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=9qz8fhDBt9Q&t=8s

エンディング

テオの「聖印」から放たれていった眩いばかりの光がアトラタン中に広がっていき、ついに君主たちの争いによって生まれた混沌を消滅させるにことができました。

そんな光の中でシルーカが見たのは、微笑をしているプリシラの姿でした。プリシラこそがこの世界の唯一神だったのかもしれないとシルーカは思います。

そして「聖印」を発動させたテオはその後、皇帝の座を辞すことになり、次代の皇帝にはアレクシスが即位をすることに。また即位式と同時にアレクシスとマリーネは結婚をすることとなりました。

幸せそうな姿のアレクシスとマリーネ。アトラタンの人々は、この2人を再び訪れた平和の象徴であると考えたのでした。

また、シルーカとテオも人々に祝われる中で挙式を行います。

「君と会ってから大変なこともたくさんあったね」
「はい…多くの戦いがありました。悲しい出来事もありましたね。」

シルーカとテオは2人語り合います。

「でも、キミと出会えて本当に良かった」
「わたしもテオ様に会えたことを世界に感謝します」

テオとシルーカは2人、永遠の愛を誓いました。

こうしてグランクレスト戦記はエンディングを迎えることとなります。

攻略テクニック

アクション後の硬直時間を無くすテクニック

「アクションを行なった後の硬直時間を無くす」という必須テクニックについてご紹介しましょう。アクションを行なった際、発動の後に若干キャラクターが硬直する時間が生まれ、その間、キャラクターは隙だらけということになってしまいます。その間に敵に攻撃されて負けたという人も少なくないのではないでしょうか。

そこで、行動後の硬直時間を無くすために、硬直時間に入ると同時に奥義を使用したり、スキルを発動させたりするテクニックを使用することができます。こうすることにより、硬直時間でも技が発動できて、隙を無くすことが可能となっています。

また、スキルを行なった後に奥義を発動させるというパターンでは、スキルを敵に当てる前にキャンセルして奥義を発動するということもできます。

この場合、スキルを発動した分のマジックポイントは消費されるので注意が必要ですが、急いで奥義を発動させたいという場合には、このようなこともできるということを覚えておきましょう。

長い硬直時間が生じるようなアクションの後には、必ずスキルや奥義を使って、隙を生まないようにすればダメージを受けづらく、相手から常に優勢を取ることができるはずです。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=tyJwFWBvMi8

レベル上げをしたい時に活用できるテクニック

グランクレスト戦記では、レベルアップを狙うのに裏技的なテクニックは存在しません。そのため、とにかくクエスト中や探索中に敵NPCを数多く倒すということが必要となっていきます。

取得できる経験値がアップするような装備を用いて、とにかくたくさんの敵を効率よく倒すということを考えていきましょう。

普通に出てくる雑魚敵は経験値を20しか与えてくれませんが、レアな敵を倒せば経験値100程度、そしてクエストやミッションをクリアすれば500から10000程度もらうことができるため、積極的にレアな敵を倒したりクエスト・ミッションをクリアするようにしたりすることがおすすめです。

もし自分のメインキャラクターよりもレベルが低いキャラクターのレベル上げをしたいということであれば、最も高いレベルのキャラクターに探索で付随させてレベル上げをすることがおすすめです。

高レベルの雑魚敵を倒すことで、低レベルの自キャラクターは普通よりももらえる経験値が増えるため、かなりレベルが上がりやすくなります。

その後は、低レベルキャラクターもレベルが40程度まで上がれば、あとは内政などでレベルアップを図るとよりスムーズになるでしょう。

キャラクター・声優紹介

テオ・コルネーロ(CV:熊谷健太郎)

本作の主人公「テオ・コルネーロ」は、非常に強い正義感を持っています。そんな性格から使命感を持ち始め、「マルザ村」という自分の故郷を他の君主による圧政から解放するために、各地に修行へ出ていくこととなりました。

その修行の旅の中で、敵に襲われていたシルーカという女性を助けることとなります。敵との戦いの後、シルーカはテオと喋り、テオの勇気や故郷を助けたいという気持ちに感銘を受け、強引に主従関係を結びました。

シルーカと主従関係を結んだテオですが、当初はシルーカの気の強さやマイペースな部分に対してあまり印象は良くないようでしたが、その後の献身ぶりや一生懸命な姿に心を打たれ、後年、テオが条約盟主になった際にはシルーカと結婚をすることとなります。

そんなテオ・コルネーロのキャラクターボイスを担当しているのが「熊谷健太郎」さんです。

熊谷健太郎さんといえば、アニメ「アイドルマスター SideM 理由あってMini!」の握野英雄や「火ノ丸相撲」の五條佑真、ゲームでは「青の祓魔師 DAMNED CHORD」のアレク・サモンズや「アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!」の握野英雄などのキャラクターボイスを担当されています。

シルーカ・メレテス(CV:鬼頭明里)

本作のヒロインである「シルーカ・メレテス」。登場時の年齢は17歳となっており、魔法大学では天才的魔法師として名を馳せていました。

またシルーカ・メレテスを含む「メレテス」一門は、もとより魔法師の中では非常に有名な家系となっており、その血筋を裏切らない才能を遺憾なく発揮していた彼女は将来を非常に期待されていました。

魔法の能力が高いということはもちろんのことで、その他にもストーリーの中では外交力や戦略性、政治力などさまざまな面で活躍。リーダーをサポートするための力が非常に高い姿が描かれています。

テオと出会ったのは、ヴィラールという人物と魔法師として契約をする直前。シルーカ自身はその契約に納得をしていなかったため、たまたま出会い助けてくれたテオと強引に主従関係の契約を交わすこととなりました。

そんなシルーカ・メレテスのキャラクターボイスを担当するのが「鬼頭明里」さんです。

鬼頭明里さんといえば、アニメ「Re:ステージ! ドリームデイズ♪」の月坂紗由や「ラーメン大好き小泉さん」の中村美沙、ゲームでは「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルALL STARS」の近江彼方や「AI: ソムニウム ファイル」のアイボゥなどのキャラクターボイスを担当されています。

グランクレスト戦記の作品情報

グランクレスト戦記のジャケット画像

発売日
2018/06/14
ジャンル
マンガアニメ
発売会社
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
さらに詳しく見る>
グランクレスト戦記のユーザ評価

評価数:10件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

クチコユーザのグランクレスト戦記の評価
  • 操作も簡単で、少しずつ頑張れば楽に攻略できる。 また、ストーリーも楽しい。
  • 原作やアニメでは仲間だった奴が敵になったり、その逆もあったりするがそこしか面白みがない。戦闘も達成感がなく、いつの間にか終わっていることが多々あった。