【後世に残したい】平成の厳選名作タイトル【PS/PS2編】の画像

ついに元号が令和へと変わり、約30年続いた平成の世が終わりを迎えました。平成を振り返ると、携帯、音楽プレーヤーなど、様々なメディアが目まぐるしい発展を遂げました。もちろんその中にはゲームも含まれており、より小型化したり、映像がクリアになったり、高性能になったりしました。昔のゲームと最新のゲームを比べてみれば、その差は歴然としています。このようにゲームが激動の進化を遂げる中で、ゲーマーを熱中させたり、感動させたりした数々の名作が誕生しました。そこで、今回は後世に残したい、平成の世に作られた名作ゲームを、PS・PS2の中から厳選してご紹介したいと思います。

クロノ・クロス

1999年に発売された『クロノ・クロス』。スーファミの名作RPG「クロノ・トリガー」の続編となります。時を越えた壮大なストーリーの前作とは異なり、本作はパラレルワールドを舞台に重厚な物語が展開されます。

クロノ・クロスのジャケット写真
発売日
1999/11/18
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア
クロノ・クロスの評価

評価数:26件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザのクロノ・クロスの「絶賛」レビュー・評価
  • まだ自分がゲームに熱中していた頃、スクウェアのRPGは本当に面白かったと思います。このクロノクロスは最初のオープニングで度肝を抜かれました。心地よい音楽は未だに音楽プレーヤーに入れてたまに聴いています。

ぼくのなつやすみ

2000年に発売された『ぼくのなつやすみ』。田舎で過ごす夏休みを小学生の目線になって体験できる、初代PSの名作シミュレーションゲームです。

ぼくのなつやすみのジャケット写真
発売日
2000/06/22
ジャンル
その他
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ぼくのなつやすみの評価

評価数:317件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザのぼくのなつやすみの「絶賛」レビュー・評価
  • 夏を楽しむ!ということで即購入したゲーム。たしかに夏は感じられますが、内容は単調ではあります。ちょっぴり切なくなったり懐かしさを思い出したりできます!

ファイナルファンタジーVII

1997年に発売された『ファイナルファンタジーVII』。発売から20年以上が経ちますが、現在でもFFシリーズ最高傑作と評され、RPGの中でも高い人気を誇る作品です。2020年にはPS4でリメイク版の発売も決定しています。

ファイナルファンタジーVIIのジャケット写真
発売日
1997/01/31
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア
ファイナルファンタジーVIIの評価

評価数:79件
評価 :★★★★☆(4.6/5)

ゲオユーザのファイナルファンタジーVIIの「絶賛」レビュー・評価
  • ファイナルファンタジーシリーズ屈指の名作と言われるのが納得できる内容でした。初代PS時代の作品であるのに、やりごたえのある内容や先の見えないストーリー展開、画期的なバトルシステムとシリーズ初プレイの方にもオススメできる内容です。

大神

2006年に発売された『大神』。日本神話を題材にし、水墨画のようなグラフィックが特徴のアドベンチャーゲーム。これまで様々なハードで移植版が発売され、長きに渡り愛される名作です。

大神のジャケット写真
発売日
2006/04/20
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社カプコン
大神の評価

評価数:61件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザの大神の「絶賛」レビュー・評価
  • 世代を問わず愛される作品だと思います。その世界観にのめり込んでしまう事間違いなしです。まだ体験されていない方には自信を持ってオススメ出来ます。ぜひ体感してみてください、後悔はしないと思います。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁

2004年に発売された『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』。1992年にスーファミで発売後、PS2でリメイクされました。親子3代に渡る壮大なストーリー、花嫁を選び、モンスターを仲間にできるシステムなど、魅力が盛りだくさんの名作です。

ドラゴンクエストV 天空の花嫁のジャケット写真
発売日
2004/03/25
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア・エニックス
ドラゴンクエストV 天空の花嫁の評価

評価数:145件
評価 :★★★★☆(4.6/5)

ゲオユーザのドラゴンクエストV 天空の花嫁の「絶賛」レビュー・評価
  • 実に奥深いゲームだと思います。途中で結婚するシーンとかストーリーに感動を覚えるし、モンスターを仲間にでき戦いができ、音楽や音響も良く、自分がゲームの中に入る感じです。
  • 天空シリーズはどれも甲乙付けがたいですが、この作品はもっともストーリーが充実していると思います。親から子へ、子から孫へと受け継がれる物語…ホントに素敵です!!

まとめの一言

今回は、平成の名作ゲームをご紹介しました。プレイ済みの作品や、まだプレイしたことはないけれど、名前は知っているといった知名度の高い作品が多かったのではないでしょうか?もしまだプレイしていない作品があったら、ぜひプレイしてください!名作ゲームは必然的に人気が高く、シリーズ化していたり、最新のゲーム機用にリメイクされていたりするタイトルも多いため、遊びやすい点も嬉しいポイントです。逆にシリーズ作品が多過ぎて、どれを選ぼうか迷ってしまうかも知れませんね。子どもと一緒に遊べられる作品ばかりですので、親から子へと、名作ゲームを受け継いでいってください!

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局