北斗が如くのジャケット写真

「北斗が如く」は2018年3月8日に発売されたPlay Station4専用ソフトです。タイトルにもあるとおり「北斗の拳」の世界観をベースとして「龍が如く」のシステムを複合させたコラボレーション的作品で、オリジナルのストーリーが展開されていきます。多人数とのバトルや数多くのサブゲームはもちろん、ケンシロウが商店や医者、バーテンダーをやるなど北斗の拳の本編では考えられないようなオリジナリティあふれるケンシロウが見られるのも特徴です。今回は『北斗が如く』のストーリーからエンディングまでをご紹介します。

ジャンル:マンガアニメ、発売日:2018/03/08、発売会社:株式会社セガゲームス

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

北斗が如く:前半 ― ユリアを求めてエデンへ

シンに奪われたユリアを取り戻すべくシンの居城へと攻め込み、死闘の末にシンへの復讐を果たすケンシロウでしたが、シンが遺した言葉は「ユリアは死んだ」というものでした。

しかし荒野をさまようケンシロウの耳に「ユリアという女性が生きていて、エデンという街に向かった」という噂話が飛び込みます。ユリアに会うというわずかな希望を胸に荒野を進むケンシロウはエデンに辿り着き、野盗を倒して衛兵隊長のジャグレに捕らえられるという手を使って街の中に入り込みます。

夜になって脱獄したケンシロウは、謎の若い女性に会い、自由を手に入れるために囚人闘技という殺し合いで優勝するように告げられます。翌日コロセウムで行われた囚人闘技でギャラリーの予想を裏切り、最後の敵・デビルリバースも倒すケンシロウの前に現れた指導者は前日にケンシロウと会った若い女性キアナでした。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=m3WPdxDPcFE

北斗が如く:中盤 ― トキとの再会!

囚人に闘技で優勝してエデンで自由に動ける権利を得たケンシロウは、衛兵隊長のジャグレと共に、エデンの中にいる悪漢や検問所に襲撃をかけてきた凶王軍との戦いに挑みます。

この戦いにより負傷してしまったジャグレを助けるためにカサンドラに捕らわれている兄のトキのもとを訪れることにするケンシロウ。邪魔をするカサンドラ獄長のウイグルを倒し、トキと再会します。トキの手によりジャグレは助かりトキから極意を受け取ったケンシロウはエデンへと戻ります。

しかしエデンに戻ったケンシロウにアイリをさらった容疑がかけられ、その疑いを晴らすためにレイとの決闘することになります。そして、その闘いの果てにケンシロウの疑いが晴れ、視力を失ったアイリの視力も回復させるのです。

その後スフィアシティの最上階にある「奇跡の間」にユリアがいると聞いたケンシロウはその姿を確認するため狂人たちの巣である「鬼憑き村」を超えて山を登る決意をします。

鬼憑き村でケンシロウに襲い掛かった人間たちはトキに治療される前のジャグレと同じように凶王の手により心を壊されたエデンの人間でした。そして頂上でケンシロウはエデンの創始者であるナダイと対峙することになります。

北斗が如く:後半・エンディング ― ラオウとの戦いと新のボス!

ジャグレとケンシロウが鬼憑き村へ行っているさなかに聖帝軍がエデンを襲撃します。サウザーによって連れ去られたキアナを救うべく二手に別れケンシロウは死闘の末にサウザーを退け、聖帝軍を退かせることに成功します。

レイにアイリをさらった男がジャギであることを告げたケンシロウは、レイと共にジャギを探し出しますが、ジャギの罠にはまったレイが捕らえられてしまうのです。レイを助けに向かったケンシロウはジャギとの北斗の兄弟同士の戦いに挑みます。戦いに勝利したケンシロウでしたが、キサナからスフィアシティが核ミサイルの発射装置でありそこにいるユリアに隠された秘密を知らされることや、これまでのことがラオウの指示に従っていたことが明らかになります。

ラオウからこれまでのいきさつを聞きラオウとの闘いにも勝利したケンシロウは、エデンを作ったナダイこそが凶王であるという確信をキサナたちに告げ、ナダイに関する情報を集めます。そしてついにナダイとの決戦になり、ナダイを倒したことですべてが終わるはずでしたが意外な敵が登場し、ケンシロウは最後の闘いへと望むことになります。

北斗が如くの作品情報

北斗が如くのジャケット写真
発売日
2018/03/08
ジャンル
マンガアニメ
開発会社
株式会社セガゲームス
GEOで購入!
北斗が如くのユーザ評価

評価数:186件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの北斗が如くの評価
  • 龍が如くと北斗の拳の両方が好きな自分には凄く楽しめた作品でした。遊ぶ前に原作を読むとより一層楽しめるのでオススメです。
  • 北斗の拳自体のストーリーは全く知らないのですが、龍が如くが大好きなので直ぐ買いました。さすが龍が如くチームと言いますか、全てが最高に仕上がって大満足な仕上がりでした!
  • 北斗の原作、龍が如くシリーズの両方が好きで購入しました。北斗の世界観を再現しつつ龍が如くらしいゲーム性でとても満足のいく作品です。

参考URL
・youtube.com