じんるいのみなさまへのジャケット写真

女子5人、アキバでゆる~いサバイバル! 本タイトルは「日常系百合」をテーマにしたタイトルとなっております。長い時間放置された秋葉原に5人の女の子。女の子には欠かせない「美味しい料理」に「お風呂」、たまの「息抜き」…どんな状況でも彼女たちは明るく真っ直ぐ、全力で楽しみます。

ジャンル:アドベンチャー、発売日:2019/06/27、発売会社:株式会社日本一ソフトウェア

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリー/エンディング

ストーリー

ある日、榛東京椛(しんとう きょうか)が目を覚ますとそこは見覚えのないホテルでした。

「あれ?ここはどこ?」

一瞬の疑問を覚えたのちに、「そういえば友達みんなで秋葉原まで観光しに来ていたんだったっけ」と、なぜホテルに泊まっているのかを思い出しました。

約束していた時間に寝坊で少し遅れてしまったものの、

「さあ、今日もみんなで秋葉原の街を観光しよう!」

と、その日どんなことをしようか考えただけでワクワクしてきます。

一緒に秋葉原に来ていた友達もすでに起床していることでしょう。支度をして、みんなの元へ向かう榛東京椛。しかし、秋葉原の街を見た瞬間、違和感を覚えます。

「あれ?秋葉原ってこんな街だった…?」

ホテルから勢いよく飛び出した榛東京椛の目の前に現れたのは、思い描いていた賑わいのある秋葉原の街ではありませんでした。

人が住んでいる気配はなく、そこら中に雑草が生い茂り、昨日まで見ていたような賑わいは全くありませんでした。

「昨日までいた人たちはどこに?秋葉原ってこんな感じだった?」

いろいろな思いが錯綜するものの、榛東京椛はとにかく気持ちを切り替えて、その日の旅行を楽しむことに決めたのでした。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=zoWR1oujJYE

エンディング

ムツミは、榛東京椛たち一行に語りかけます。

「あなた方の希望はできる限り受け入れたい。今後も、我々への状況報告は是非ともしていただきたいのですが…」

「それはもちろん応じます!」朱香がみんなを代表してムツミへ返答をします。

勇魚が戸惑いながらムツミへ聞き返します。

「でも…いいんですか?私たちに秋葉原自治区を納める権限を勝手に与えてしまっても…」
「宇宙移民が衰退しているのなら、なおのこと地球側と合流したいのではないでしょうか?」

ムツミは勇魚へこのように返します。

「その考えも確かに。しかし今の我々は秋葉原自治区の独立を重んじています。」
「だからこそ小規模なコミュニティでの独立運用が今こそ必要なのです。」

この秋葉原旅行で宇宙避難民としてのムツミたちに協力体制であった榛東京椛たちのグループへ、秋葉原自治区の統治メンバーとして任せたいという気持ちがムツミにはありました。

こうしてムツミは榛東京椛たちの前から姿を消します。

幽々子が言います。

「向こうは私たちを助けてくれると言っていたが、私たちも向こう側をなんとか助けられるかもしれない」

「私たちの手でこの国を運営していこうね!」

こうして本作「じんるいのみなさまへ」はエンディングを迎えました。

裏技/テクニック

コインロッカーの全ての扉を速攻で開けるテクニック

本作の第7章では、秋葉原駅の前にあるコインロッカーが開けられるようになります。

通常、コインロッカーを開けるには「100円硬貨」を使用しなければならない上に、コインロッカーの扉は全部で60個存在するため、かなりの量の「100円硬貨」が必要となります。

しかし、以下のテクニックを使用すれば、コインロッカーをすぐに全部開けることができるようになります。

まず、「100円硬貨」を10枚程度でいいので集めましょう。そして、その日1日をセーブして終わらせます。

セーブが終了したら、持っている「100円硬貨」で開けられるだけのコインロッカーの扉を開けてください。全て開け終わったら、メニューを開いてオプション画面からタイトルに戻る選択をしましょう。

タイトル画面に戻ったらセーブデータを再びロードして、再びまだ開けていないコインロッカーの扉を開けていきます。また全て開け終わったら同様にタイトル画面に戻って、コインロッカーを開けます。

実は、コインロッカーを開けた後にセーブをせずタイトルに戻っても、コインロッカーを開けたということだけはセーブされています。そのため、「100円硬貨」は戻ってきますがコインロッカーは開けられた状態となっているのです。

トロフィー「Dearハンター」を獲得するテクニック

「Dearハンター」というトロフィーは、ゲーム中にたくさんのアニマルたちを捕まえることによって取得できるものとなっています。

ただし、ゲーム中にどれだけの種類のアニマルが出てくるのか、どこにアニマルたちがいるのかはあまり明らかとなっていないため、「Dearハンター」のトロフィーはかなり獲得するのが難しいと考えられています。

まず、本作の第4章までストーリーが進むことで、動物たちを捕まえることができるトラップが手に入るようになります。

前提として知っておきたいのはトラップを設置する場所によって捕まえられる動物が異なるということです。また本作では8個ほどトラップを仕掛けられる場所があるため、必ず全ての地点にトラップを配置しておきましょう。

また、同じ場所で捕まえることができるアニマルの種類は多くて4種類程度となっています。そのため集中的に同じ場所にトラップを仕掛けて3~4種類程度の動物を捕まえることができたら、別の場所に移るという方法をとってもいいでしょう。

キャラクター/声優紹介

榛東京椛(CV:佐東茉奈)

榛東京椛(しんとう きょうか)は、本作「じんるいのみなさまへ」の主人公です。

常に笑顔を絶やさず、その場の雰囲気を明るくしてくれる存在で、表情が豊かかつ、オーバーリアクションな点が特徴的。

また廃れきった秋葉原を見て「まあ、いっか!」と思えてしまうという天然ぶりがゲームのオープニング時点で垣間みえていました。

好きなものはおばあちゃんと、アニメや漫画。サブカルチャーが好きな女の子なので、今回の秋葉原旅行はかなり楽しみにしていました。

秋葉原を巡る旅行の中でも、アニメ・漫画が相当好きだと分かるような「オタクっぽさ」が垣間見えたり、まるでおばあちゃんのようにみんなに知識を披露するような姿が見られました。

そんな榛東京椛のキャラクターボイスを担当するのが、佐東茉奈さんです。

佐東茉奈さんといえば、プロダクションAに所属しており、Webサウンドドラマ「パラミリタリ・カンパニー萌える侵略者」のルシアや「ロガの椅子Ⅳアトランティス」のシャミ、アーダム、「ロガの椅子Vイスラエル」のシャエルなどのキャラクターボイスを担当されています。

少弐勇魚(CV:椿ゆきの)

少弐勇魚(しょうに いさな)は、主人公・榛東京椛と非常に仲の良い友達で、一緒に秋葉原に行った友達グループの中では面倒見のいい母親的な存在です。

メンバーの中ではかなりまじめな性格をしているのですが、一方でまじめすぎるところが本人としても悩みどころのようで、いつか「まじめキャラ」「お母さんキャラ」から抜け出したいと本人は考えています。

ただ、料理を作るのがかなり得意で、旅行中にもメンバーみんなに手料理を振る舞うといったイベントが発生。

「秋葉原旅行の間も勇魚の美味しい料理が食べたい!」

というみんなの期待につい答えてしまい、手の込んだ料理を作り、「やっぱり勇魚はお母さん」という見方をされてしまいます。

そんな少弐勇魚のキャラクターボイスを務めるのが「椿ゆきの」さんです。

椿ゆきのさんといえば、ゲーム「ブラウンダスト」のカイナ役のキャラクターボイスなどを担当されています。

小松和海(CV:星守紗凪)

小松和海(こまつ かずみ)は、主人公・榛東京椛に負けず劣らず元気で男勝りな性格の女の子です。

思ったことはすぐに発言してしまったり、直感的に行動をしたりする姿からは全く裏表がない人物であるということがわかります。

また、いわゆる「体育会系女子」で、秋葉原旅行でもハキハキ元気にグループのみんなをリードしていきました。

「ネガティブになっても仕方がないよ!」

という言葉は小松和海の口癖。この言葉でグループのみんなはいつも励まされてきました。

そんな小松和海のキャラクターボイスを担当するのは「星守紗凪」さんです。

星守紗凪さんといえば、テレビアニメ「走り続けてよかったって。」でカラオケの歌を担当したり「トウキョウ・リビング・デッド・アイドル」の如月役を担当したり、ゲームでは「毎日こつこつ俺タワー」のワイヤーツイスターなどのキャラクターボイスを担当されています。

じんるいのみなさまへ(PS4)の作品情報

じんるいのみなさまへ(PS4)のジャケット画像

発売日
2019/06/27
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社日本一ソフトウェア
さらに詳しく見る>
じんるいのみなさまへ(PS4)のユーザ評価

評価数:7件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

ゲオユーザのじんるいのみなさまへ(PS4)の評価
  • ゲーム内容はゆるゆるのサバイバルゲームです。 食料採取、素材アイテム回収、料理レシピ回収、アイテム製作等できます、他のARKなどのサバイバルゲームとは違います、あくまでもストーリー重視のお遊び程度のサバイバルと思って下さい。

じんるいのみなさまへ(switch)の作品情報

じんるいのみなさまへ(switch)のジャケット画像

発売日
2019/06/27
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社日本一ソフトウェア
さらに詳しく見る>
じんるいのみなさまへ(switch)のユーザ評価

評価数:5件
評価 :★★★☆☆(3.0/5)

ゲオユーザのじんるいのみなさま(switch)への評価
  • プレイした感想は… 「カワイィィィィ!!!」ですwww 春夏冬さんのキャラデザ! 各キャラクター達の声! もう全てがカワイイ!