JUMP FORCEのジャケット写真

ルフィ、悟空、ナルトをはじめとした歴代のジャンプヒーローが一同に介してバトルする夢のオールスターゲーム!!

3人でチームを組み、リアルタイムにプレイキャラクターを切り替えてバトルする対戦アクション。通常攻撃、派生攻撃、必殺技を組み合わせて、自分だけのコンボ攻撃を繋げていこう。

作品のキャラクターだけではなく、オンラインロビー上で、全世界のファンたちと交流することができます!

発売日:2019/02/14、ジャンル:マンガアニメ、発売会社:株式会社バンダイナムコエンターテインメント

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリー/エンディング

「週刊少年ジャンプ」のヒーローたちと世界を救う仲間に

漫画「週刊少年ジャンプ」に出てくるフリーザやセル、黒ひげ、戸愚呂などの悪役たちと、総司令官のガインとその側近のガレナを中心とした狂気的な集団「ヴェノムズ」が次元を乗り越えて、現実世界へとやってきます。彼らがニューヨークの街に攻め込んできたことにより、世界は壊滅的なダメージを追ってしまい、ニューヨークにあるタイムズスクエアは瓦礫が錯乱して廃墟になってしまいます。

そこで、フリーザの放ったデスビームを受けてしまった主人公であるアバターは、瀕死の状態に。アバターはフリーザの攻撃を受けて意識が遠のいていくなかで、トランクスとナビゲーターの声が聞こえてきます。トランクスたちに命を助けられたアバターは、トランクスから超人的な能力を得ることができる「コミックキューブ」を受け取ってヒーローへと覚醒。悪役たちを倒すことに成功します。

戦いを終えた後、悟空やトランクスに案内され、主人公は現実世界とジャンプコミックの世界の狭間にある「アンブラスベース」へ向かいます。アンブラスベースを拠点に活躍するJフォースの一員として、ジャンプのヒーローたちと一緒に世界の危機を救うことになるのです。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=-I7r5UDNf8c

世界中に散らばったガレナのレプリカは倒すも…

主人公や悟空、ルフィたちはJフォースの長官のグラバー本人から、自分が本当の黒幕のプロメテウスであると知らされます。長官の突然の告白にキャラクターたちは困惑しますが、ガレナがガインを倒したことにより、現実のことだと理解することになるのです。

プロメテウスから足止めをするよう支持を受けたガレナは、自分のレプリカを世界に散らばせて、各地で暴れていると言うのです。そして、そのなかから本物の自分を見つけ出すことができるかと言い残し、主人公たちの前から消えてしまいます。世界各地で暴れているガレナを探すため、世界のみんなを救うためにベースキャンプに戻ったキャラクターたち。ガレナと戦うためにいくつかのチームに分かれて戦うことを決意します。

本物のガレナを見つけ出したチームは戦闘の末、ガレナを倒すことができたのです。弱り切っているガレナは自分を助けるようにプロメテウスに頼みますが、裏切られ、その身を滅ぼされてしまいます。ほかのチームもガレナのレプリカを倒すことに成功はしたものの、その後もプロメテウスによって敵が次から次へと沸いて出てくるのです。

プロメテウスを倒した後も、ジャンプヒーローの戦いは続く

世界各地で戦っていた悟空やルフィ、ナルトたちはラスボス「プロメテウス」を探してアンブラスまで辿り着きます。プロメテウスは現実世界とジャンプ世界のキーマンとして存在していたと悟空たちに語るのです。攻撃を仕掛けてくるプロメテウスに対し、必死に戦い続ける悟空たちですが、なす術もなくやられてしまいます。

そこへ夜神月が弱ってはいるものの、生きていたガインを連れてきます。ガインを倒そうと攻撃をするプロメテウスですが、なぜかガインに攻撃が効きません。最後の力を振り絞ったガインは主人公に自らの力を預け、消滅してしまいます。

ガインの力を譲り受けてパワーアップした主人公に、悟空やルフィ、ナルトはそれぞれのパワーを主人公に授けることにします。みんなのパワーが一つになり、悟空たちは力を合わせることで見事プロメテウスを倒すことに成功したのです。

悟空たちが主人公を称えているなかで、夜神月は道路に落ちているコミックキューブを拾います。コミックキューブを拾って不敵な笑みを浮かべる月に対して、リュークは何が嬉しいのかその理由を尋ねます。それに対して月は、コミックキューブを世界のために役立てると言い、どこかへ持ち帰ってしまったところで行方不明となってしまうのです。

プロメテウス亡き後も、現実世界にはフリーザたちジャンプ世界の悪人たちがまだ存在しているため、新たなJフォース長官となった主人公を含むJフォースたちの活躍はこれからも続いていくところでゲームが終わります。

攻略/テクニック

所属するチームの選び方

JUMP FORCEでは3つのチームがあり、プレイヤーはどれか一つのチームを選んでプレイしなければなりません。各チームのアバターが最初から取得できる技は以下の通りです。

●アルファチーム(悟空)
・かめはめ波
・千八十煩悩風
・流砂瀑流
・激烈光弾

●ベータチーム(ルフィ)
・ゴムゴムの火拳銃
・銃キス
・「雷」・三連
・悪魔風足・粗砕

●ガンマチーム(ナルト)
・螺旋丸
・火拳
・豪火の術
・ヒートドームアタック

ゲームをプレイしたばかりで、まだ自信がない人は悟空のアルファチームを選ぶことをおすすめします。アルファチームで取得できる技にはかめはめ波などの発動スピードや射程・強力な威力の遠距離の武器が揃っていて、悟空自体が扱いやすい性能なのでストーリーの進行がしやすくなります。

効率良くレベルを上げる

レベルを上げていくためにまずは経験値を稼ぐことが重要となるため、レベルを上げたいキャラクターを戦闘パーティに入れて連れて行くようにするだけでなく、強いと評判のあるキャラクターを連れて行きましょう。特にフリーミッションでのレベルアップ訓練は獲得できる経験値が多く、勝利することで、次の難易度のミッションに挑戦することができます。

また、JUMP FORCEでは、負けた場合でも1/5の経験値がもらえるようになっています。
さらに敵が強くなればなるほど瞬殺されるため短時間でプレイすることができるので、難易度の高いミッションに挑戦してあえて放置したまま負けることで、手っ取り早く経験値を稼ぐことできます。

Sランクを取りやすくする方法

・好きな必殺技が使えるオリジナルアバターを育てましょう。同時に、Jスキルを育てて装備することをおすすめします。Jスキルは雷属性の威力が上がるもの、敵に近いほど技の威力が上がるものが使いやすく、アバンストラッシュBに雷のエレメントをつけることで追撃も入り、大ダメージを与えることができます。

・ピッコロ大魔王の魔貫光殺砲をガードさせてガードブレイクを狙い、ガードブレイクが決まったらコンボを狙いましょう。

・アバターの技として所持している北斗百裂拳とファイナルフラッシュを連携させることで、200以上のコンボをつなげることができ、コンボがすべて決まると4000以上の評価点を狙うことができます。覚醒技であるファイナルフラッシュでフィニッシュすると、さらに評価点が1000アップします。

ラスボス「プロメテウス」の倒し方

プロメテウスから攻撃を受けたときに、ガードをし続ければプロメテウスが放つラッシュ・ヘビー・覚醒技を防ぐことはできます。プロメテウスから攻撃を受けたときは、攻撃を防ぎきるまではガードしましょう。攻撃と魔方陣の召喚が繰り返されている間は、プロメテウスは攻撃を回避しないので、チェイスで接近してラッシュ・ヘビーをかけましょう。一定の距離を保ちつつ、チェイスで攻撃を繰り返し、タイミングをみて投げ技をかけるのも有効です。

しかしプロメテウスの攻撃の中で、魔方陣を召喚して発動させる竜巻の炎は、ガードが効かない上に体力ゲージが半分以上削られる強力な技なので、魔方陣が出てきたらステップで回避するようにしましょう。

小技

・緊急回避
敵のラッシュ中に入ってしまったらダメージを避けるために、攻撃を受けている最中にL1のボタンを押してエスケープを発動させて抜け出しましょう。エスケープした後は敵との距離を保ちながら再びラッシュに取り込まれないように慎重に行動しましょう。

・高速回避、高速反撃
相手の攻撃が当たる直前にR1ボタンを押すと、高速回避が発動します。高速回避が成功すると、相手の背後に瞬間移動することができるので、攻撃のチャンスに回ることができます。

また、相手の攻撃が当たる直前に□ボタンを押すと、高速反撃が発動します。高速反撃が成功すると、攻撃をガードした後、自動的に反撃します。また、相手がしてきた高速反撃に対して、さらに高速反撃を狙うこともできます。

キャラクター/声優紹介

モンキー・D・ルフィ

「ONE PIECE」の主人公であるルフィは、幼い頃に「ゴムゴムの実」と呼ばれる悪魔の実を食べたことで身体のあらゆるところがゴムのように伸縮自在の全身ゴム人間になる能力を持つようになります。
シャンクスから預かった麦わら帽子をかぶっていることから、通称「麦わらのルフィ」と呼ばれています。海賊王になることを目指して「麦わらの一味」を結成し、「ひとつなぎの秘宝(ワンピース)」を探しているのです。

ルフィの声を担当するのは、田中真弓です。声優として、熱血で元気な少年を演じることの多い田中真弓は、ドラゴンボールのクリリンや、忍たま乱太郎のきり丸などを担当しています。現在は声優以外にもテレビ番組のナレーションなど、アニメ以外の幅広い分野で活躍をしています。

孫悟空

悟空はパオズ山に住んでいる尻尾の生えた少年で、人間離れした体力と頑強さを備えています。
7つ集めるとどんな願いでも1つ叶えてくれるというドラゴンボールを探して旅に出ているブルマと出会ったことにより、一緒にドラゴンボールを探す旅に出ることになります。サイヤ人という戦闘民族の生き残りであり、非常に優れた戦闘能力を兼ね備えています。

悟空の声を演じている声優の野沢雅子は、ドラゴンボールでは悟空以外にも、悟空の息子の悟飯と悟天を演じていることでも有名です。
ほかにも、「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎や「銀河鉄道999」の星野鉄郎「ド根性ガエル」のひろしなど、世代を超えて数多くの名作の主人公の声を担当しており、多くの人がその声を聞いている有名な声優と言えるでしょう。

うずまきナルト

主人公うずまきナルトは落ちこぼれ忍者ですが、木ノ葉の里の頂点である火影になることを目指し、日々修行に打ち込んでいます。しかし、彼の中には、かつて木ノ葉の里を襲った強大な妖怪「九尾の狐」が封印されており、その存在を恐れる人々から迫害を受けて育つという暗い過去があります。そうした周囲の目にも負けず一途に明るく努力し、さらに仲間のために全力で敵に向かっていく姿から、徐々に信頼されるようになり、理解者や友人が増えていったのです。

うずまきナルト役を演じるのは声優の竹内順子で、このほかにも「イナズマイレブン」の円堂守や、「HUNTER×HUNTER」のゴン=フリークスなど、少年役を数多く演じています。
2010年度の第5回声優アワードではキッズファミリー賞を受賞するなど、実績に加え実力も折り紙付きと言える声優です。

黒崎 一護

一見どこにでもいそうな普通の高校生ですが、生まれながらに高い霊力を持っている少年です。派手な髪の毛の色やぶっきらぼうな態度から誤解されやすいところはあるものの、根は真面目で正義感が強い性格で、仲間から慕われています。朽木ルキアと出会って死神の力を託されたことにより、以降は死神代行として、自身の斬魄刀「斬月」を武器に虚・一三隊・破面・減却師などと戦い続けています。

黒崎 一護の声を担当しているのは声優の森田成一です。彼はこのほかにもアニメ「TIGER&BUNNY」のバーナビー・ブルックスJr.や、ゲーム「FINAL FANTASY Ⅹ」のティーダなど、熱血な部分を持つ男性の役を演じることが多い声優です。その実力は高く評価されており、2006年度の第1回声優アワードで新人賞を受賞しています。

フリーザ

宇宙の惑星を片っ端から狙って攻撃や破壊や占領を行う、いくつもの変身能力を兼ね備えた悪の帝王で、変身するたびに戦闘能力がアップします。
異常な能力と残忍な心を持った突然変異体のコモド大王からその性質を受け継ぎ、一族の誰よりも冷酷かつ高い戦闘能力を持ち合わせた彼は、原作では身体を真っ二つにされてもまだ生きていました。

声を担当するのは声優の中尾隆聖で、「ドラゴンボール」のフリーザ役以外にも「アンパンマン」のばいきんまんや、「トッポジージョ」のトッポジージョなど、多くのアニメで活躍しています。独特の声質と高い演技力を持ち合わせており、第25回日本映画批評家大賞 アニメ部門最優秀声優賞を受賞するなど、実力派として知られています。

夜神 月

容姿端麗・頭脳明晰・スポーツ万能と優れたコミュニケーション能力と社交性を兼ね備えた優秀な人物のうえ、父親は警察幹部で家族仲も良い、と何不自由ない人生を送っていましたが、デスノートを拾い犯罪者の一掃を目論んだことによって、裁きの神「キラ」としての人生を歩み始めてしまいます。

夜神月を演じるのは声優の宮野真守で、2007年度の第2回声優アワードで主演男優賞を受賞した実力派声優です。声優としての活動をメインとしていますが、高い歌唱力やライブパフォーマンス力を生かして歌手としても活躍しているほか、俳優としてテレビドラマやバラエティー番組にも出演しており、そのユニークなキャラクターも相まって人気を博しています。

JUMP FORCEの作品情報

JUMP FORCEのジャケット画像

発売日
2019/02/14
ジャンル
マンガアニメ
発売会社
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
JUMP FORCEのユーザ評価

評価数:109件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

ゲオユーザのJUMP FORCEの評価
  • 知っているジャンプキャラが沢山出てきて、楽しいです。 グラフィックが、とても綺麗なのが良いです。 内容は、楽しめています。
  • 格闘の部分は100点。アップデートでロードがかなり早くなった。アップデートに2.40ギガくらい使う。 レベルも上げやすいしキャラも新旧幅広くある。
  • ジャンプ好きなら買いです。対戦は無理にやらなくてもいいと思いますし、キャラクター同士の会話や綺麗な映像で動かせるのはすごく素晴らしいです。 初期の使用可能キャラ多すぎ。シナリオ進めて、仲間になるはずのキャラが既にいたりします。 拠点が無駄に広く移動速度が遅いので行動するのに少し疲れる。