キャサリン・フルボディのジャケット写真

今なお世界の熱い視線を集める『キャサリン』が、フルパワーアップした大問題作へと超熟進化!新シナリオ・新イベントの大幅追加でより過激なドラマが展開!数多くの便利な機能、驚きの機能を引っ提げ、初心者からやりこみユーザーまで大満足間違いなし!遂に放たれる『キャサリン・フルボディ』の新たな物語体験を、熟成された最上の刺激と共に味わって下さい!今回は『キャサリン・フルボディ』のストーリー、攻略テクニック、登場キャラクターについてまとめました。

ジャンル:アクション、発売日:2019/02/14、発売会社:株式会社アトラス

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

キャサリン・フルボディのストーリー・ネタバレ

悪夢にさいなまれるヴィンセント

本作は2011年に発売された「キャサリン」のリメイク版として制作されたアドベンチャー/アクションパズルゲームです。
主人公であるヴィンセントが行きつけにしているバー「ストレイ・シープ」を中心に繰り広げるアドベンチャーパートと、「悪夢の世界」と呼ばれるアクションパズルパートの2つのパートで構成されています。

何者かに追われていた謎の人物・リンを助けたヴィンセントは、ある夜、底の見えない奈落へ落ちないようひたすらに登り続け、辿り着いた扉を抜けた先で目が覚めるという悪夢を見ます。
何もなかったように振る舞うヴィンセントでしたが、付き合い始めて5年たつ恋人・キャサリンとの関係に不安を持っており、その気持ちを仲間に相談します。その中で、「男性ばかりが朝起きると死んでいる」という原因不明の怪死事件に知り合いが遭ったことを聞き、悪夢との関連があるのではと不安な気持ちにかられます。

その日の夜、また悪夢に襲われたヴィンセントは、夢の中でお互いが羊に見える人間たちと出会い、そして羊たちが死ぬ運命にあると告げる「悪夢の世界の管理者」の声を聴くことになります。
助かるために上へと進んでいく中で、キャサリンの声と同じ色のネイルをしているバケモノに襲われますが、何とか逃げ切ることに成功するヴィンセント。しかし目覚めたヴィンセントの横には、前の夜、同じ席で酒を飲んだ女性が裸で寝ていたのです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2p7gT90GKpE

覚えのない浮気、そして恋人から告げられる衝撃の事実

覚えていなかったとはいえ、恋人がいるにもかかわらず浮気をしてしまったことに焦り、友人たちに相談するも散々に言われてしまうヴィンセントでしたが、そんなことはお構いなしに、またストレイ・シープへとその女性が現れます。
何とかやり過ごし家へと帰ったヴィンセントでしたが、再び悪夢の世界へと囚われ、上へと登り続けていく中、その世界ではリンがピアノを弾いていました。

ピアノの音色にも助けられ、再度悪夢の世界からの脱出に成功するヴィンセントですが、起きたヴィンセントの隣にはまたもあの女性がおり、しかも間違ってキャサリンと呼んでしまいます。しかし、このことでその女性もキャサリンという名前であることが判明したのです。
さらに追い打ちをかけるように、昼から恋人のキャサリンと喫茶店で会ったヴィンセントは、彼女から妊娠したことを告げられ、さらなる窮地へと陥ることになります。

謎の男が語るキャサリンとは

再び目を覚ますヴィンセントのもとに、キャサリンの彼氏だというスティーブと名乗る男から電話が入り、ヴィンセントの混乱に拍車をかけます。
スティーブの名前を出せば浮気相手のキャサリンとの関係を終わらせられるかも、と考えたヴィンセントでしたが、その女性ではないと言われ、まさか恋人のキャサリンがまさか浮気を? と思考の泥沼にハマってしまいます。

その後、ストレイ・シープに集まる友人たちからもボロボロに言われ、自分の中で明確な答えが見いだせないまま眠りにつき、また今夜も悪夢の世界に再び囚われますが、さらなる上層へと逃げることに成功します。生き延びて目を覚ましたヴィンセントは恋人のキャサリンにもスティーブの名前を言うも、知らないと返され、逆に何か隠し事をしていないかと勘繰られてしまうのです。

悪夢の世界からの脱出、ヴィンセントに訪れる未来とは

その後、ふとしたことでリンは男で、かつ天使で宇宙人という秘密を知ってしまい、思わず拒絶をしてしまったヴィンセントは、ふたりのキャサリンやリンに対して、自分の想いを見つめなおしますが、変わらず悪夢の世界に捕らわれ続けることは変わらないままでした。

最上層とされていたカテドラルも生き延びたヴィンセントでしたが、ストレイ・シープから戻り眠りにつくと、再び悪夢の世界に囚われます。しかし、これまでと違い天上での試練が科されることになります。

これまでのヴィンセントの行動や、天上での問いかけに対する選択によってヴィンセントの運命が決まり、どの女性と、どのような関係になるかという答えが示されることになるのです。恋人のキャサリンと結ばれるのか、浮気相手のキャサリンと結ばれるのか、性別・種族を超えてリンと結ばれるのか、はたまた全員から振られてしまうのか、これまでの選択によって、ヴィンセントの未来という結果は変化することになります。

キャサリン・フルボディの裏技・テクニック

リンルートへの分岐選択

キャサリンフルボディではマルチエンディングを搭載していますが、冒頭から登場する謎の人物にして、3人目のキャサリンであるリンとのエンディングルートに入るためには、第3夜から第6夜の間で発生する告解室での選択がカギとなります。
ここで繰り広げられる無数の質問の中から、特に重要な7つの選択をすべて正しく答えないとリンルートにたどり着けないという厳しい条件があるのです。
その手順を追っていくと、第3夜では「打ち明けてほしい」、第4夜では「関係ない」、第5夜では「覚悟の上だ」、第6夜では「自分の心」となり、これらの正しい選択肢を選ぶことでメーターにヒビが入る描写が発生します。
その後、第6夜のストレイ・シープにおいて、再度選択肢分岐が発生するので「必要な存在」、「まだわからない」、「リンとの未来」と選択するとリンルートに入ることができるのです。
さらに、リンルートではそれ以降の選択肢で8問中5問以上正解を出さないとトゥルーエンドは見られません。下記が質問と正解となります。

質問:初めて入った料理店で注文するとしたら→正解:食べたことのない料理
質問:新たな選択肢が出てきたらワクワクする?→正解:胸が躍る
質問:出会いは人を変える?→正解:変わる
質問:恋人と価値観が違うとわかったら?→正解:違いを受け入れてみせる
質問:新しいことを始めるとき、周囲の評価が気になる?→正解:別に気にしない
質問:新生活を始めるときの気持ちは?→正解:ワクワクする
質問:周囲に反対されていても、信じた道を進める?→正解:進んでみせる
質問:本当に大事な相手を迎えに行く覚悟があるか?→正解:ある

パズルに自信がない人は難易度「Safety」を選ぼう

「キャサリンフルボディ」はアクションパズルの難易度が高いことでも知られており、イージーミスで「LOVE IS OVER」になってしまうことも少なくないでしょう。
しかしパズルが苦手な人でも楽しめるように、キャサリンフルボディには「Safety」という最低難易度が用意されています。この難易度では絶対に「LOVE IS OVER」になることはなく、どうしても操作に詰まったときはR1ボタンを押すとオートプレイになり、勝手にクリアしてくれます。

また、ミスをしたときはL1ボタンでひとつ前の行動に戻れるUNDOという機能がありますが、これもSafetyなら回数が無制限なので、慣れるまでさまざまな技を試してみることもできます。
Safetyで悩まず進んでもいいですし、慣れてから高難易度に挑んだりするのもアリなのでプレイヤーに合わせた楽しみ方ができます。

ストーリーだけを読みたい人におすすめのパズルスキップ

マルチエンディングシステムとなっている「キャサリンフルボディ」は、他のエンディングを見るためや、トロフィーコンプといった目的で周回プレイを行う人も多いでしょう。そうした場面で非常に役立つ機能が「パズルスキップ」です。難易度Safety限定となりますが、アクションパズルパートのオプションにある「パズルスキップ」という機能を使うことでパズル部分だけをスキップできるのです。パズルをスキップしても重要な選択肢が発生するイベントパートには全く影響が出ないので、純粋にストーリーだけを楽しむことも可能です。

「キャサリン・フルボディ」はパズルももちろんですが、豪華声優陣が織りなすストーリーも大きな魅力なので、全部で13あるエンディングをコンプするために周回プレイをする人にとっては、効率的なプレイができるありがたい機能と言えるでしょう。

クリア後に出現する「バベル」ステージ

本編クリア後は、やりこみ要素として超高難易度のパズル「バベル」がプレイできるようになります。全4ステージから構成されており、各ステージをクリアするごとにトロフィーが取得できるため、トロフィーコンプリートを目指すなら避けては通れません。

第1ステージとなる「アルター」は、次々現れていく階段を注意深く上ることが要求されます。このステージをクリアすると「新人クライマー登場」のトロフィーが獲得できます。
第2ステージ「メンヒル」は足場が狭く落ちやすいですが、その分パターン化しやすいとも言えます。このステージでは「玄人クライマー参上」が獲得できます。
第3ステージ「オベリスク」は、ランダムでブロックが動くため突然落とされてしまうことも。このブロックは1度動くか上に乗れば勝手に動くことはなくなるので、ブロックの特性を理解して進みましょう。このステージでは「伝説のクライマー爆誕!」を獲得可能です。
最終ステージ「アクシス・ムンディ」は、非常に難易度が高いステージのため可能であればペアでクリアすることも視野に入れましょう。このステージをクリアすると、「究極のクライマー爆誕!」獲得となります。

キャサリン・フルボディのキャラ・声優

ヴィンセント

キャサリン・フルボディの主人公であるヴィンセント・ブルックスは、仕事も私生活も冴えない状況が続いている32歳の男性です。
5年間付き合っているキャサリンという恋人がおり、大事には思っているものの、独身である今の気楽な関係が崩れてしまうことを嫌って、なかなか前に進もうとしない優柔不断な性格をしています。
恋人とは別のキャサリンと体の関係を持ってしまったことが原因で修羅場を巻き起こしてしまい、悪夢との対峙や自問自答、2人のキャサリンとリンをはじめとする多くの人たちとの会話を通して、人生における重大な選択をすることになります。

主人公・ヴィンセントの声を担当しているのは山寺宏一さんで、「ルパン三世」の銭形警部役や、「アンパンマン」のチーズ役をはじめ、多くの洋画作品で吹き替えなども担当している大物声優です。また、おはスタのメイン司会者を担当していたほか、舞台俳優としても出演するなど、多彩に活躍しています。

キャサリン(Katherine)

キャサリン(Katherine)はキャサリン・フルボディにおけるヒロインの1人で、ヴィンセントと5年間恋人関係にある女性です。本名はキャサリン・マクブライドですが、キャサリンの頭文字がKのため、プレイヤーからは「Kキャサリン」と表現されることもあります。
アパレルメーカーに勤務するキャリアウーマンであり、ヴィンセントとの結婚を意識しているため、ストレートに言うことはないものの、結婚に向けてそれとなくアプローチをしています。しかし、ヴィンセントの煮え切らない態度や修羅場を起こしたことへの苛立ちなどによって、不満を抱えてしまいます。

理知的なキャサリン(Katherine)の声を担当しているのは三石琴乃さんで、国民的アニメとしても名高い「美少女戦士セーラームーン」の月野うさぎ役や、「新世紀エヴァンゲリオン(ヱヴァンゲリヲン)」シリーズに登場する葛城ミサト役なども担当している声優です。少女、大人の女性、ギャグキャラなど、幅広い役柄を演じられる実力派と高い評価を受けています。

キャサリン(Catherine)

キャサリン(Catherine)はヴィンセント行きつけのバー「ストレイ・シープ」にたまたま現れた女性で、キャサリン(Katherine)と同じくヒロインの1人です。キャサリンの頭文字がCなので、恋人のキャサリンと区別する意味でも「Cキャサリン」と表現されることがあります。

仲間たちが帰って1人で飲んでいたヴィンセントのテーブルに同席し、積極的にヴィンセントに迫ります。その後、ヴィンセントと一夜を共にしてしまう小悪魔のような女性で、彼女の登場によりヴィンセントの修羅場が起きたといっても過言ではありません。
ヴィンセントと同じように結婚という形で縛られることを嫌い、自由を楽しみたいという考えを持っています。

奔放で魅惑的なキャサリン(Catherine)の声を担当するのは沢城みゆきさんで、「〈物語〉シリーズ」の神原駿河役や、「ソードアート・オンライン」の朝田詩乃役などを担当している声優です。
また、初回生産限定盤やDLCコンテンツでボイスを変更することが可能で、水樹奈々さんや堀江由衣さん、釘宮理恵さんや悠木碧さんなど、沢城さんも含め11名の声の中から、自分が好きな声優に変更することができます。

リン

リンは二人のキャサリンと同じようにゲームのヒロインの1人です。複雑な事情を抱えており、何者かに追われていたところを偶然通りかかったヴィンセントに助けられた謎の人物として登場します。自分の名前は覚えているもののそれ以外の記憶がなく、ヴィンセントに助けられて以来、行動を共にするようになるほか、ストレイ・シープでピアノを弾く仕事を始めます。

修羅場に悩むヴィンセントにとって癒しの存在でもあり、ゲーム中でも多くの場面で登場する人物です。
リンと呼ばれていますがキャサリン(Qatherine)という名前を持ち、ゲーム内では重要な役割を持つキャラクターなのです。

リンの声を担当するのは声優の平野綾さんで、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の涼宮ハルヒ役を、「それいけ!アンパンマン」ではコキンちゃんを担当したほか、高度な歌唱力や演技力からミュージカル女優や歌手としての活動も行っており、多方面でマルチに活躍しています。

キャサリン・フルボディの作品情報

キャサリン・フルボディのジャケット写真
発売日
2019/02/14
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社アトラス
さらに詳しく見る>
キャサリン・フルボディのユーザ評価

評価数:37件
評価 :★★★★☆(4.4/5)

ゲオユーザのキャサリン・フルボディの評価
  • PS3でやってた記憶を辿りながら改めてプレイしました 追加キャラが入った事でやり込みやシナリオがさらに盛り上がったと思います。もちろん新規の人やパズル苦手な人にも入りやすいようになってるのでおすすめです
  • 主人公と同じ目に遇っている「特に本編と関わりの無いモブ男性」が沢山存在するのですが、毎晩悪夢でパズルを達成して彼等と会話する度に愛着がわいてくるのです。 本編は長すぎず短すぎず、かつそれなりにボリュームがあって調度いいです。好みもあるでしょうが、どのキャサリンも可愛いです。 バーではお酒の豆知識が聞けたり、ストーリーの伏線のような話が聞けたり、悪夢と似たようなゲームをプレイ出来たり。 買って損はない筈です!

参考URL
・youtube.com