モンスターハンター4Gのジャケット写真

『モンスターハンター4』が進化を遂げ『G』で登場!『モンスターハンター4』をやりこんだ人も、昔ハンターだった人も、狩りを再開したくなるような要素が追加されています。

お馴染みの「旧砂漠」が、高低差のあるフィールドとなって登場。また、シリーズおなじみのモンスターが復活し、G級装備の登場や武器アクションが追加!今、G級の冒険が始まります!!

ジャンル:ハンティングアクション、発売日:2014/10/11、発売会社:株式会社カプコン

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリー/エンディング

ストーリー

モンスター達の狩りからの生活から離れ、バルバレで平和な毎日を過ごしていた「我らの団」のもとに、「ドンドルマに集合せよ」との招集命令が団長から掛かりました。

手紙を受け取ったポポの世話担当は「我らの団」全員にそのことを伝え、早速ドンドルマへ向かう準備を開始、そしてついにドンドルマに「我らの団」が集まりました。

団長の招集命令の目的は「ドンドルマの復興」です。荒廃してしまったドンドルマのかつての栄光を取り戻すために復興リーダーを中心として「我らの団」がドンドルマの復興のために一肌脱ぐこととなりました。

このドンドルマには様々なモンスターが集まり、ドンドルマを破壊していきます。そんなモンスターからの侵攻を防ぎ、復興をすることがミッションです。そして同時に復興のための準備や様々な困難を乗り越えていかなければなりません。

主人公は「我らの団」のサポートを受けてハンターとしてドンドルマの復興を手助けしていきます。

崩竜ウカムルバス、霞龍オオナズチなど強大な敵がモンスターハンター4Gに参戦します。ドンドルマの復興をかけたハンター生活が今、幕を開けます!


出典:https://www.youtube.com/watch?v=63duoCYwTaA&t=2s

エンディング前半

クシャルダオラとの戦いからエンディングは始まります。クシャルダオラはハンターに容赦無く風を吹きかけ攻撃をしてきます。ハンターはそれを必死に避け、なんとか攻防を続けます。

2人のハンターが同時に合図を出し、1人が大砲をクシャルダオラに打ち出しました。その弾はクシャルダオラの胴体に見事、命中をします。

クシャルダオラはしかし、少しの怯みを見せただけで効果はありません。ボウガンを使ってハンターは攻撃を繰り返しますがそれらも避けられてしまいます。

クシャルダオラに向けてヘビーボウガンや大砲を繰り出しますが、ハンター1人が攻撃を喰らいます。圧倒的なピンチでしたが、ハンターは最後の攻撃をクシャルダオラに繰り出します。

そこでクシャルダオラは倒れ臥しました。しかし死んだと思ったクシャルダオラは実は生きていました。起き上がりハンターたちを襲います。

激しい攻防の中で1人のハンターが閃光弾を放ち、双剣使いが切り掛かります。この攻撃でクシャルダオラは退散していきました。ついにハンターは強敵である鋼龍クシャルダオラを討伐することに成功したのです。

ハンター達は「ついにやった」という表情で、顔を見合わせます。そこで画面が暗くなっていき、次の画面に切り替わります。

エンディング後半

画面は繁栄を取り戻したドンドルマに移り変わります。団長やハンター達は村長達とクシャルダオラの討伐の喜びを分かち合っています。

主人公はリーダーから1振りの刀を渡され、リーダーは馬車に乗ってその場を去っていくことになりました。「我らの団」のメンバーや村長達はいきなりのリーダーの旅立ちに慌てふためきました。

そんな場面から徐々にカメラが上空に上がっていき、エンディングのスタッフロールに画面が移り変わります。スタッフロールでは、人形劇のような形でこれまでのストーリーが再現されています。ストーリー中に討伐をしたリオレウスやティガレックスなどを人形劇のキャラクター達が倒していきます。

人形劇のムービーが終わると徐々に画面が暗くなり、再びムービーが流れ始めます。ドンドルマには多くのハンターが集まり、みんながご飯を食べたり、作戦を練ったりと賑やかな様子が映し出されます。

クシャルダオラによる危機を追い払い、平和な生活が戻ってきたのです。しかしまだまだドンドルマの周りにはたくさんのモンスター達がいます。

これからもモンスターハンター達の生活は続く、といった余韻を残してモンスターハンター4Gは終わります。

裏技/テクニック

ケルビの角を何回も剥ぎ取ることができる裏技

この裏技を使用する際には、スキル「剥ぎ取りマスター」を習得するようにしておきましょう。

ケルビの角を何回も剥ぎ取るためには、まず装備を揃えていきます。具体的には先ほど紹介した「剥ぎ取りマスター」のスキルを習得することができる装備一式と、攻撃力ができるだけ低い武器を装備してください。

攻撃力ができるだけ低い武器は「ライトボウガン」がおすすめです。この「ライトボウガン」は弾を撃つのではなく敵を殴ることができます。

そして「ライトボウガン」で殴るとかなり低いダメージを与えることができるため、今回紹介する裏技にはおすすめです。

また「剥ぎ取りマスター」のスキルを習得できる装備でおすすめの物は、「狩猟迷彩ジャケット」と「イーオスレギンス」の組み合わせです。

これらの武具・防具を装備してケルビのいるフィールドに行きましょう。そして早速ケルビを殴り気絶させてください。

気絶した段階でケルビから2回剥ぎ取りを行うことができます。その後、ケルビが目を覚ますため再び殴って気絶をさせましょう。これを繰り返すことでケルビが死ぬまで剥ぎ取りを続けることができます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=63duoCYwTaA

モンスターに乗って戦う際のテクニック

まずモンスターの上に乗って戦う場合の基礎知識を押さえましょう。モンスターの上に乗った際に「Rボタン」を押すことで、モンスターの振り落としに耐えることができます。

しかし「Rボタン」を押している間はスタミナが減少していきます。スタミナがなくなれば自動的に振り落とされるため、気をつけましょう。

また「Xボタン」でモンスターに攻撃をすることができます。モンスターへの攻撃を繰り返すことでメーターを貯めることができます。モンスターに乗って戦う際のコツとしては、モンスターと自分の攻守のターンをしっかりと捉えることです。

モンスター側が振り落としに掛かる際には「Rボタン」で耐え、モンスターからの攻撃がおさまった段階で攻撃をするという繰り返しです。

この攻守のターン制を意識することで効率よく安全にメーターを貯めることができます。メーターがマックスにまで貯まればモンスターとの乗っかりバトルに勝つことができます。

「風化したお守り」を最速でゲットする方法

「風化したお守り」は、ハンターが戦うモンスターが強くなれば強くなるほど必要となってくるアイテムです。

しかし採取などで「風化したお守り」をゲットすることはできません。基本的には高難易度のギルドクエスト報酬からゲットすることしかできないです。

その際におすすめのギルドクエストが「G級★2 ガブラス三昧ツアー!!」です。このギルドクエストにはサブターゲットの設定がされています。そのサブターゲットが「隕石の大塊を1つ納品する」ということです。

この「隕石の大塊」はフィールドからの採掘でゲットすることができます。まずギルドクエスト前に「ネコの秘境探索術」を食事の組み合わせによって発動させておきましょう。

すると「ネコの秘境探索術」の効果によって、フィールドの秘境からクエストをスタートさせることができます。そこでエリア10で採取をしていきます。

この段階で「風化したお守り」をゲットできればクエストを続行、ゲットできなければクエストリタイアをしてください。

「風化したお守り」がゲットできれば次にエリア10、5、8の順番で採掘を行いましょう。そうすると「隕石の大塊」をゲットすることができます。そして「隕石の大塊」を納品することで速攻でクエストをクリアすることができるのです。

モンスターハンター4Gの作品情報

モンスターハンター4Gのジャケット画像

発売日
2014/10/11
ジャンル
ハンティングアクション
発売会社
株式会社カプコン
モンスターハンター4Gのユーザ評価

評価数:2871件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

ゲオユーザのモンスターハンター4Gの評価
  • 初めてやったモンハンだげど、面白い。狩りは想像通り楽しい。怖くない。どこから敵がくるか分からないとかない。
  • 難易度はより高くなった。しかし前作とは比べものにならないくらいボリュームがあり、ストーリーもより没入して楽しめる。武器、防具も豊富で、武具を造るために何時間でも遊んでいられる。前作から引き継いで遊べるので、自慢のコレクションは残したまま、前作のストーリーの続き(完結編)を遊べるというのも良い。
  • Aボタン長押しでずっと採取が出来たら良かったな。持ち帰りアイルーも配置があったら一番面白い作品だったと思う。