モンスターハンター4のジャケット写真

『MONSTER HUNTER』が、インターネット通信によるマルチプレイ対応に進化! 高低差を活かした立体的アクションでは、段差に向かって走り込むと、ジャンプして飛び越える!新武器・新種のモンスターも登場。

進化したのは、モンスターか、ハンターか。生まれ変わったハンティングアクションで一狩り行こうぜ!

発売日:2013/09/14、ジャンル:ハンティングアクション、発売会社:株式会社カプコン

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリー/エンディング

ストーリー

モンスターハンター4は、大砂漠を航行する船上からストーリーが始まります。船には自分のキャラバンに必要な仲間を求めて旅をする「団長」と名乗る男性と、ハンターを目指し、ハンターズギルドに登録するべく「バルバレ」という街へ向かう主人公が乗っており、お互いの素性や身の上を知らぬまま、船は進んでいきますが、団長と名乗る男性が、限られた条件下でしか生息しない「翼蛇竜ガブラス」がざわついていることに気づきます。

その時、砂の下から突然、100m以上はあろうかという超大型モンスター「ダレン・モーラン」が姿を現しました。ガブラスのざわつきは、ダレン・モーランが現れる前触れだったのです。

ダレン・モーランが船に軽く触れただけで大きな衝撃が起こり、団長の大切な帽子がダレン・モーランの頭上にのってしまいます。さらに、この竜の進行方向には二人の目的地であるバルバレがあるため、主人公はなんとかして団長の帽子の回収と、ダレン・モーランがバルバレへ進行するのを防ごうと奮闘します。

なんとかこの2つをやりきった主人公を団長はひどく気に入り、主人公を自分のキャラバンに加入させます。キャラバンに加入し正式にハンターとなった主人公は、アイルーと呼ばれるお供を連れて、モンスターを狩ることや、特殊な素材を取ってくるといったクエストをこなしていくことになったのです。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=_5G6FcC4Nns

エンディング前半

さまざまなクエストを経て、キャラバン一行は船を新しくするべくナグリ村へやってきました。そこで土竜族と呼ばれる亜人が住んでいる村だが活気がなく、理由を聞くと溶岩が止まってしまったうえ、鉱石を取りに行こうにもモンスターが現れるため行けず、生業としていた加工の仕事が行えないと困っているようでした。それを聞いた一行は土竜族の悩みを解決し、船を空が飛べるよう加工してもらいました。

いざ飛び立とうという瞬間、正体不明の黒い竜と遭遇し、戦うことになります。

しかし、この竜は様子がおかしく、体から黒い何かを常に立ち昇らせています。この黒い気体のようなものを浴びてしまった主人公は、体に異変が起こり始めます。この黒い気体のようなものは、未知のウイルスだったのです。

どうにか黒い竜を撃退した主人公たちですが、なんと逃げたはずの黒い竜が、踵を返して船に向かってきたのです。船と竜が衝突する寸前、1隻の船が間に入って竜に体当たりを仕掛けます。

竜を弾き飛ばすことには成功しましたが、2隻の船もバランスを崩してしまい、主人公は意識を失います。

エンディング後半

主人公が目を覚ますと、そこはアイルーが大勢住んでいる「チコ村」という村でした。主人公一行を助けてくれたのは、どうやらこの村の住人だったようです。さらに、主人公のキャラバンのメンバーたちも、この村にたどり着いていました。村の住人たちに話を聞くと、どうやらあの黒い竜は「黒触竜ゴア・マガラ」と呼ばれる生体不明の竜のようです。

いつまた襲われるかわからない気持ちを持ちながら、キャラバンの一行はシナト村へ向かうべく、飛行船に改造しようとナグリ村へ戻ろうとしますが、一度バルバレへ戻った一行を待ち受けていたのは、ギルドハンターが黒いモンスターに敗れて2名行方不明になったという報せでした。

これを解決するべく樹海に向かった主人公たちが目にしたのは、ゴア・マガラと対峙する行方不明の2名でした。なんとかこれを撃退した主人公たちは、ナグリ村で船を改造し、飛行船でシナト村へ到着します。

このシナト村で、一行は奇妙なクエストを受けます。ゴア・マガラと似た症状を持つババコンガの狩猟です。このクエストを通じてゴア・マガラのウイルスの謎が少しずつ解明されていきます。その後、禁足地にはゴア・マガラが脱皮して完全体となった「シャガルマガラ」というモンスターが住み着き、ウイルスをばらまいていました。

この状況を打開するべく、主人公たちは禁足地に赴き、死闘の末シャガルマガラを討伐してゲームは終わります。

攻略/テクニック

毒けむり玉の獲得方法

毒けむり玉も数多く集めるコツがあるので、知っておくと便利です。

毒けむり玉は、毒テングダケと素材玉を調合したもので、地面に投げつけると毒性のあるけむりが出てきてモンスターを毒状態にできるというものです。
毒で敵を倒せなくても、数秒の間攻撃判定が持続するというメリットもあるので、たくさん持っていて悪いことはありません。

この毒けむり玉は、集会所で食事をすることで増やせます。

まず、集会所「飛甲虫たちの饗宴」に行ったら、ブナハブラ12匹討伐を受注します。
次に、オルタロスを6匹倒せばサブターゲット達成ということで支給品が届きます。
この支給品ボックスの中に毒けむり玉が入っているというわけです。
この作業は何度でも繰り返しできますので、面倒だと思ってもここで確実に確保しておくのがいいかもしれません。

回復薬の獲得方法

「モンスターハンター4」には回復薬というものが出てきます。

回復薬の内容は、はちみつレモンや薬草、アオキノコなどです。
これが1回目はいくらでも採取できるのですが、2回目はそうはいかないので、最初に採れるだけ採るのがコツです。

アオキノコとハチミツが採り放題なのはモガの森です。
ここは滞在に時間制限がないので、ごっそりと収穫しておくと便利です。

回復薬は、ハンターの体力を回復するために使うアイテムですが、ゲームがある程度進んでいないとお店では売ってもらうことができません。
お店で買わずに調合することも可能ですが、このためには薬草または太陽草とアオキノコが必要になります。

回復薬は、緑色が濃いほど効き目が強く、アオキノコも色が青ければ青いほどクオリティが高いと言われています。

ノヴァクリスタルの効率的な入手法

ノヴァクリスタルもたくさん集めたいアイテムのひとつです。
硬度が非常に高いこのノヴァクリスタルは剥ぎ取る、あるいは採掘という方法で入手することができます。

まず、「ゲリョスな季節」を受けて、できるだけたくさんのゲリョスを倒し、ノヴァクリスタルを剥ぎ取ります。
ゲリョスがただ死んだふりをしたときでも1回剥ぎ取ることができます。

モンスターをそれほど倒さなくても、化け鮫のいる「上位のコース」ツアーで1、2個採掘するという方法もあります。

もうひとつ、幸運のカケラも役に立つアイテムです。
幸運のカケラは、青の採掘などで手に入るのですが、探索のゴールにいるおじいさんに話しかけてこの幸運のカケラをあげると粉塵や増強剤、モドリ玉などをくれます。
値段の高いものなどもくれるので、わらしべ長者のような役割を果たしてくれます。

小ネタ・テクニック集

マタタビ爆弾は、マタタビと小タル爆弾を調合して作るもので、何かと重宝します。
小タル爆弾というのは、小さなタルに火薬草を詰めた爆弾のことです。
マタタビ爆弾は、相手を破壊するというよりは爆発させて敵にマタタビの匂いで包み、アイルーたちに群がらせるようにするというテクニックです。

ただし、あまり近くで爆発させるとハンターにも匂いが移ってしまうので要注意です。
マタタビ爆弾によるダメージはゼロですが、モンスターにアイルーをまとい付かせることができるので、激昂タイプで攻撃するスキのないモンスターに使うと効果が得られます。

この他、モンスターハンター4にはネコ関係のテクニックが山ほど出てきますので覚えておくと楽しくプレイすることができます。

例えば「ネコのすり抜け術」を使えば大型モンスターから拘束攻撃を受けたときでも脱出しやすくなります。この場合の食材の組み合わせは肉×穀物です。

さらに穀物×乳の組み合わせでは、こやし玉を当てたモンスターが逃げていくという「ネコのこやし玉達人」技が使えます。

この他にも高いところから難なく飛び降りることのできるネコの着地術などがあります。

モンスターハンター4の作品情報

モンスターハンター4のジャケット画像

発売日
2013/09/14
ジャンル
ハンティングアクション
発売会社
株式会社カプコン
モンスターハンター4のユーザ評価

評価数:2228件
評価 :★★★☆☆(3.4/5)

ゲオユーザのモンスターハンター4の評価
  • 操虫棍は、今作から追加されたモンスターの上に乗って戦う事がしやすいので、ゲームが苦手な私でもスムーズにクリアできて楽しかったです。
  • とてもやりがいのあるソフトです。ハンターランクが上がってくのと、強い敵を倒せるようになれるととても満足できます。
  • 難易度、操作性共に安定の二重マルな出来です。一人プレイでも割とサクサク進むので良い感じです。一人用で育ててマルチプレイで育てた装備を見せびらかしましょう笑笑