【未来予想!?】近未来が舞台のタイトル【SFC/DS/Wii編】の画像

近未来、その響きだけでワクワクしてしまう人も多いのではないでしょうか。これから来る未来の世界は機械化が進んでよりハイテクになっているものあり、地球滅亡間近で荒廃しているものありと、その世界観はさまざまです。どんな世界になるか分からないからこそ設定の自由度が高く、プレイヤーの想像力を超える世界が繰り広げられています。全くのファンタジーではないため現実世界を踏襲している部分も多く、世界観がつかみやすく、入り込みやすいところも魅力の一つです。近未来が舞台になっているゲームをSFC、DSの中からご紹介します。

F-ZERO

西暦25××年にくりひろげられる、近未来カーレース『F-ZERO』。路上1フィートに浮かぶF-ZEROマシンを駆使し、9つの惑星都市、15のサーキットを戦い抜きます。

F-ZEROのジャケット写真

発売日
1990/11/21
ジャンル
スポーツ
発売会社
任天堂株式会社

重装機兵ヴァルケン

近未来を舞台にしたSFアクションシューティング『重装機兵ヴァルケン』。装甲機兵小隊の一兵士としてさまざまな武器を搭載したアサルトスーツ「ヴァルケン」に乗り込み、敵を撃破していきます。

重装機兵ヴァルケンのジャケット写真

発売日
1992/12/18
ジャンル
アクション
発売会社
メサイヤ

ライブ・ア・ライブ

1994年にSFCで発売されたオムニバス形式のRPG『ライブ・ア・ライブ』。場所も時代も違った7つのシナリオが楽しめる作品。近未来編の舞台は2010年の東京となっています。

ライブ・ア・ライブのジャケット写真

発売日
1994/09/02
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スクウェア

メタルマックス2

1993年にSFC用のソフトとして発売された『メタルマックス2』。荒廃した近未来の世界を舞台に、戦車に乗ってモンスターと戦うモンスターハンター達の活躍を描いたRPG『メタルマックス』の続編です。

メタルマックス2のジャケット写真

発売日
1993/03/05
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
データイースト株式会社
さらに詳しく見る>

ゲオユーザのメタルマックス2の「絶賛」レビュー・評価
  • 知る人ぞ知る名作メタルマックスの第二弾。今作品はつれて行ける仲間に戦闘用の犬(正式には犬に似せた生物兵器らしい)が加わりより自由度の高いゲームになりました。戦車のカスタマイズも健在!
  • マニアの間ではきっと最高と称される作品かと。戦車の改造が面白く、ゲームバランスもよく、冒険がフリーシナリオで好きに動けるのがいいですねー。やってみるのがオススメです。

THE 装甲機兵ガングラウンド

近未来を舞台の本格派ロボットアクションゲーム『THE 装甲機兵ガングラウンド』。MA(マシン・アーマー)と呼ばれる機体を操り、敵を殲滅させたり、指定されたターゲットを破壊するなど様々なミッションにチャレンジしていきます。

THE 装甲機兵ガングラウンドのジャケット写真

発売日
2007/07/26
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社ディースリー・パブリッシャー

まとめの一言

近未来が舞台のゲームということで、やはりメカものが多くなっています。近い未来、実際に登場しそうな雰囲気でありながら、現実では考えられないスピードやスペックを持ったメカが存在する世界。そんなメカやアイテムを使ってプレイしていると、自分が本当に近未来の世界にいるような感覚になってきます。また、ファンタジー要素を含んでいるゲームもあり、宇宙人やモンスターなど未知の生物の登場は近未来の舞台をさらに盛り上げてくれます。今回は近未来が舞台になっているゲームをご紹介しましたが、その世界がすぐそこまで来ているかもしれませんね。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局