ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期のジャケット写真

『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』以来となるダンガンロンパシリーズのナンバリングタイトルがいよいよ始動!
これまでのシリーズ作品から舞台やキャラクターを一新した完全新作オリジナルストーリーが展開。「サイコクール」をテーマに、より強化された演出、多数の新システムを携え登場!

発売日:2017/01/12、ジャンル:アドベンチャー、発売会社:株式会社スパイク・チュンソフト

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリー/エンディング

ストーリー

「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」の世界の中には「ギフテッド制度」と呼ばれる制度があります。これは日本政府が実施している特別な奨励制度であり、この制度によって特別な才能を持つ学生は「超高校級」という称号を与えられることとなります。

特別な才能を認証されてその将来を期待される「超高校級」の学生達には、国から数々の特権を与えられることとなっていました。

これまで日本中に点在する「超高校級」の学生たちはその希少さゆえに互いに対面することなどはありませんでした。しかしある日、モノクマと「モノクマーズ」によって16人の「超高校級」たちは「才囚学園」に監禁されることに。

「才囚学園」の学園長モノクマは素性が知れないぬいぐるみで、モノクマーズは自称その子どもたち。モノクマとモノクマーズによって支配された「才囚学園」の中で16人は一堂に会することとなりました。

巨大な壁に囲まれ脱出することは不可能。そんな状況下で学園長モノクマは16人の「超高校級」たちに「抜け出すためにはコロシアイをしろ」と告げます。

学園長は16人の「超高校級」たちにコロシアイをさせて1番を競わせるために監禁をしたのです。

そんな極限状態の中でコロシアイを止めてそれぞれを守るため「嘘で真実を撃ち抜く」学級裁判が幕を開けます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=7c7O-bRYsY8

エンディング前半

「歯ぁ、食いしばれぇぇぇ!!テメーは赤松の言葉を聞いてなかったのか!?」
「あいつは…テメーを信じるっつったんだぞ!テメーに自分の思いを託すっつったんだぞ!」

モモタはモノクマに文句を言わずに黙り込んでしまっていたサイバラを殴り叫びます。しかしサイバラはモモタに一言も言いません。

「どうした?なんか言ってみろ!殴られてムカつかねーのかよ!」モモタは拳を振り上げ苦渋の表情を呈しながらサイバラに言います。周囲の「超高校級」たちは固唾を呑んで、モモタとサイバラのやりとりを見守っています。

トウジョウがそんな2人の間に入り言います。「モモタ君…。もうその辺にしておきましょう。」「いくら男子同士だからっていきなり殴るのは野蛮です」

チャバシラも「それ以上やるなら、テンコの『ネオ合気道』が炸裂しますよ!」と続けます。

周囲の「超高校級」もモモタを落ち着かせるべく声をかけ、なんとか2人の諍いを止めました。その場を離れようと動き出したところ、ようやくサイバラが言葉を発します。

「ごめん…みんな先に行っててくれるかな?少しだけでいいんだけどちょっと1人になりたいんだ」

「超高校級」の学生たちはサイバラに声をかけつつ、その場を離れていきました。

エンディング後半

去り際にモモタがサイバラに言います。「テメーが赤松のことをどれだけ知っていたか知らねーけどよ。試しにあいつの『超高校級の研究教室』に行ってみたらどうだ?」

モモタは赤松の使っていた研究室に行くようにとサイバラに提案したのでした。

サイバラはモモタの言う通り赤松の『超高校級の研究教室』、つまり「超高校級のピアニストの研究教室」へと向かうことにしました。

「別にこんなところに赤松さんの思い出なんかないってわかってるけど…」

サイバラは続けます。「それでもここには赤松さんが情熱を注いだものが揃っているんだ」

サイバラは研究室に残るピアノを見て、赤松がピアノを弾いたところを見たことがないことを後悔します。

「そう言えば赤松さんが言っていた曲、ここにあるはずだ。」サイバラはそう思い、ずらりとCDが並んだ棚の前に立って端から端まで注意深く視線を動かしていきます。

探していたCDを探すとサイバラは音楽室にあったCDデッキで聴き始めます。その曲に身を任せサイバラは赤松との思い出を振り返りました。数々の思い出が浮かび上がってきます。

サイバラは目を開き呟きます。「みんなと一緒に学園を出たいと言った君の思いを僕は絶対に諦めない…!」

どこかから赤松の声がこのように聞こえてきます。「約束だよ。後は任せたからね。サイバラくん…」

こうして本作はエンディングを迎えます。

攻略情報/裏技

裏ルートへの入り方まとめ 第1〜3章

本作では1~5章には裏ルートが存在します。学級裁判の決められたタイミングで証言を偽証することによって裏ルートに入ることが可能です。こちらでは第1~3章の裏ルートの入り方を紹介していきます。

第1章ではフェーズ13・2度目の「ノンストップ議論」において「赤松」が「真実を見失わないで」と述べる部分があります。これに対して「図書館の通気口」のウソダマである「塞がれた通気口」の発射をすることによって裏ルートに入ることが可能です。

第2章ではフェーズ1の「ノンストップ議論」において「夢野」が「トリックなど無い」と述べる部分があります。これに対して「水槽の仕掛け」発射しましょう。

次にフェーズ13の黒指名後「ノンストップ議論」で「東条」が「ほとんどの人が~」と述べる部分があります。これに対して「昨日のみんなのアリバイ」の発射をすることによって裏ルートに入ることが可能です。

第3章ではフェーズ6スポットセレクトの次の「ノンストップ議論」において「入間」が「床下を移動」と述べる部分があります。これに対して「キーボのライト機能」をウソダマにして発射しましょう。

次にフェーズ13の学級裁判中断後「白銀」が「誰かに誘導~」と述べる部分があります。これに対して「籠犬村のかごのこ」を発射しましょう。

裏ルートへの入り方まとめ 第4〜5章

次に第4~6章の裏ルートの入り方を紹介していきます。

第4章ではフェーズ1の「ノンストップ議論」において「王馬」が「毒薬で殺害」と述べる部分があります。これに対して「毒の小瓶」をウソダマにして発射しましょう。

次にフェーズ14の「閃きアナグラム」後に「百田」が「そんな道具はない」と述べる部分があります。それに対して「橋に浸かった看板」を発射することで裏ルートに入ることができます。

第5章ではフェーズ3の「ノンストップ議論」において「夢野」が「百田がプレスして殺された」と述べる部分があります。これに対してウソダマである「死体映像」を発射してください。

次にフェーズ11の「閃きアナグラム」後、「春川」が「あれに乗り込むのは〜」と述べるため、「電子ロックされた~」を発射することによって裏ルートに入ることができます。

上記で紹介した裏ルートの入り方以外には各章裏ルートに入ることはできません。そのためタイミングを外さないように気をつけてプレイすることをおすすめします。

カジノコインを簡単に増やす裏技

本作第2章からは「モノモノスロット」のあるカジノを利用することができるようになります。このモノモノスロットで遊ぶためにはカジノコインが必要ですが、集めるのが難しいため金欠になりやすくなっています。

しかしカジノコインを簡単かつ確実に増やすことができる裏技があります。以下に紹介をしていきましょう。

その方法とは「ALLBET(コインを7枚全て掛ける状態)」でモノモノスロットを回し続けるというものです。連射コントローラーがあればさらに楽に連打をすることができます。

コインは最初の方には消費されていく一方ですが「SCATTER」が揃い始め、ボーナスゲームが始まるとコインが増えていくようになります。特にボーナスゲーム中は獲得コインが増える役が揃いやすいため少しずつコインが増えていきます。

消費コインと獲得コインの差がわずかなため増え方は地味ではありますが、地道に続けることによってコインが確実かつ簡単に増加します。

ちなみにモノモノスロットを使用したこの裏技を使用する際には、カジノコインが10,000枚ほどある状態が理想的です。ある程度の元手があった方が回し始めのコイン消費に耐え得るからです。

キャラクター/声優紹介

赤松 楓(神田沙也加)

本作「ニューダンガンロンパV3」の主人公であり、ポジティブで社交的な性格をしているピアニスト。ロングヘアーにチャームポイントのアホ毛があり、楽譜の柄をしたスカートと「♪」の形をしたヘアピンをつけているところが特徴です。

学園長であるモノクマに対しては「みんなのコロシアイ新学期」に巻き込んだことに対する憎悪を抱いており、学園の生徒全員と一緒に脱出をするという目標を掲げています。

どんな人に対しても明るく接して仲良くなろうとする姿勢から多くのキャラクターに愛されています。

一方で目標達成のために奮起することによって周囲が見えなくなり、迷惑をかけてしまうということも。友達からは「ピアノバカ」「周りが見えない」と言われることもあり、ピアノの腕前がある一方でどこか抜けたところもある愛されキャラです。

そんな赤松 楓のキャラクターボイスを担当するのは「神田沙也加」さんです。

神田沙也加さんと言えば、ディズニー映画「アナと雪の女王」で王女・アナの日本語吹き替え役を担当したことで一躍有名になった声優です。

ゲームでは本作の他に「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」のユナや「キングダム ハーツIII」のアナ役を務めるなど活躍をしています。

天海 蘭太郎(緑川光)

天海 蘭太郎は、自らの超高校級の才能を失念してしまっておりどのような能力が評価されて超高校級となったのかが謎の人物です。

体のいたるところにアクセサリーをつけていたり、派手な服装からチャラチャラとした雰囲気があります。しかし一方で「みんなのコロシアイ新学期」に巻き込まれてしまった際にはモノクマに対して冷静な態度で詰め寄るなどの場面も見られました。

超高校級の才能以外にも謎が多い人物で学園の謎を知っているような言動をしたり、行方不明の妹がいるという過去を持っています。

ストーリー内でネイルアートが得意だという意外な一面が見られますが、これは妹が多い家族構成のために妹たちにネイルアートを施してあげていたという背景からくるものだと考えられています。

そんな謎の魅力がある「天海 蘭太郎」のキャラクターボイスを務めるのは「緑川光」さんです。

緑川光さんと言えば、アニメ「あんさんぶるスターズ!」の天祥院英智、「ワンパンマン」のガロウ、「ブラッククローバー」の謎の魔道士などメインキャラクターボイスを多く務める人気声優として知られています。

また自他共に認めるゲーマーで「スーパーロボット大戦シリーズ」や「ラグナロクオンライン」などが特に大好きな声優です。

モノクマ(TARAKO)

ダンガンロンパシリーズではおなじみのキャラクターで知られるモノクマ。今回の作品では「才囚学園 学園長」というポジションで登場しています。

これまでの作品同様に冷酷な性格をしており、「学級裁判」や「コロシアイ」「おしおき」が大好きで、特に「おしおき」の際には「エクストリーム」という決めゼリフと共に快感を得るという癖を持っています。

ちなみにモノクマと常に行動を共にする「モノクマーズ」たちはモノクマの子供だと自称するクマタイプのロボットで、モノクマ曰く「かわいい我が子」。しかしモノクマーズがいなくなってしまっても全く気にしないというところからもモノクマの冷酷さがよく表現されています。

そんなモノクマのキャラクターボイスを務めるのが「TARAKO」さんです。

TARAKOさんと言えば、アニメでも「ダンガンロンパ3 -The End of 希望ヶ峰学園-」のモノクマを担当しており、他には「ちびまる子ちゃん」のさくらももこ役、ゲーム作品で「ONE PIECE アンリミテッドワールド レッド」のパト役などを務めています。

モノクマと言えば以前は大山のぶ代さんが声優を担当されていましたが、本作からはTARAKOさんが担当をすることになり話題となりました。

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期(PS4)の作品情報

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期(PS4)のジャケット画像

発売日
2017/01/12
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社スパイク・チュンソフト

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期(PSVita)の作品情報

ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期(PSVita)のジャケット画像

発売日
2017/01/12
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社スパイク・チュンソフト
ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期のユーザ評価

評価数:558件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザのニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期の評価
  • 今まで以上に奇想天外なトリックが面白い! 本編以外にも様々なゲームモードがあってろり長く楽しめる。
  • ダンロン安定の面白さです。前作までにはなかった新しい展開で先が気になる緊張感は最高に興奮します……っ!エンディングまで辿り着いた時に本当の意味でダンガンロンパの真実を知ることになります。
  • この作品は最高傑作だったと思います。 事件のトリック(特に一章には度肝をぬかれました。)や個性的なキャラクターなど、過去作に匹敵またはそれ以上の出来だったと思います。 ラストのオチはもちろん賛否両論になる内容であると思います。 でも、賛否両論ってことは色々な見方、様々な考えかたができるということだと私は考えています。 私個人はこの作品のラストには製作陣が伝えたかったメッセージがしっかりと込められていると思います。