ソードアート・オンライン フェイタル・バレットのジャケット写真

TPSスタイルのバトルに、成長性・物語性といったRPGの快感が加わり、SAOはTPSRPGとして新生します。
舞台は銃と鋼鉄の世界《ガンゲイル・オンライン》。新人プレイヤーとしてログインした「あなた」は、偶然手に入れた貴重なサポートAI《アファシス》を相棒に、激しい運命の物語へと巻き込まれていきます。この物語の主人公は、英雄ではなく「あなた」なのです。
今回は『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』のストーリー、裏技・攻略テクニック、登場キャラクターについてまとめました。

ジャンル:マンガアニメ、発売日:2018/02/08、発売会社:株式会社バンダイナムコエンターテインメント

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ソードアート・オンライン フェイタル・バレットのストーリー・ネタバレ

ストーリー

VRMMORPGである「ソードアート・オンライン」の中に10,000人以上のプレイヤーが囚われ「ゲームオーバーをすると死んでしまう」という極限状態を強いられた「SAO事件」。この事件はキリトというプレイヤーによって切り抜けることができました。

しかし「SAO事件」があっても尚、人々はVRMMORPGの魅力から離れることができませんでした。

「SAO事件」の危険性を取り除くためVR機器である「ナーヴギア」は「アミュスフィア」へと移行し「ザ・シード」と呼ばれる制御システムが普及したことで安全性が高まり、世界的に最もVRゲームが流行する世界に突入することとなります。

様々なVRMMORPGが生まれる中でひときわ異彩を放つ「ガンゲイル・オンライン」。その世界観は過去の世界大戦によって破壊され尽くされた地球です。

プレイヤーキル・犯罪など非倫理的な行為を自由にすることができるゲームの中、プレイヤーは「最強のガンナー」を目指し戦いを始めることとなりました。

銃と鋼鉄の世界「ガンゲイル・オンライン」の中で主人公たちはどのように生き抜いていくのでしょうか。このようなバックグラウンドのもとスタートします。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=UQLIKOqP8UE

エンディング前半

主人公たちは最後の戦いに向かって長い通路を走り抜けていきます。そうすると大広間が見えてきました。そこに本作のラスボスである「オブザービング・ハイエロファント」が突如出現します。

主人公たちの背丈の10倍以上もあろうかという巨大な肢体で主人公たちを死滅させんと容赦無くミサイルやレーザーなどを放ち、足で踏み潰しにかかります。

そんなボスの攻撃に苦戦する主人公たち。粘り強く「オブザービング・ハイエロファント」へダメージを与え続けます。

そうすると「オブザービング・ハイエロファント」は前のめりの倒れ光とともに消滅しました。ついに「ガンゲイル・オンライン」のボスに勝利したのです。

仲間たちは主人公の元に駆け寄り勝利の喜びを分かち合います。

主人公は仲間の母「マザーコンピュータ」を助けるという目的を果たすため、大広間の奥にある「マザーコンピュータ」へ駆け寄ります。

「ありがとう、あなたのおかげで私は正常になりました。そして、アファシスA290-00のマスター、その仲間たちよ。『SBCフリューゲル』の危機を救ってくださり感謝します。」
「この船のメインコンソールにあなたと、そしてスコードロンの名を刻み、永遠にその功績を残すとしましょう。」

「マザーコンピュータ」は主人公たち一行の功績を讃えます。

エンディング後半

「お疲れまさ!クエストクリアをみんなでお祝いしましょう。」

主人公たちは拠点に戻ってきました。そして「マザーコンピュータ」を救った功績をパーティで祝います。たくさんのご馳走に、お祝いに駆けつけてくれた仲間たち。みんなで乾杯をしてパーティが始まります。

「よし、それじゃあ『SBCフリューゲル』最終クエストを祝って乾杯!」

みんなが主人公に声を掛けます。「ナイスファイト!」「よくやったな!」「おめでとう!」そこにバサルト・ジョーも駆けつけてきて、さらにパーティは盛り上がります。

そこで画面が移り変わります。イツキが浮かない顔で佇んでします。バサルト・ジョーが声を掛けているところにツェリスカが近寄りってきて「珍しい組み合わせね〜」と声を掛けました。

イツキは主人公たちの勝利を素直に祝えないで佇んでいたのでした。イツキは言います。「サイアクな気分なので失礼するよ。」

そんなイツキを見て「まるでおもちゃを取られた子供のようね」と揶揄します。主人公たち一行はそんなイツキの存在も知らずパーティで祝勝会を続け、エンディングを迎えます。

ソードアート・オンライン フェイタル・バレットの裏技・テクニック

エイムスキルを上達させるコツ

「ソードアート・オンライン フェイタル・バレット」では、敵に対して効率よく弱点部位を狙って攻撃していくということが攻略をする上で重要なポイントです。プレイヤーのエイムスキルが低ければ、それだけで雑魚敵を倒すのにも時間がかかってしまうためできるだけエイムスキルはあげておきたいところ。

こちらではゲーム攻略のポイントとなるエイムスキルを上達させるコツを紹介しておきましょう。

まず1つ目のコツは「カメラの回転速度設定を遅くしておく」ということです。エイムスキルが高いプレイヤーほどカメラの回転速度設定を速くしているのですが、エイムスキルが低いプレイヤーはまず回転速度を遅くして慣れていくことが大切です。

なぜならカメラの回転速度を速くするとエイムがブレてしまい、狙いづらいからです。

設定自体は「System画面」の「オプション」から「カメラ回転速度」を下げておくだけで構いません。

これでエイムを合わせようとしたときに、標準が上下左右にブレてしまう現象がかなり緩和されるはずです。

2つ目のコツは「エイムを合わせる時にはバレットサークルを見る」ということです。自分のキャラクターを見ながら撃っている人はいつまでもエイムが上手くなりません。

バレットサークルを見て敵に照準を合わせられるようになると、かなりエイム精度が上がります。

レアな武器入手&経験値ゲットの効率が高い方法

RANK7の武器の中でも特にレア度の高いものは、エネミーからのドロップすらされません。そのため多くのプレイヤーが「素材屋」などからレア度の高い武器を購入しているはずです。

しかしそれでは「レジェンド武器」をゲットすることがなかなかできないのです。

そのためこちら紹介するのは「エネミープレイヤー」を倒すことによってRANK7のレア武器のドロップを狙うという方法です。特にレア武器ゲットの効率をあげるためには、エネミープレイヤーを倒して、復活することを待って、再び倒す(リスキル)ということを繰り返す他ありません。

こちらではエネミープレイヤーを効率的に倒す方法を紹介します。

まず忘却の森でエネミープレイヤーが出現する場所を探しましょう。そこで敵がリスポーンするタイミングを見計らって重力弾を撃ち込みます。

そしてレジェンド武器が出たタイミングを見計らってアイテム回収をします。こうすることによって、1回1回回収することにより起こる重量オーバーの問題を回避することも可能です。

これで効率よくレジェンド武器を回収しつつ、経験値についても大幅にゲットすることができます。

初心者が見るべきPVPの基本テクニックまとめ

最後にPVE(対PC戦)にかなり慣れてきたPVPビギナーの方に押さえておいてほしいテクニックを紹介します。

1つ目のテクニックは「全キャラクターをまずは使ってみる」ということです。ゲーム本編ではそのようなことをしなかったかもしれませんし、最初から使いたいキャラクターが決まっているかもしれません。

しかし全キャラクターを使用することによって、

・味方キャラクターの特性を理解できる
・味方キャラクターと相性のいいキャラクターを理解できる
・味方のパフやヒール弾などのサポートを得やすくなる

などのメリットがあります。全キャラクターの特性を理解することで立ち回りが有利になるはずです。

2つ目のテクニックは「他者からもらうバフを意識する」ということです。

その理由としては「他者から受けたバフの場合にはリチャージ時間がパフの持続時間より短い」というものがあります。一方で自分にかけたバフはリチャージ時間の方が長くバフ効果が切れている状態になりやすいのです。

そのため他者からのバフをもらい、戦場で自分のバフを使用することで、バフの継続時間が長くなり戦場でも有利に立ち回ることができます。

ソードアート・オンライン フェイタル・バレットの主要キャラ・声優

アルゴ(CV:井澤詩織)

情報屋として主人公にストーリー展開の鍵となる情報を提供してくれる、通称「ネズミのアルゴ」。

「特別にサービス!今週は無料で教えてあげるヨ。オイラはアルゴ。情報屋サ。」といったように個性的かつフレンドリーな口調で話しかけてくれるところが「かわいらしい」と人気の女性キャラクターとなっているようです。

ただ情報屋としての実力はずば抜けており「凄腕の情報屋」として業界でも知られるなどの一面も持っているということです。

また「Artificial Financial Adviser System Type-X A290-00(アファシス)」に対して関心を抱いており、調査を進めている。

ちなみにアルゴの声優は井澤詩織さん。井澤詩織さんと言えば、「とある魔術の禁書目録」や「デュラララ!!」「学戦都市アスタリスク」などといった数々の有名アニメーションで声優を務める超有名声優です。

またゲーム作品の声優としても多くの作品を残しており「ラグナロクオンライン〜光と闇の皇女〜」ではプレイヤーボイスを担当しており「スターオーシャン:アナムネシス」では「ベルダ・クレーマン」役を演じました。

キュートかつパッションのあるキャラクターボイスがアルゴにマッチしていると話題です。

レイン(CV:高木美佑)

「ALfheim Online(アルヴヘイム・オンライン)」では、キリト以外に唯一二刀流のプレイヤーとして存在していたのがレインというキャラクターです。また「GunGale online(ガンゲイル・オンライン)」はプレイしているものの””現実世界””が忙しくてなかなかログインできていないキャラクターでもあります。

サブマシンガンを2丁使って射撃をする腕前は抜群で、敵を寄せ付けないほどの乱れ打ちは他のキャラクターの追随を許さないほど。

一方で美貌端麗な容姿でメイド喫茶でバイトをしているという設定からか、メイドのようなビジュアルが特徴的です。しかし妹「セブン」が世間から祭り上げられる姿に心を痛め、レイン自身は目立つということに対しての抵抗感があります。

過去には「嘘つきレイン」と呼ばれギルドを追放された過去もありましたが、キリトたちとの出会いによってその運命は変わっていくこととなります。

そんなレインのキャラクターボイスを務めるのは高木美佑さん。

アニメでは「Wake Up, Girls!シリーズ」で岡本未夕を、ゲームでは「Shadowverse」の安息の従者や「グランブルーファンタジー」のミリンなどを演じている有名声優です。

2015年に発売された本作シリーズの「ソードアート・オンライン -ロスト・ソング」からレインの声優を担当しており、もはやお馴染みのキャラクターボイスです。

フィリア(CV:石川由依)

「ソードアートオンライン」時代にホロウエリアにてキリトから救い出されたのが「フィリア」という少女です。

キリトと出会った当時は敵だと思い込んでいましたが、ホロウエリアでの共闘を境にしてその後の探索にも同行することとなりました。

それ以前から自分のことを「トレジャーハンター」と称しており、「Artificial Financial Adviser System Type-X A290-00(アファシス)」をターゲットとして狙っています。

基本的にはアサシンのように隠れて行動をして遠くから狙撃をするというバトルスタイルとなっていますが、「ソードアートオンライン」時代に剣技の方も鍛えており、近距離戦となればソードの方も扱うことができるというキャラクターです。

フィリアのキャラクターボイスを担当するのは石川由依さん。

アニメでは「Fate/EXTRA Last Encore」の岸波白野を、ゲームでは「ソウルキャリバーV」のヨルハ二号B型や「二ノ国II レヴァナントキングダム」のアルフィニーなど、数多くのキャラクターボイスを務めています。

石川由依さんの、フィリアに乗せた熱演をぜひご期待ください。

ソードアート・オンライン フェイタル・バレットの作品情報

ソードアート・オンライン フェイタル・バレットのジャケット写真
発売日
2018/02/08
ジャンル
マンガアニメ
発売会社
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
さらに詳しく見る>
ソードアート・オンライン フェイタル・バレットのユーザ評価

評価数:197件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザのソードアート・オンライン フェイタル・バレットの評価
  • 原作ソードアートでもGGOの世界観は特に好きだったのでこのゲーム化は嬉しい。時間を忘れて何時間もやってしまった
  • 本当にソードアートオンラインの世界に入り込んだような、リアルなゲームで楽しかった。 まだ序盤しかやっていないけれど、ガンゲーム自体が初めてだから新鮮で楽しい。 好きなキャラも出てきて嬉しい。 あと、今までのソードアートオンラインのゲームと違って、自分が主人公になって、しかも自由にキャラメイクできるからそれが楽しくて仕方ない。 ストーリーも面白そうだし、クリアまで飽きることなく遊べそう!買って良かった!

参考URL
・youtube.com