SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEのジャケット写真

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』は戦国末期の日本を舞台とした、RPG要素を備えたアクションアドベンチャーゲームです。刀と刀がぶつかり合う手に汗握る剣戟、多彩な攻略を可能にする義手忍具、鉤縄を使ったダイナミックな移動・探索など、本作ならではのアクションを楽むことができます。今回は『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のストーリー・エンディングについてまとめました。

ジャンル:アクション、発売日:2019/03/22、発売会社:株式会社フロム・ソフトウェア

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のストーリー:命を助けられた忍びと主の物語

舞台は戦国時代。剣聖の葦名(あしな)一心が一代で築き上げた国が滅ぼされようとしていました。その戦いのなかで主人公の狼は、大忍びである梟に拾われます。

忍びとしての修行を積み成長した狼は、梟の命を受け不死身の力「竜胤」を持つ御子に使えることになり、さまざまな任務をこなしていきます。しかし、屋敷が何者かに襲われ、御子を奪われてしまいます。狼は御子を取り返しに向かい一度は奪還しますが、葦名一心の孫である葦名弦一郎に阻まれ、左腕を切り落とされてしまった上に、またも御子を奪われてしまいます。

その後、狼が目覚めたときには自分の手が義手になっていることに気づき、近くにいた初老の男・仏師に尋ねると、仏師がつけたものであることがわかりました。そして、その義手には忍具をつけられるという説明を受けた狼は、義手を活用して御子を助けることを決意します。

仏師や薬師のエマなどにも支えられ、葦名弦一郎のいる葦名城へ乗り込み、葦名弦一郎と葦名一心を倒します。そこには傷ついた御子が倒れていますが、過去に手に入れたアイテムやどのような選択をするかで、その後に続くエンディングが変化します。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=h6exlpcsmRc

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のエンディング1 不死断ちエンド:桜竜の涙を飲ませる

不死断ちエンドは内容としてバッドエンドといえるエンディングです。基本的に特殊な選択をすることなく見ることができます。

倒れている御子に桜竜の涙を飲ませた後、御子が発したのは「不死断ちをお願いできますか」という言葉でした。御子はその命と引き換えに、不死にかかわる力を持つ御子の血を巡る争いに終止符を打つことを望むのです。今まで御子に仕えてきた狼と、狼を信頼してきた御子の関係だからこそできるお願いで、その願いを聞き入れ狼は御子に刀を突き立てます。

どれだけのときが過ぎたかはわかりませんが場面は変わり、狼に義手を与えた初老の男性のように、ひとりの男が木を彫っているシーンです。その横でエマが「あなたが持っていてください、いつか力を求めた新しい忍びが来るでしょう」と義手を差し出します。その木を彫っている男は、主を失った狼でした。いずれ自分と同じように力を必要としている忍びが来るときを待っているのかもしれません。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のエンディング2 人返りエンド:桜竜の涙と常桜の花を飲ませる

常桜の花は事前にストーリー上でアイテムを入手する必要があります。不死断ちエンドでは御子が命を落とすこととなりましたが、このエンドでは御子が生き残り、狼が亡くなるエンディングです。

御子が目を覚ます前に「最後の不死を成敗する」として狼は自害します。御子から竜胤の力を授かった従者が命を絶つことで、御子を竜胤から解放することができるためです。

それから場面は変わり、狼のお墓参りをしているエマの横に御子が現れるシーンになります。ふたりの話のなかで御子は、「人として懸命に生きて、人として死ぬ」ためにその地を離れること、それは自分に仕えていた狼を見て決意したことだと、エマに言い残して去っていきます。御子の心のなかで狼が忘れられることはないでしょう。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のエンディング3 竜の帰郷エンド:桜竜の涙と氷涙を飲ませる

竜の涙を飲ませた後、御子を抱えて狼はエマのもとへ向かいます。エマが術をかけると御子はエマの体内に吸い込まれ、御子の姿は消えてしまいます。その後エマは因果を断ち切るために、西にある竜の故郷へ向かう旅に出ますが、狼はそのエマを主としてついていくというエンドです。

結果として御子が生き残るエンドではありませんが、狼は自害せずに自分の手で御子の命を断つわけではないので、一番のハッピーエンドであるといえます。また必要アイテムである氷涙を手に入れるためにこなすイベントにて、御子におはぎをつくってもらうなどのシーンを見られるのでキャラクターへの思い入れなども深まるでしょう。

『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』のエンディング4 修羅エンド:御子を捨てる

このエンディングは、ストーリー序盤で特定の選択肢を選ぶことによって見ることができます。

序盤で主である御子を守る命を受けますが、その人物と再会したときに「主を見捨てよ」といわれるシーンが出てきます。その理由が竜胤の力を求めていることがわかりつつも、御子を見捨てる選択をすると修羅エンドにつながります。

狼は自分を忍びとして育てた父やエマをも倒し、まるで竜胤に取り憑かれた敵キャラクターのようになってしまいます。「そなたは修羅ではない」と狼を信じる御子の遠くからの叫びもむなしく、狼は修羅として多くの死者を出します。葦名の国は多くの犠牲者が出る舞台となってしまうナレーションを最後に物語が終わってしまうエンドです。

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEの作品情報

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEのジャケット写真
発売日
2019/03/22
ジャンル
アクション
開発会社
株式会社フロム・ソフトウェア
SEKIRO: SHADOWS DIE TWICEのユーザ評価

評価数:120件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

ゲオユーザのSEKIRO: SHADOWS DIE TWICEの評価
  • 苦労して、ボスを倒した達成感ったら半端ない!!アクションが大好きで心折れずチャレンジできる人はオススメの作品です。
  • 今までやってきた死にゲーの100倍は難しいと思いました。二周目に入って最初よりは楽に倒せると思いましたが強すぎて何度ディスクを叩き割ってやろうかと考えましたが倒した時の達成感と技が多く使えるようになったら楽しいです!
  • 高難度のアクションゲームに飢えている方に是非オススメしたい一本。 雑魚、ボス共に相手の動きを覚え、的確に対処しなければあっという間に殺されます… いわゆる「無双ゲー」のように敵の群れに飛び込もうものなら返り討ちにあう為、いかに敵に見つからずに一人ずつ仕留められるか考えて動かなければなりません。 一人のボスを倒すまで数時間死に続けることも珍しくない為、忍耐力も試されます笑 その分、強敵を倒したときは他のゲームでは味わえないほどの達成感がありますよ! また、エンディングも複数ある為、全て見るには周回プレイが必要となります。 面倒に思えるかもしれませんが、個人的には周回プレイこそこのゲームの醍醐味だと思っています。 一周目で数時間かけて何とか倒したボスを五分で片付けられるようになった時は、自分の成長っぷりを実感できました笑 少しでも興味がある方は是非買ってプレイしてみてください!値段以上の価値はありますよ!

参考URL
・youtube.com