大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALのジャケット写真

お互いをぶっとばし合う対戦アクションゲーム『スマブラ』がNintendo Switchに登場!

過去シリーズに登場したファイター全員が参戦します! おなじみのキャラ・新たに参戦するキャラ総勢70を超える数! 白熱したバトルが全世界で開催されていることでしょう!

今回は『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』のストーリーとキャラクターについてまとめました。

ジャンル:任天堂キャラクター、発売日:2018/12/07、発売会社:任天堂株式会社

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリー/エンディング

始まり:キーラの登場!

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALには「灯火の星」というストーリー(アドベンチャー)モードが存在します。こちらではそのストーリーモードを解説します。

「今日こそ決着をつけてやる!」フォックスが最大の敵・キーラに向けて銃を突きつけます。その後ろにはマリオやゼルダを始め全ての大乱闘スマッシュブラザーズのファイター達の姿もあります。宙には無数のマスターハンドが浮かんでおり、その中心にはキーラの姿もありました。

戦いが始まろうとしたその瞬間、宙にブラックホールが現れそこからまばゆい光の球が打ち出されました。そしてその光の玉にファイター達は次々と飲まれていきます。

その光弾から逃げ切れたのはカービィただ1人。宇宙はキーラの放つ光によって飲まれていってしまいました。カービィはスターライドでただ1人、荒廃した世界に残されます。光弾に飲まれたファイターズ達はキーラの力によってマインドコントロールがなされていき敵となってしまいます。

カービィはそんな仲間とのバトルを通して仲間の意識を取り返していくことになります。こうして大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALの幕が開けました。

ストーリーを進めていき、キーラを倒して無事エンディング・・・とはならず、次はなんと闇の勢力ダーズが登場。更なる戦いが繰り広げられます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=MqhPRopjbGI

光の勢力キーラが勝利するエンディング

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALには、複数のエンディングがあります。こちらでは「光の勢力キーラが勝利するエンディング」をご紹介します。

光の勢力キーラが勝利するエンディングでは最後のボスはもちろん闇の勢力の長・ダーズとなります。

最後のバトルで、ダーズに対して最後の1撃を与えることでダーズの身体はボロボロと空に散っていき消えていきます。そこでバトル画面からムービー画面に移り変わります。

ダーズが支配していた暗黒の空の中には無数のマスターハンドたちが浮かんでいます。そしてダーズはそんなどす黒い空の中で黒い煙を出しながら身体中から爆発を起こしていきます。

すると暗黒の世界にまばゆい光の線が飛んでいきます。これは最初に大乱闘スマッシュブラザーズのファイターズを飲み込んだキーラの光弾です。

キーラの光弾はダーズの身体に次々と刺さっていき、ダーズの身体を滅ぼしていきます。ダーズをボロボロにしたと思った瞬間、視点はダーズの眼球が見据える先の空に移り変わり遠くの空で閃光が放たれました。

その瞬間、ダーズの身体が同じように閃光で光り輝きトドメの爆発をしました。その閃光によってダーズの身体は燃えかすのようにして散っていきます。

勝利した光の勢力・キーラはその身体の中心に光を集めていき、貯めた光を一気に放ちました。すると残されたダーズの手下であるマスターハンド達もダーズ同様に滅ぼされていき、ダーズの闇によって暗黒の世界と化していた地球は一気に光の世界へと変わりました。こうして光の勢力キーラが勝利し、ストーリーは終わります。

闇の勢力ダーズが勝利するエンディング

次に「闇の勢力ダーズが勝利するエンディング」をご紹介します。

闇の勢力ダーズが勝利するエンディングでは、最後のボスは光の勢力のボス・キーラとなります。キーラとの最後のバトルで、キーラに対して最後の1撃を与えることで、キーラはステージに散っていきます。そこでバトル画面からムービーに切り替わります。

キーラはその巨大な身体のいたるところから爆発が起き、キーラの身体を中心に闇が伸びていきます。その闇はマスターハンドたちを突き刺し、力を失ったキーラの身体をも縛り付けていきます。

闇の鎖によって括り付けられたキーラはそのまま天高く、太陽に掲げられました。キーラをむしばむ闇の鎖が地球の光を奪っていきます。闇の力は拡大していき生物達の力を奪い、マリオは力なく倒れていきました。

地球全体も徐々に闇の力に支配されていき、世界が暗黒によって包み込まれていきました。そう、この力こそ闇の勢力ダーズが光の勢力キーラを倒した瞬間だったのです。

光を失った地球で不気味にダーズの眼だけが輝いています。こうして闇の勢力ダーズが勝利し、ストーリーは終わります。

キーラとダーズを同時に倒したときのエンディング

キーラとダーズの両方と同時に戦い、倒すと真のエンディングを見ることが出来ます。光の力が強すぎても滅びてしまう、闇の力が強すぎても滅びてしまう、ならば光と闇の2つを同時に倒せばよいということです。

ラスボス2人を相手にするくらいの大変なバトルに勝利すると、キーラとダーズの双方が海に落ちて消滅していきます。それと同時に、光のストリームが発生し天高くへと高く舞い上がっていきます。

BGM「命の灯火」とエンドクレジットとともに、これまでのハイライト映像が流れます。

キャラクター/声優紹介

マリオ

マリオは、つばの上にMと書かれた帽子と青いオーバーオール、鼻の下の髭がトレードマークの人気キャラクターです。
マリオの凄いところは世界最高のゲームキャラクターとしてギネスブックにも認定されており、世界で一番有名なゲームキャラクターでもあります。

そのマリオの声を担当しているのはアメリカの声優であるチャールズ・マーティネーさんです。
彼は1996年発売の「スーパーマリオ64」からマリオの声を担当するようになり、以降現在に至るまでマリオが出演するたくさんのゲームにも出演しています。
チャールズ・マーティネーも2018年に同一キャラクターを100作出演した記録として、ギネスブックに認定されたのです。

ピカチュウ

御存知「ポケットモンスター」シリーズの代表的なキャラクターで、アニメでは主人公のパートナーとなって活躍し、本作品では素早い動きと復帰能力・コンボ性の良さで軽量級最強キャラクターとして登場します。

ゲーム内のピカチュウの声を担当しているのは大谷育江さんで、アニメはもちろん映画でもピカチュウの声を担当しています。
他にも「ONE PIECE」のチョッパー、「金色のガッシュベル」のガッシュベル、「名探偵コナン」の円谷光彦や、他にも洋画の吹き替えやゲームなど声優として幅広く活躍しています。

カービィ

主人公のカービィは本作品では復帰能力が高く、ファイターがたくさんいるとコピー能力を使うことができるのも人気です。
「灯火の星」ではメインで登場し子どもの頃から馴染みのあるキャラクターとして愛されています。

カービィの声を担当しているのは大本眞基子さんで、男女問わず天然キャラや天才少年の役柄が得意としている声優です。
本作では「MOTHER2 ギークの逆襲」の主人公、ネスの声も担当しています。
その他にも「クレヨンしんちゃん」の役津栗優や二代目ミッチー、「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」の舞薗さやか、ゲームでは「戦国無双」シリーズの稲姫役などを担当しています。

リンク

「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」の主人公のリンクも登場します。
リンクは青い目と金髪のハイリア人の青年で、原作では100年の眠りによってリンクの力は衰えている設定からゲームは始まります。
本作品では飛び道具を自在に扱い、弾幕を貼りながらダメージを稼ぎますが、モーションが遅いので近距離戦に持ち込まれると危険です。

リンクの声を担当しているのは高梨謙吾さんです。
テレビアニメの「エリアの騎士」「銀の匙」を始め「遊戯王」などに出演しており、「仮面ライダー ウィザード」では仮面ライダーの声も担当しています。

ガオガエン

「ポケットモンスター サン・ムーン」に登場しているガオガエンが、新たに本作品より登場しています。
ガオガエンは、プロレスがモチーフの技が多く、投げ技が少し強めに設定されています。

声を担当しているのは石塚 運昇さんです。
「ジョジョの奇妙な冒険」のジョセフ・ジョースターや「ポケットモンスター」のオーキド博士を担当。その他、吹き替えやナレーションなどでも活躍していましたが、2018年8月13日、残念ながら亡くなりました。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALの作品情報

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALのジャケット画像

発売日
2018/12/07
ジャンル
任天堂キャラクター
発売会社
任天堂株式会社
さらに詳しく見る>
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALのユーザ評価

評価数:1198件
評価 :★★★★☆(4.5/5)

ゲオユーザの大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALの評価
  • 単純にすごく面白い。やり込み要素があり、自分の好きなキャラクターを使い続けているとだんだんと愛着が不思議と湧いてくる。
  • かなり面白くて時間も忘れてやってしまいます。
    登場キャラクターも多く、自分のお気に入りのキャラを見つけるのも楽しみのひとつです。
    複数人で遊ぶことを前提に作られているゲームなのでしょうがないのですが、アドベンチャーモードが終わると一人だと特にやることがないです。
    前作まであったホームランコンテストやターゲットを壊せやステージ作りなども今作ではなくなっています。
    今後のアップデートでの追加を願うばかりです。
  • 面白いです。
    「挑戦者が強すぎる」という意見の方がみられますが、私は発売日の夜には全キャラ解放しました。挑戦者に勝てない=実力が無いのですから少し練習なさってはどうでしょうか。このゲームの価値を下げないで頂きたい。