Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダーのジャケット写真

3人称視点アクション・アドベンチャー『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』で銀河を旅して冒険を繰り広げよう。

帝国とその恐るべき尋問官たちが迫りくる中、ジェダイ・オーダーの復活を目指すために、引き裂かれた自身の過去を拾い上げ、ジェダイの訓練を完了し、新しい強力なフォース・アビリティを身に着けて、ライトセーバーの技をマスターせよ。

ジャンル:TV/映画、発売日:2019/11/15、発売会社:エレクトロニック・アーツ株式会社

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリー/エンディング

ストーリー

本作「スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー」のストーリーは、映画「スター・ウォーズ シスの復讐」の5年後の世界。ジェダイの騎士たちによって守られて来た平和は、帝国軍によって破壊されることとなります。

帝国軍と共和国との戦いは銀河を分かち、オビ=ワン・ケノービやアナキン・スカイウォーカーたちも戦争に参加。また、銀河の秩序を守るためにパダワンたちも指揮官として訓練されることになりました。

しかし、共和国に隠れた脅威が迫っていました。

帝国軍のシディアス卿が、共和国最高議長シーヴ・パルパティーンに扮し、共和国軍に潜んでいたのです。

メイス・ウィンドゥたちは、シディアス卿の正体に気づき、パルパティーン議長を拘束。しかし、シディアス卿は密かにアナキン・スカイウォーカーの心を操ることに成功していました。

アナキン・スカイウォーカーはメイス・ウィンドゥたちを倒し、ダークサイドへ。そして、ダース・ベイダーと名乗ることとなります。

圧倒的に劣勢となった共和国軍。そんな状況下で、カル・ケスティスという若者がフォースの力を持つ者を狩る帝国軍から隠れて生活をしていました。

しかし、ついにフォースの力を使っているところを帝国軍に見つかってしまいます。

カル・ケスティスに残されたのは、ジェダイとなり、自ら活路を切り開くのみ。

本作はカル・ケスティスという人物が主人公となってストーリーが展開していきます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=v_AL05ixaac

エンディング

カル・ケスティスの前にダース・ベイダーが現れます。

「降伏した方が身のためだ」

ダース・ベイダーは次々とカル・ケスティスの仲間を殺し、降伏を促します。

そんなダース・ベイダーにカル・ケスティスは襲いかかりますが、強力なフォースの力に押さえ込まれ、逃げることに。

しかし、ダース・ベイダーに対してカル・ケスティスのフォースはあまりにも貧弱。ライトセイバーも奪われてしまいました。

「ホロクロンを渡せ」

ダース・ベイダーはBD-1に記録されている機密情報を渡すよう、カル・ケスティスに命令します。

「お前には渡さない」

そこにシアが現れ、ダース・ベイダーに襲いかかります。シアはフォースの力でダース・ベイダーと拮抗。しかし、徐々にシアは暗黒面へと引き込まれそうになっていきました。

カル・ケスティスが最後の力を振り絞り、シアを救出し、船から外へ逃げ出します。しかし、外は海。徐々に意識を失っていきます。

気づくとカル・ケスティスは味方の宇宙船にいました。シアとカルはなんとかダース・ベイダーから逃げ出すことができたのでした。

カル・ケスティスと仲間たちは、その場でホロクロンを叩き切ります。フォースの力を持った人々の情報が記録されたデータは消滅したのです。

カル・ケスティスはこう言います。

「彼らの未来はフォースに委ねるべきだ」

こうして本作「スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー」はエンディングを迎えました。

裏技/テクニック

序盤の攻略テクニック バトル編

まずはバトルに関わる序盤で役立つ攻略テクニックをまとめてご紹介します。

1つ目は、崖を利用して敵を倒すということです。

強い敵キャラクターが出て来た際に真正面から受けて立つと、体力がどれだけあっても足りません。もし近くに崖があるのであれば、崖に背中を向けてギリギリの場所で戦いましょう。

敵キャラクターは、たまにモーションの大きな攻撃を仕掛けて来ますので、それをうまく避けることで、落下させることが可能です。

2つ目は、どんどん積極的に攻撃を仕掛けにいくということです。

敵に囲まれている状態では守りつつ攻めることになりますが、1対1の場合はスタミナを削る目的でもどんどん攻撃を仕掛けていくと良いでしょう。

スキル「オーバーヘッド・スラッシュ」を解除しておけば、スタミナを削ることが簡単になります。敵キャラクターのスタミナがなくなれば、ダメージをかなり与えやすくなるため、おすすめです。

3つ目は、フォースを駆使するということです。

ライトセイバーの扱いが上手くなればフォースを使わなくても攻略することができるのですが、後半に行くほどフォースの有用性が高まるため、序盤でフォース慣れしておくことがおすすめです。

序盤の攻略テクニック アイテム・スキル編

次に、アイテムやスキルに関わる序盤で役立つ攻略テクニックをまとめてご紹介します。

1つ目におすすめするのは、積極的にBD-1のスキャンを行っていくということです。

ボガーノでBD-1と出会った後は、敵キャラクターやアイテムなどをスキャンすることが可能です。スキャンをした後に瞑想ポイントで経験値に変えることで、レベルを上げることができます。

またフィールド内でスキャンを行うことで、秘密データなどを解除することができる可能性があります。

2つ目は、ボガーノを攻略した後、惑星ゼフォではなく惑星ダソミアに向かうということです。

通常プレイをすると、すぐに攻略ができる惑星ゼフォに向かう流れなのですが、ダソミアでは「ダブルセイバー」をゲットすることができます。

ダブルセイバーは強敵と戦う際に持っているとかなり戦いやすくなるため、できるだけ早い段階で手に入れておくことがおすすめです。

3つ目は、スキルポイントをゲットしたらできるだけ早く使ってしまうということです。

敵キャラクターに倒されてしまうとスキルポイントを全て失ってしまうため、必要最小限のポイントが貯まった段階ですぐに使いましょう。

また、スキルではサバイバル系のスキルを優先的に解除しておくと攻略に役立ちます。

キャラクター紹介

カル・ケスティス

本作の主人公であり、ジェダイの「マスター・ジャロ・タパル」からフォースの使い方を学んだパダワンのカル・ケスティス。

惑星ブラッカで師匠タパルとともに生活を送っていましたが、仲間に裏切られたことにより、タパルを失います。

それからは、帝国軍のジェダイ狩りから逃れるために身を隠して解体屋で働き、なんとか生活を送っていました。

ある日、事件が起こり、その中で友人を助けるために致し方なくフォースを使うことに。その姿が帝国軍に見られてしまい、追われることとなったのです。

この出来事がきっかけで、カル・ケスティスはジェダイの道を歩むことになりました。

その後は、ドロイドのBD-1やシア、ドリタスたちと行動をともにし、ジェダイ・オーダーを復活させるために戦いへと身を投じていきます。

BD-1

カル・ケスティスのドロイドであるBD-1。過去には、ジェダイ・マスターである「イーノ・コルドヴァ」と行動をともにして、古代文明を解明するためのデータ収集やアシスタントを勤めていた経験もあります。

帝国軍と共和国の戦いから、後にジェダイ・オーダーが壊滅することを推察したコルドヴァは、BD-1にフォースを使用することができる者たちのリストをホロクロンで収録。そして、重要な記録が悪用されないように暗号化を進めていました。

カル・ケスティスは暗号化されたBD-1の記録を再生できた数少ない人物の1人。この出会いがきっかけとなり、カル・ケスティスはジェダイ・オーダーを復活させる旅に出たのでした。

しかし、後にBD-1の記録は破壊されることになります。フォースを使用できるからといって、帝国軍との激しい戦いに参加することを強制するようなことはしたくないと、カル・ケスティスが意図的に壊したのでした。

ソウ・ゲレラ

クローン戦争の際、レジスタンス戦士として独立星系連合の敵兵と激しい戦闘を繰り広げたソウ・ゲレラ。

クローン戦争が終わった後には、銀河帝国のレジスタンスである反乱同盟軍と共闘することを決心し、再び戦争へ参加することとなります。

ソウ・ゲレラの戦いぶりは異常なまでに激しく、敵として戦った帝国軍兵士はもちろんのこと、共和国の人々すら恐るほど。

ソウ・ゲレラの戦い方を見た元老院議員の「ランソム・カスタルフォ」曰く「戦い方はテロリストそのもの」と言わしめます。

ソウ・ゲレラのチームは、基本的にクローン戦争でともに戦った仲間たちで編成されており、高い連携力で敵を圧倒。帝国軍からも反乱分子の重要人物としてマークされていました。

スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダーの作品情報

スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダーのジャケット画像

発売日
2019/11/15
ジャンル
TV/映画
発売会社
エレクトロニック・アーツ株式会社
スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダーのユーザ評価

評価数:37件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザのスター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダーの評価
  • スター・ウォーズを題材にしたセキロやダークソウルのようなアクションゲーでやりごたえのあるゲームです。 アクションが苦手な人でも出来るように難易度がいつでも変えられるのでライトセーバーで無双したい人にもオススメの面白いゲームです。
  • 神ゲーでした!! スターウォーズファンなら発狂レベルです!! 物語の面白さ、アクションの多彩さ全てに対して大満足のゲームです。最も発狂した部分はやはり最後でしたね、、、あの呼吸音からのダースベイダーの登場!!あの時の絶望感は最高です。是非やるべきゲームで間違いありません!!