ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション- のジャケット写真

舞台は再構築された仮想世界、アインクラッド。NPCの少女プレミアとの出会いからはじまる、アインクラッド創生をめぐる物語。
MMORPGらしさは残しつつもよりアクション性を高めたバトルシステムにより『ソードアート・オンライン』は疑似MMOアクションRPGへ進化!パーティメンバーも最大4人に増加。ヒロインやパートナーたちと仮想世界を冒険せよ!

ジャンル:マンガアニメ、発売日:2016/10/27、発売会社:株式会社バンダイナムコエンターテインメント

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリー/エンディング

ストーリー

本作「ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-」の舞台は2026年の日本。

かつて、アインクラッドという未踏のエリアがキリトという1人のプレイヤーによって破壊されたソードアート・オンライン上の事件は、「SAO事件」と呼ばれていました。

そんな「SAO事件」の後、テクノロジーはさらなる発展を遂げることに。

ゲームオーバーがリアル世界における「死」と直結するVRハード「ナーヴギア」は改善され、安全性の高まった「アミュスフィア」というVRハードに移行していました。

死へのリスクがなくなったVR世界はより一層、人々に浸透していき、これまでの歴史上最大の盛り上がりを見せることになります。

そして、かつてのソードアート・オンラインのサーバーが利用され、「ソードアート・オリジン」という名前のVRMMOが流行していました。かつてソードアート・オンラインを崩壊せしめたキリトもまた、ソードアート・オリジンの1プレイヤーとして参加しています。

ある日、キリトがログインをするとNPCの少女が目の前に登場。キリトにこう伝えてきました。

「私はアインクラッドに帰ってきた」

その言葉に何かを感じたキリトは、直感的に少女の発注するクエストを受注。そこから本作のストーリーは展開していくこととなります。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=7BEKpfSzx_U

エンディング

ついに主人公たちはラスボスを倒すことに成功しました。

「ここから先は本当に何が起きるかわからない」
「後は俺たちだけでプレミアとティアを助けるんだ」

主人公が言います。

ティアの思考がエネルギー体となって光を増していきます。

「人は信用できない。私は1人のまま」
「答えは見つからない。ずっとこのまま…」

ティアの思考から何者かが排出されました。それはティアの可能性。

「私の可能性は決められている。誰からも必要とされない不要な存在…」

ティアの思考は、ティア自身を苦しめる言葉を紡いでいきます。苦しむティアにプレミアが歩み寄りこう言いました。

「あなたはもう新しい可能性を見つけられる」
「人との繋がりを知ったのだから」

この言葉を後押しするかのように、他のメンバーもティアを励まします。そしてメンバー全員でティアを苦しめる思考を止めようと襲いかかります。

そして、ついにティアの思考にとどめを刺すことができました。

そこでアナウンスが流れます。

「プレイヤーの皆様にお知らせします。緊急メンテナンスの10分前となります。」

メンバーは、緊急メンテナンスに間に合わせることができたのです。

後日、メンバーたちは再びソードアート・オリジンの世界に集まりピクニックをしていました。危機を乗り越え、再び平和にゲームがプレイできるようになったのでした。

こうして「ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-」はエンディングを迎えました。

攻略/テクニック

効率的にレベルをアップさせるテクニック

こちらでご紹介するのは、マルチプレイの仕様を利用したレベルアップの方法です。

まずマルチプレイ設定を1人にしておきましょう。そして、宿屋でパートナーの変更を行う際に、メンバーを7人選びます。後は、ハードモード設定にしてクエスト内で見つけた雑魚的NPCをどんどん倒していくだけで構いません。

30分間ひたすら狩り続けることができれば最大5レベルまでは上げることができるでしょう。

戦いの中では、敵を倒すことだけを考え、メンバーが倒されても放置します。エリアを変更したら生き返るからです。

また、マルチプレイ設定の場合にはプレミアが死んでもゲームオーバーにならず、気を使わなくて済むというメリットがあります。

倒す敵はできるだけ自分よりも上のレベルのNPCを選びましょう。自分よりレベルが低い敵を倒しても獲得経験値が減少してしまうからです。

マルチプレイでメンバーを7人連れている状態であれば、自分よりも格上の敵であっても余裕を持って勝利することができるため、積極的にレベルが高い雑魚的NPCを倒しましょう。

もしメンバーが必要ない場合には、ソロでプレイするのがおすすめです。ソロプレイの場合、獲得経験値が2割増しになるからです。

効率的にお金を稼ぐテクニック

次に効率的にお金を稼ぐことができるテクニックをまとめてご紹介します。

序盤は何かと金欠で困ることが多いですが、そんな時におすすめなのが骸骨系の敵がドロップする「死霊類の防具片」集めです。

このドロップアイテムは、単価1,000円で買い取ってもらうことができるため、特に序盤では金策として有効でしょう。

「死霊類の防具片」を集める際には、「カルード地下狭道」がおすすめです。このダンジョンのトンネル内にいる骸骨系の敵を全員倒し、その後エリアチェンジをして、再びトンネル内に戻れば、また骸骨系の敵を倒すということを繰り返しましょう。

このマラソンだけですぐに「死霊類の防具片」をたくさん回収することができます。

またコボルドを何度も狩ることで金策を行うことが可能です。

まずはコボルドのいる玉座の前まで行きましょう。そしてコボルドを倒し、バトル後に出現するワープ装置で再びコボルドのいる場所の入り口にワープします。

ワープを終えると再びコボルドが復活しているので、同様に倒しましょう。

これを繰り返すだけで報酬が貰えるだけでなく、ドロップアイテムを全て売れば3,000円程度稼ぐことができるため、簡単にお金を貯めることができるでしょう。

キャラクター/声優紹介

キリト(CV:松岡禎丞)

本作のメインキャラクターで、いわゆる「SEO事件」の際にソードアート・オンラインの世界を崩壊して人々を救い出したプレイヤー。VRMMOの世界にハマり、SAOやALOなどさまざまなVR世界を渡り歩いてきた過去があります。

一見、中性的な顔立ちや細いボディラインから貧弱そうな印象を持たれがちですが、VRMMO内では屈指の戦闘力を誇り、多くのプレイヤーから一目置かれる存在です。

そんなキリトのキャラクターボイスを担当するのが「松岡禎丞」さんです。

松岡禎丞さんといえば、アニメ「あひるの空」の不破豹や「ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-」のフラット・エスカルドス、ゲームでは「キックフライト」のアウルベルトや「ダンキラ!!! – Boys, be DANCING! -」の月光院ノエルなどのキャラクターボイスを担当しています。

アスナ(CV:戸松遥)

ソードアート・オンラインがまだ崩壊していなかった時代、指折りのギルド「血盟騎士団」において副団長を担っていた女性アスナ。キリトとの出会いによって運命が変わり、キリトと共に生きていくことを決心しました。

華麗な太刀さばきが印象的なバトルスタイルで、その戦いぶりから他者からは「閃光」と呼ばれるまでに。話し口調は非常に優しいですが、心の中に譲れない信念を持っています。

そんなアスナのキャラクターボイスを担当するのは「戸松遥」さんです。

戸松遥さんといえば、アニメ「ポプテピピック TVスペシャル 朱雀ver.」のピピ美や「レイトン ミステリー探偵社 〜カトリーのナゾトキファイル〜」のアリー・ゴスペック、ゲームでは「イナズマイレブン 英雄たちのグレートロード」の服部半太や「ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントム ストライカーズ」のノワールなどのキャラクターボイスを担当されていました。

プレミア(CV:巽悠衣子)

NPC(ノンプレイヤーキャラクター)の少女プレミア。プレミアという名前自体もキリトたちに命名されたもので、それ以前は無名のキャラクターでした。

キリトがログインした際に突如として目の前に現れ、「私はアインクラッドに戻ってきた」という意味深な言葉を残します。

その後、キリトがプレミアに興味を持って、彼女から発注されるクエストを受けることでいつの間にか共にクエストをこなす仲間になっていきました。

そんなプレミアのキャラクターボイスを担当するのが、「巽悠衣子」さんです。

巽悠衣子さんといえば、アニメ「劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」の北山雫や「臨死!!江古田ちゃん」の江古田ちゃん、ゲームでは「バレットガールズ ファンタジア」の土居内麻衣や「VALKYRIE DRIVE -SIREN-」の桐原このえなどのキャラクターボイスを担当しています。

ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-(PS4)の作品情報

ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-(PS4)のジャケット画像

発売日
2016/10/27
ジャンル
マンガアニメ
発売会社
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
さらに詳しく見る>

ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-(PSVita)の作品情報

ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-(PSVita)のジャケット画像

発売日
2016/10/27
ジャンル
マンガアニメ
発売会社
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
さらに詳しく見る>
ソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-(PS4、PSVita)のユーザ評価

評価数:970件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザのソードアート・オンライン -ホロウ・リアリゼーション-(PS4、PSVita)の評価
  • 原作にはないオリジナルストーリーで展開される物語は、新鮮味があってとても楽しめました。プレミアのキャラクターが面白すぎる。
  • SAOの世界観がまんまゲームになっていて、SAO好きにとってはとても楽しかったです! キリトを操作するんじゃなく、自分で作ったキャラがキリトポジションになってるのがいいですね!