紹介している作品のパッケージを幾つかあわせたもの画像

レトロゲームには様々なジャンルのゲームが存在し、現在のゲームのベースを築いたものがたくさんあります。その中でもシミュレーションゲームは現在でも通用するユーザーインターフェースを備えているものもあり、今からプレイしても遜色なく楽しめるはずです。そしてレトロゲームならではの裏技が色々とあるのも面白いところ。また今回挙げているいくつかのタイトルは次世代機や携帯機に移植されたりしているので、比較的プレイしやすいタイトルといえるかもしれません。懐かしさを感じる方も始めてタイトルを知るという方もシミュレーションゲームの裏技を振り返ってみましょう。

伝説のオウガバトル

『オウガバトルシリーズ』の元祖。発売当初は開発人も「それほどヒットを期待していなかった」との情報もあったりします。チーム編成に頭をウンウン唸らせた人も多かったのではないでしょうか。

伝説のオウガバトルのジャケット写真
発売日
1996/09/27
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社アートディンク
GEOで購入!

タクティクスオウガ

『伝説のオウガバトル』が大ヒットしたことを受けて制作されたのが本作。

タクティクスオウガのジャケット写真
発売日
1995/10/06
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社クエスト
GEOで購入!
タクティクスオウガの評価

評価数:6件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザのタクティクスオウガの「絶賛」レビュー・評価
  • シュミレーションRPGの面白さを最高に楽しめる作品だった。伝説のオウガバトルでキャラの特殊ランクアップシステムと登場キャラに楽しみを覚え、次作品として登場したタクティクスオウガで立体ステージでのバトルやアイテム収集、仲間集め等、より頭を使う戦略主体性に、クリアー後も何度もやり込めた。まさに、珠玉の作品!今も大事に持ってます。勿論、分厚い攻略本も必需品
  • ドット絵の最高傑作と思います。PSP版もクリアしましたが、中毒性ありますね。 有名作家の方がやり込まれているくらいのできなので、気長にプレイできる方にはオススメします。 次作は諦めております。

大戦略エキスパート

当時人気だったパソコンシミュレーションゲームをスーパーファミコンに移植した本作。かなりリアリティの高い武器名が出てきてミリタリーマニアは興奮したはずです。

大戦略エキスパートのジャケット写真
発売日
1992/09/25
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社アスキー
GEOで購入!

バハムートラグーン

かのスクウェア・エニックスが発売したSRPG。ストーリー展開が非常に個性的で、発売当時は様々な情報が飛び交いました。

バハムートラグーンのジャケット写真
発売日
1996/02/09
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社スクウェア
GEOで購入!

FRONT MISSION

近未来のSFシミュレーションの代名詞ともいえるのが本作。濃厚なストーリーと共にヴァンツァーのカスタマイズ性が人気を集めた名作です。

FRONT MISSIONのジャケット写真
発売日
1995/02/24
ジャンル
シミュレーション
発売会社
株式会社スクウェア
GEOで購入!

まとめの一言

シミュレーションゲームの裏技についてみてきました。リアルタイムで進行するシミュレーションゲームとして知られる「伝説のオウガバトル」では名前を変えることで新しいストーリーや音楽を聞くことができました。「タクティクスオウガ」でも音楽を聴くことができ、2014年にも新しく裏技が見つかったとのこと。またシミュレーションゲームの基本にして傑作の「大戦略エキスパート」では面選択というこれまたオーソドックスな裏技があります。「バハムートラグーン」では特殊な操作をすることで移動距離を伸ばすことができる形です。ハードなストーリーと世界観が魅力の「FRONT MISSION」では主人公の顔アイコンを変えたりすることができます。裏技の面白さはもちろんですが、これらのゲームタイトルを見るだけでも懐かしくなるものです。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局