うたわれるもの 偽りの仮面のジャケット写真

獣の耳や尻尾を持つ「ヒト」が生活する世界を舞台に、群雄割拠する将たちの戦いを描くアドベンチャー+シミュレーションRPG。

自分の名前すら覚えていない状況に呆然と立ち尽くしていると、突然昆虫のようなバケモノに襲われ絶体絶命の危機に陥る。そこに現れた少女の名は「クオン」。命を救ってくれたのは獣のような耳と尻尾を持つ見目麗しい少女だった―。

ジャンル:恋愛青春、発売日:2015/09/24、発売会社:株式会社アクアプラス

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

うたわれるもの 偽りの仮面 ストーリー・エンディング

ストーリー

見覚えのないテントの中で1人の少女に介抱をされているところ、記憶を失っていたハク(本作の主人公)は目を覚まします。

ハクは少女がいなくなったところを見計らって、外に出てみました。そこにはこれまで見たことがないような広大な雪景色が広がっていたのです。

ほとんどの記憶を失ってしまっていたハクでしたが、おぼろげに記憶をかすめる家族を探すため、雪原の中を歩み始めました。

しかし、ふらふらとさまよっていたハクの目の前に巨大なモンスターが現れます。おぼつかない足取りでなんとか逃げ切ったかと思った刹那、他のモンスターからの攻撃を受けてしまいました。

その瞬間、先ほどハクを介抱していた少女クオンが現れ、ハクを助け出します。

クオンはハクが雪原で倒れていたところを助けたこと、ハクが異文化の中に迷い込んでしまったことなどを懇々と諭し始めました。

その後、行くあてのないハクはクオンとともに旅をすることに。旅の中でさまざまなモンスター退治の依頼をこなしながら、ついに世界最大の帝都に到着するのです。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=STg4Ya8bEFo

エンディング

遠征に赴いていたムネチカたちが、敵方に押されているということが帝都に伝えられました。オシュトルは、ハクたちに「ムネチカたちを支援してやってほしい」と頼み、トゥスクルへ向かうこととなります。

無事、トゥスクルに着いたハクたちはムネチカと合流。支援物資を受け渡すことができました。

しかしそんな時、帝都から急報が届きます。その知らせとは「帝が亡くなった」ということ。そこでムネチカたちを含めた遠征軍は急遽、帝都へと帰還せざるを得なくなってしまいます。

トゥスクルから帰還した帝都は、八柱将の1人である「ヴライ」に牛耳られてしまっていました。ハクたちはヴライを倒したのち、捉えられていたオシュトル、アンジュを救出して逃亡することができました。

しかし、倒したはずのヴライが再びハクたちの前に現れ、巨人化して襲いかかってきます。オシュトルもそれに対抗して巨人化。戦いは激化していきました。

戦いの末、なんとかヴライを倒したオシュトルは仮面の力によって体が消えていってしまいます。一方でハクはオシュトルに扮し、「右近衛大将」として国を収めていくことになったのです。

もう「ハク」に戻ることができないオシュトルはクオンに「ハクが死んだ」と伝え、その場を去ります。クオンはそんな知らせを受けて、帰国をすることとなったのでした。

これで本作「うたわれるもの 偽りの仮面」はエンディングを迎えます。

うたわれるもの 偽りの仮面 テクニック

経験値を効率よく集めるためのテクニック

本作「うたわれるもの 偽りの仮面」で効率よく経験値を貯めるためには以下の2つの方法を取ることができます。

・自分よりもレベルの高い敵と戦う
・各ミッションにおける初回のクリア経験値報酬を狙う

1つ目の「自分よりもレベルの高い敵と戦う」ということを常に意識しておくことによって、ゲーム全体を通してレベルの上がり方がかなり速くなるはずです。

なぜなら本作においてバトルで得ることができる経験値は、自分のキャラクターと敵キャラクターのレベルの差によって決まるといっても過言ではないからです。

もちろん自分と同じくらいのレベルの敵キャラクターに勝利しても経験値を得ることができますが、相手のレベルがさらに高かった場合には2倍程度の経験値を手に入れることができることがあるのです。

また、逆にレベルの低い敵に勝利したとしても、経験値がほとんど得られない場合があるため、極力自分より強い敵と戦うことを意識しましょう。

また2つ目の「各ミッションにおける初回のクリア経験値報酬を狙う」ということですが、もしピンポイントで育てたいキャラクターがいるのであれば、初回ミッションに連れて行くようにしましょう。

ミッションの初回クリアを果たすと、通常時よりもかなり多い経験値を得ることができるため、一気にレベルアップを目指すことができるのです。

「治癒の陣」を利用した経験値獲得の裏技

上記で紹介したような経験値獲得テクニックはいわば「正攻法」です。こちらでは「ネコネ」の治癒の陣を利用した経験値獲得の裏技についてご紹介していきましょう。

まず前提として「ネコネ」の白虹という連続攻撃の2回目に「治癒の陣」という技を発動させることができます。

この技は自分たちのターンになるとHPが自動的に回復するという効果を持っているのですが、敵を治癒の陣に乗せることによって、その敵までも回復させることができるようになっています。

これを利用すると、敵を攻撃した際に得られる経験値を延々とゲットすることができるのです。

たとえばステージ11の「タタリウンカミ」は治癒特性を持っています。そのため治癒の陣の回復効果と合わせることによって「タタリウンカミ」は毎ターン、体力がほとんど回復してしまいます。

そのため敵を倒すことなく安全かつ継続的に攻撃をし続けることができるのです。

治癒特性を持った敵を探し、ネコネの治癒の陣を使うことで、上記のような経験値獲得の裏技を駆使することが可能です。

キャラクター・声優紹介

ハク(CV:藤原啓治)

雪原で倒れていた以前の記憶を全て失ってしまった主人公・ハク。ハクという名前ですら本当の名前ではなく、クオンが伝承の中で語り継がれてきた人物の名前から名付けたものです。

20代の青年でありながら、子どもよりも力がなく、力仕事に関しては全く向いていないハク。しかし、一方で洞察力に優れ、誰よりも早く問題の最適解を導き出すことができるという能力にクオンはいち早く気づきます。

記憶を失った際に文字すらも忘れてしまったため、最初の段階では書物などを読むことができませんでしたが、すぐに文字を習得していく姿が見られました。

ハクの正体は「旧時代の支配者である人類」の生き残りであるということが後々に分かってきます。生き残った理由は、科学者であったハクの兄が実験のためにハクを仮死状態にさせたという点にあります。

そんなハクのキャラクターボイスを担当するのが「藤原啓治」さんです。

藤原啓治さんといえば、テレビアニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation Season 2」のオイゲン、「荒野のコトブキ飛行隊」のサネアツ、ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」のミュウツーなど多くの人気キャラクター・メインキャラクターの声を担当されています。

クオン(CV:種田梨沙)

世界のいたるところを1人で旅して回っていたクオン。前述の通り、その旅の途中、雪原を歩いていたところに倒れているハクを発見し、介抱することに。

クオンの職業は薬師のためハクに対して手当てをするという姿が多く見られますが、バトルではクナイを投げたり、華麗な体捌きから繰り出される体術を駆使したりと武闘派な一面もあります。

クオンはハクを救ったのちも一緒に旅をしたり、帝都でハクが働くことができる場所を探したりと、かなり面倒見がいいところが特徴です。

外見的な特徴としては、動物のような耳が生えていることやしっぽが生えていることが挙げられます。この外見的特徴から前作のエピローグで登場した「ハクオロ」と「ユズハ」の子どもであるということがわかります。

そんなクオンのキャラクターボイスを担当するのが「種田梨沙」さんです。

種田梨沙さんといえば、テレビアニメ「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」のヤトリシノ・イグセムや「最弱無敗の神装機竜」のセリスティア・ラルグリス、ゲーム「デジモンリアライズ」のエリスモンや「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」の田中琴葉などのキャラクターボイスを担当されています。

うたわれるもの 偽りの仮面 作品情報

うたわれるもの 偽りの仮面のジャケット画像

発売日
2015/09/24
ジャンル
恋愛青春
発売会社
株式会社アクアプラス
さらに詳しく見る>
うたわれるもの 偽りの仮面のユーザ評価

評価数:236件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

ゲオユーザのうたわれるもの 偽りの仮面の評価
  • うたわれるものシリーズ第二段 この作品から初めても楽しめるが、前作からぜひやってほしい作品です。 シリアスからお笑いまで、日常パート・シナリオパートともに楽しめるが三部作ということもあり、フラグを残し終了!次回作が待ち遠しい。
  • 続きものの物語ですがこの話から初めても問題なく物語を理解できました。 戦闘はレベル上げをしっかりとしてないと後半がきつくなると思います。