ゲームのジャケット写真

龍が如く0誓いの場所は、龍が如くシリーズの中で最も古い時期を描いた作品です。 桐生一馬と真島吾郎が自分の組を持つ前のエピソードが描かれており、龍が如くシリーズで一番最初にプレイすべきゲームとしてオススメされることも多いです。 今回は、この龍が如く0誓いの場所のストーリーについてご紹介します。 序盤から終盤にかけてストーリーのあらすじをお伝えし、エンディングについてもご紹介します。 龍が如く0誓いの場所のストーリーが気になるという方や、プレイ済みだけどストーリーを思い出したいという方は、ぜひチェックしてみて下さい。

ジャンル:アクション、発売日:2015/03/12、発売会社:株式会社セガゲームス

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

『龍が如く0 誓いの場所』の主要キャラ紹介

桐生一馬
言わずと知れた龍が如くシリーズの主人公です。本作の桐生一馬はまだ下っ端であるため、背中の刺青にも色がついていません。 駆け出しの桐生一馬は、本作で大きな陰謀に巻き込まれてしまうことになります。

真島吾郎
本作における第二の主人公です。 龍が如くシリーズでは時に桐生一馬の友として、時にライバルとして登場する真島吾郎ですが、本作で桐生一馬と絡む場面はあまりありません。

マキムラマコト
本作における陰謀のキーパーソンとなる人物です。とある大きな情報を握っており、多くの人間から命を狙われることになります。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=TExQ0_7JaHM

『龍が如く0 誓いの場所』:序盤のストーリー

ある日、「カラの一坪」という極道の要地で人が殺されたという情報が入りました。 殺された人物は、死ぬ直前に桐生一馬が取り立てを行った相手で、桐生一馬による殺害が疑われてしまいます。 極道の要地で殺人を行った責任を問われる桐生一馬でしたが、身に覚えのない桐生一馬は身の潔白を証明するために身を置いていた東城会から足を洗い、真犯人を探すべく活動を開始します。

その頃の真島吾郎は、過去の失態によってカタギに戻されてしまっており、再び極道として返り咲く条件として提示された1億円を稼ぐために奮闘していました。

『龍が如く0 誓いの場所』:中盤のストーリー

桐生一馬が信頼している風間新太郎から「カラの一坪」を託された立華鉄からの誘いによって、桐生一馬は立華鉄と手を結ぶことを決意します。 桐生一馬は立華鉄の情報網を頼りに真犯人を探し、徐々に真実に迫っていきます。

一方で真島吾郎は、極道に戻るための手っ取り早い方法として、マキムラマコトの暗殺を依頼されます。 真島吾郎はマキムラマコトが目の見えない女性であったことを知り、殺害を躊躇してしまいます。 最終的に真島吾郎はマキムラマコトを殺さずに連れ出し、マキムラマコトを狙う他の極道から匿うことを選びます。

『龍が如く0 誓いの場所』:終盤のストーリー

桐生一馬と共に極道達と戦う過程で、協力者の立華鉄は殺されてしまいます。 さらに協力者である世良の命が狙われていることを聞いた桐生一馬は、世良とマキムラマコトを救うため、最後の決戦の場に向かうことになります。

一方で真島吾郎は、マキムラマコトが「カラの一坪」の所有者であることを世良から聞かされ、マキムラマコトが他の極道達から狙われる理由を知ることになります。 マキムラマコトに惚れていた真島吾郎は、なんとしてもマキムラマコトを守ることを誓います。 真島吾郎も、桐生一馬とは別の場所で最終決戦を迎えることになります。

『龍が如く0 誓いの場所』:エンディング

最終決戦を終えた桐生一馬は、カタギの身から極道に復帰することを決意します。 東城会の幹部に殺人の罪を着せられ、命まで狙われたにも関わらず、桐生一馬は自分のケジメをつけるために東城会に戻る道を選択しました。

一方で真島吾郎は、最終決戦後に視力を取り戻したマキムラマコトと再会しますが、マキムラマコトは目が見えない頃にしか関わっていない真島吾郎の外見がわからず、目の前の人物が真島吾郎であることに気が付くことができません。 真島吾郎は何も言わずにマキムラマコトを愛する別の男性に彼女を託し、自分の恋心にピリオドを打ちました。

龍が如く0 誓いの場所の作品情報

龍が如く0 誓いの場所のジャケット写真
発売日
2015/03/12
ジャンル
アクション
開発会社
株式会社セガゲームス
龍が如く0 誓いの場所のユーザ評価

評価数:1858件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

クチコユーザの龍が如く0 誓いの場所の評価
  • 真島操作出来るのはあつい!!!!! 過去が知れるのがいい。順番通りにやってれば0をやって話繋がってああなるほどとなる
  • 龍が如くシリーズは全部最高ですがその中でもこれはかなりストーリー構成が良かったです。 桐生さんだけでなく真島さんの章があるのが良いです。 アクション苦手でもできるしサブストーリーがいちいち面白い。 絶対にオススメです。
  • 真島に対しての見方が変わる。これはカッコよすぎる。切なすぎる。男として何を信念として生きていくのか感じることのできるゲームを越えたゲーム。

参考URL
・youtube.com