絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-のジャケット写真

震災をテーマに「現代社会における都市が地震や水害などといった災害を受けた際、主人公であるプレーヤーがどのように生き抜いていけるかどうか」ということをゲーム化したアクションアドベンチャーです。
本作では、巨大地震発生からの一週間を描いています。 建物の崩壊だけでなく、人との係わりにも重点をおいた作品になっております。

公的機関・専門家による協力・監修のもと、多数の災害事例をゲーム内に収録。プレイ状況に沿って、実際に役立つ防災知識を学ぶこともできる「防災マニュアル」を搭載しております。

また、PS4版は本体の高い処理能力と物理エンジンを駆使し、シリーズ最高峰の臨場感あふれる災害シーンを再現。また、VRにも一部対応しており、都市災害をリアルに体験できます。

発売日:2018/11/22(PS4)、2019/09/26(Switch)、ジャンル:アクション、発売会社:株式会社グランゼーラ

ここからはゲームのネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

ストーリー/エンディング

ストーリー

201X年の7月、突如として日本の首都を大震災が襲います。灼熱の太陽光に焼け付くように熱いアスファルト。このような状況の中で地盤が崩れて次々に倒壊していくビルたち。混乱した人々は本性をむき出しにして争い合い、奪い合い、危害を与え合います。

本作はそのような被災後の日本を舞台にして、人々がどのように生きて行くのかということをリアルに描いた衝撃作です。

そんな状況をバックグラウンドにした世界観の中でたまたま就職活動のために首都に訪れた主人公は大地震に見舞われることとなります。

地元から遠く離れたその地に頼れるような大人はおらず、勝手知ったる土地でもなく、それでも出会った人々となんとか助け合って生きていこうとします。

人々が奪い合い、争い合う中でどれだけ人々と協力ができるのか、手を差し伸べることができるのか。それが絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-のテーマでもあります。

たった1週間のストーリーですが、その中身は非常に重厚。ほとんどの選択はプレイヤーに委ねられているため、プレイヤーの選択が大きく物語の展開に影響を与えます。

大地震を受けた日本のリアルな物語が今幕を開けます。


出典:https://www.youtube.com/watch?v=Rlvez2ZbedM

グッドエンディング

主人公たちは待ち合わせの場所に集まります。主人公は笠原弥生とともに富田佳苗の元に集まります。

富田は主人公が1人で来ると考えていたため笠原がいることに驚きを隠せません。一方で主人公も富田が風間智也と一緒ではないことに驚きます。

富田は風間が先に行くようにと指示をしたことを主人公に伝えました。そして富田・笠原・主人公たちは空港行きのトラックに乗ることとなります。

主人公たちを乗せたトラックは街を出て橋の真ん中で止まります。「トイレ休憩だ」と言われトラックに乗っている人々は違和感を隠しきれません。トラックは動き出しますが空港のターミナルに行くはずの道を降りませんでした。

そのトラックは海沿いに止まりました。そこには巨大な船が泊まっていました。突然銃を向けられ、体を縛られて船に乗せられる主人公たち。それは人身売買の船だったのです。

人身売買の船には、街の復興を手助けしていたはずの風間智也が乗っていました。しかも業者側としてです。

富田は必死に恋人である風間に訴えかけます。しかし風間は全く取り次ぎません。拉致された人々も必死に抗議しますが効果はありません。

主人公は監禁部屋からやっとの思いで抜け出し、全員を助け出す方法を探します。そうすると船の中に時限起爆装置があることに気づきました。

起爆装置を作動させた主人公は拉致された人々を逃して自分も脱出を図ります。船内が爆発する中で風間に銃を向けられる主人公。諦めて天を仰ぎます。

しかしその時、風間に向かって誰かが銃を撃ちました。いつの間にか警察のヘリコプターなどがその船を包囲していたのでした。主人公たちはなんとかギリギリのところで助かったのです。

主人公たちは船から降ろされて救助ヘリコプターに乗り込みます。最後に残された主人公・富田・笠原は順番にヘリコプターの乗り込んでいきます。

富田と笠原がヘリコプターに乗り込むと、主人公は崩壊した街を眺めます。

「どうしたの?」と尋ねる2人に主人公は「ちょっと待って」と言います。この1週間に出会った人々のこと、そして自分が今、何をすべきなのか。

何かを決心したような主人公は2人に「街に残って復興を手伝いたい」と言い残します。富田は主人公と残り、笠原はヘリコプターで救助されていきます。エンドロールをバックにして主人公と富田は崩壊した街の方へ向かって戻っていくのでした。

これで本作はエンディングを迎えます。

バッドエンディング

真っ暗な街中を主人公は彷徨っています。壊れたトラックに横倒しになったバスなど震災の爪痕が未だに残ります。

歩き回っていると被災者キャンプを見つけた主人公はそのキャンプに入っていきました。しばらく歩いていると多くの被災者の喧騒が聞こえてきました。

「帰宅手段を準備している話はどうなっているんですか!」
「配給をもっとましなものにしなさいよ!責任者を出して!」

このような流れで被災者たちは市役所職員を押し切って市長に文句を言うために庁舎に向かうこととなりました。

市役所の屋上で市長を追い詰めると主人公はこう言います。「市長さん、あなた義援金や救援物資を着服して私腹を肥やしているんでしょ!」

被災者たちは主人公に少しずつ怒りの対象を向けていきます。そんな時に余震が起こり主人公はビルの屋上から投げ出されてしまいました。そこを間一髪でクマザワが手を掴み主人公を助けました。

そこで画面が暗くなり主人公の声が聞こえてきます。

「もし巨大地震にあったとしたら私はどうするだろうか」
「もし見知らぬ街でもう一度震災にあっても冷静に振る舞えるはず」

このように主人公が何かを誓うような一言を述べ、本作は終わります。

攻略情報

絆創膏をゲットできる場所

本作では絆創膏というアイテムを常に切らさないように所持することが攻略のコツです。救急セットであれば体力を100%回復してくれますが、なかなか手に入りづらいという難点があります。

一方で絆創膏であれば小まめに使用することができ、手に入れやすくなっているため積極的に使用することができます。

絆創膏の入手場所は「アパレルストア」です。

「比嘉先生」というNPCが立っている場所のすぐ近くにビルがあります。そのビルに入り、1階の受付カウンターに「非常持ち出し袋」が置かれていますので、その中身を確認します。中には絆創膏が入っていますので入手します。

次に「アパレルストア」の3階まで上がっていきます。

「思いつめた客」というNPCがいますので、そのNPCから「アパレル事務所の鍵」を受け取ります。そして3階のドアを開けた先にいる「アケミ」を助け出すことによって絆創膏をもらうことができます。

ちなみに「思いつめた客」から鍵をもらうには、「アパレルストア」内にいる「ビジネスマン」「探し物をしているスタッフ」との会話が必要です。

「所持金1億円達成」のトロフィーを手に入れる方法

本作のトロフィーをコンプリートする際に難易度が非常に高いのが「総資産1億円以上」というトロフィーゲットです。トロフィーのネーミング通り、総資産が1億円を超えなければ入手することができません。

普通にお金を集めているだけでは入手が難しいトロフィーですが、ゲーム内のイベントを利用して簡単にゲットすることができるようになっています。

そのイベントとはくちなし小学校避難所の4日目に起こる「町会長イベント」です。

この町会長は主人公に対してどんなものでも購入してくれるキャラクターです。そこで「クルーザー」を購入してもらうようにお願いをしましょう。そうすると本当にクルーザーを主人公に買い与えてくれます。

クルーザーを入手したら総資産額が1億円を突破し、トロフィーを手に入れることができます。

ただし、この「町会長イベント」でクルーザーを購入することによって悪行が「プラス80ポイント」となってしまいます。

もし悪行ポイントを貯めたくないという場合には、クルーザーを購入するセーブデータと購入しないセーブデータで分けることをおすすめします。

トロフィー「五階段の都市伝説」のゲット方法

絶体絶命都市のゲームストーリー中にも話題となる「五階段の都市伝説(五階段の呪い)」ですが、小さい女の子の幽霊が出てくるというお話でした。
この五階段の都市伝説にまつわる場所すべてに訪れることで、トロフィー「五階段の都市伝説」をゲットすることができます。

まず最初に紹介する「五階段」の一つは、「えにしだ団地」という団地です。ここはいくつかのアパートか公営住宅のような建物が立ち並んでいる場所です。

このアパートのD棟に行ってください。そのD棟の階段を登っていき、5階まで上がっていきます。そうすると5階の階段から屋上につながっているハシゴがあるのでその下に行くとえにしだ団地の五階段に行ったことになります。

次に紹介する「五階段」は、「紫陽花交差点」です。この「紫陽花交差点」の真ん中には焼け焦げた跡があります。これは火災が起きた跡です。この火災が起きた交差点の真ん中の場所に行くことで「紫陽花交差点」の五階段に行ったことになります。

次の「五階段」は、「ひでりこ書店」です。このひでりこ書店は2階建てとなっている本屋さんです。この本屋の1階から2階に上がっていく階段にいくことで「ひでりこ書店」の五階段に行ったことになります。

残りの二つは、「くちなし小学校」にある体育館の1階から2階につながっている階段、そして「鳳仙花商店街」の西方面にある人家の中にある階段となっています。

これら全ての階段を訪れることでトロフィー「五階段の都市伝説」をゲットすることができます。

タイトルロゴを変える裏技

実はスタート画面に出てくる主人公が腰掛けて遠くを見つめるタイトル画面横の「絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-」のタイトルロゴスタイルのフォントをある方法で変えることができます。

しかもその方法を使用することで「タイトル変更権の発動」と呼ばれるトロフィーをゲットすることもでき一石二鳥です。その方法について見ていきましょう。

まず最初に行動すべきシーンは4日目の「くちなし小学校避難所」にあります。この避難所で「奇跡の水」と呼ばれるイベントが発生します。

白髪のおじさんに奇跡の水を渡すタイミングがあるのですが、このタイミングで選択肢が発生します。

選択肢の下方に「それじゃ、このゲームのタイトルを変更してください」というものがあるのでそれを選びましょう。

この選択肢を選ぶと、

「絶体絶命都市4 ~奇跡の水~」
「絶体絶命都市4 ~絶対珍道中~」
「絶体絶命都市5」
「やっぱり今のままでいい」

という2つ目の選択肢が出てくるので、好みのタイトルロゴを選びましょう。

コスチューム入手方法まとめ

本作では豊富なコスチュームも魅力の一つ。ぜひコンプリートを目指しましょう。

まず「Tシャツ&ショートパンツ」の入手方法ですが、「アパレルストア」の1階で、登場人物の「アケミ」を助け出した後に、付近に横たわっているマネキンからゲットすることができます。こちらで同じく「ビキニの水着」も倒れているマネキンからゲットすることができます。

次に「コンビニ店員の服」の入手方法ですが、朝顔交差点にある「コンビニ朝顔」に行きましょう。そのコンビニのスタッフルームの中には「怯えた店員」という人物がいるので話しかけると「コンビニ店員の服」をもらうことができます。

最後に「ダイヤモンドの指輪」「エメラルドの指輪」「豪華な指輪」の入手方法ですが、5日目のイベントで「睡蓮公園」に行った際に「怪しい女」とのイベントがあります。

この「怪しい女」との間に起こるイベントで選ぶ選択肢によってもらえる指輪が変わります。

やり直しが効かない要素

本作では1度選ぶとやり直すことができない選択肢がいくつか存在します。こちらではやり直しが効かない要素を紹介していきます。

1つ目はオープニングで起こる「アケミ」とのイベントです。このイベントでは、イベント終了後にコスチュームをゲットすることが可能となります。そしてそのコスチュームを所持した状態でアパレルストアから出ると別のイベントが始まります。

そのイベントでは「商品を外に持っていきませんでしたか?」とアケミに聞かれます。そこで3つの選択肢のうち「あっ、忘れていました~」を選ぶとコスチュームが無くなります。

2つ目は「アザミ駅前」で加入することができるいかがわしい団体の代表になった際のイベントです。この団体の代表になった際、部屋から「3,000万円」と「サファイアの指輪」を持っていくことができます。

その際「借りるつもり」を選択すれば悪行ポイントが貯まりませんが、「両方自分のものに」を選ぶと悪行に「250ポイント」加算されることとなります。

3つ目は笠原弥生と宝石店で合流するイベントです。笠原弥生とともに脱出ルートへ向かうこととなりますが、ここで「抱きしめようとした」という選択肢以外を選んでしまうと笠原弥生と一緒にエアポートなどにいくことができなくなってしまいます。

以上の3つの選択肢は間違えた場合、やり直すことができないので注意しましょう。

キャラクター/声優紹介

武田 正人(CV:景浦大輔)

本作の男性版の主人公で、22歳の大学生です。就職活動をするために「グリトニル」という企業に向かっている際に大地震に被災してしまいます。

どのような性格かに関してはプレイヤーの選択に委ねられる部分が多いため一概に説明をすることはできませんが、選択肢のない場面に関しては「自分の意思を伝えることがあまりなく、大多数の意見などに影響されやすい」といった傾向があります。

またストーリーの中では犯罪的な行為を周囲に押し付けられてつい行ってしまうという場面も見られ、比較的に強い意思を持たないという性格であることが推測できます。

空港のストーリーでは佳苗らと一緒に人身売買組織に捕まってしまいなんとか脱出を果たします。そして船内で見つけたダイナマイトによって貨物船を破壊し逃げ出すことができました。

そんな武田正人のキャラクターボイスを担当するのが「景浦大輔」さんです。

景浦大輔さんはアニメ「Dies irae」や「境界のRINNE」、ゲーム「ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ」などに出演をされています。

主人公役としては2006年のゲーム「ロックマンロックマン」ブルース役以来となり、久しぶりのメインキャラクター担当となりました。

笠原 弥生(CV:高瀬朝季)

主人公と同じように就職活動を行っている際に大地震に見舞われた女性で、「朝顔交差点」の付近にある建物の中にいたところを主人公に助けられます。

主人公から助けられた後は、度々主人公と連絡を取り合って町からの脱出の協力をしつつ、自動車ディーラーのお店で生活をすることとなって行きました。

基本的には大人しく謙虚な性格ではありますが、主人公がおかしな言動を笠原弥生に対してした時にもそれに合わせた返答をするなどといった一面も見られます。

ストーリー中、町から脱出するための飛行場へのチケットを譲ってくれるという男性2人から暴行されるという場面があり、心身ともにボロボロになりながら最終的には主人公とともに町から脱出。

ただ脱出前には人身売買組織の貨物船に拉致されてしまうなど、本作では最も運のない人物として描かれています。

そんな笠原 弥生のキャラクターボイスを務めるのが「高瀬朝季」さんです。

高瀬朝季さんはアニメ「ナンバカ」の少年九十九役や劇場アニメ「図書館戦争 革命のつばさ」などに出演されていますが、ゲーム作品への出演は本作が初となります。

これまで担当されたことのない雰囲気のキャラクターのため、どのように声優として演じられるかが期待されています。

富田 佳苗(CV:並木のり子)

大地震で被災をして駅のホームの瓦礫の下敷きとなってしまった女性。フェリー乗り場で待つ恋人「風間智也」と合流をするために主人公と行動を共にします。

恋人を探し続けて3日目、公園で恋人と再会を果たすと風間から婚約指輪を渡され、町の復興を恋人とともにすることを決心します。

恋人と再会した富田佳苗はそれ以降、公園で飛行場に向かう整理券を配るボランティアをする日々を送ります。ただこの整理券は「外国の貨物船に拉致されて海外に売り飛ばされる」というワナのために恋人・風間が仕組んだワナでした。

富田佳苗は風間の計画のために利用されたことを知り、主人公とともに再び行動をともにすることとなります。

ちなみに空港ルートの場合には一度、風間が計画した人身売買組織の船に拉致されることとなりますが主人公とともに船を爆破。脱出することに成功をしています。

そんな富田佳苗のキャラクターボイスを務めるのが「並木のり子」さんです。

並木のり子さんは、ゲーム「ぷよぷよシリーズ」のラフィーナやリデル役を2003年から現在まで担当されています。また他にも「獣の奏者 エリン」のジェシ、「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」のガブリエッラ役を担当したことで知られています。

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-(PS4)の作品情報

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-(PS4)のジャケット画像

発売日
2018/11/22
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社グランゼーラ
さらに詳しく見る>
絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-(PS4)のユーザ評価

評価数:72件
評価 :★★★☆☆(3.3/5)

ゲオユーザの絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-(PS4)の評価
  • 本当に大地震が起きた時、役に立つようなソフトだなぁと感じました。 とりあえず広くて何も無いところに出るのが大事だと思い知らされる。
  • かなり迫力があって、前の作品に比べて操作性やカメラアングルはだいぶ改善されています。一度始めたら続きが気になりずっとやってしまいます(*ΦωΦ)
  • 待ちに待った続編だったので期待大でした。思った通り納得です。人の心のイヤな部分の描写が災害の描写より辛辣かも…。

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-(Switch)の作品情報

絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-(Switch)のジャケット画像

発売日
2019/09/26
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社グランゼーラ
さらに詳しく見る>
ゲオユーザの絶体絶命都市4Plus -Summer Memories-(Switch)の評価
  • PS4版とスイッチ版、両方プレイしましたが、災害ファイルは災害時に役に立つ情報ばかりで良いと思う。 しかし、相変わらずバグが多い。 アップデートで進行不可バグは直って進めたけど、まだまだバグがありそうでセーブはこまめにした方が良い。 会話の中で色々選択肢があって、面白い選択肢を選んで色々な反応を楽しんでます。
  • 今作は何回も同じマップを行ったり来たりします。 これがいい事なのか悪いことなのかは人それぞれ感じ方が違うと思いますが、自分的には新鮮味がなくて作業感があった。 あとストーリーごとにパートナーが随時入れ替わる。これは自分的には良かった。歴代のはパートナー一人だけだったので。 肝心のストーリーですが、自分的にはボリュームが足りないと感じました。 無料DLCと有料DLCでクリア後の後日談がきてるらしいですが自分は未プレイです。(一通りクリアして早々に売ってしまった) まぁ、でも歴代同様選択肢が多く悪ふざけ要素も沢山あるのでそこは良かった。なのでプラマイして平均の☆3という感じですかね。