モンスターハンター:ワールドのジャケット写真

ハンターたちは「新大陸」と呼ばれる未知の大陸に調査団の一員として足を踏み入れる。豊かな生態系が育まれる新大陸で、モンスターの痕跡を手がかりに世界を切り開き、武器や防具はもちろん、様々な生物、植物、地形など高密度な環境全てを利用した、新たな狩りの世界が今広がる。新たな生命の地。狩れ、本能のままに遊ぼう!『モンスターハンター:ワールド』の良い評価(レビュー)と悪い評価(レビュー)をまとめてみました。

ジャンル:ハンティングアクション、発売日:2018/01/26、発売会社:株式会社カプコン

ここからは『モンスターハンター:ワールド』のネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください!

良い評価:難易度を軽めに変更。細かな改良で戦闘の利便性が向上。より楽しくプレイできるようになった

  • 神ゲーですね。pspや3dsと違いps4なので今回のG級はアプデで来ると予想。 何も考えないで殴り続けてても狩れるので変わらないと思う人もいますが、生態系を利用したトラップやモンスター同士の殴り合いなどもあるので今までにはない狩り方もできるし、そもそもマップの作り込みが凄いので狩り以外の楽しみもあります。
  • 最高の一言ですね。初代は挫折してやりませんでしたがドスから初めてもう10年ぐらいですかね 本当にあの時の寝不が帰ってきました。 装備を考えながら次はどの装備じゃないと勝てないかなとか色々試行錯誤して50時間目ですがストリー終わってません。 ですがずげー楽しいです ネルギガンテ絶対倒します。ソロ全クリしますわ!
  • あくまでもまだ序盤ですが 今までのモンハンとはかなり違います。 薬草を拾うと自動で回復薬になるなど、かなり楽です。 鉱石などのごく一部を除き、走りながら○ボタンを押すだけで素材がとれるなども楽です
  • 3dsで発売された作品での不満が一気に改善されたやりやすい作品です。 特にピッケル、釣竿、研ぎ石が無限は採掘がしやすく有りがたいです。 食べ物やアイテム交換がアジトでも出来たり本作は狩りがやりやすくなりました。

悪い評価:とにかく文字が小さい。オンラインが有料なのがつらい

  • いつものモンハン 面白い事は面白いけど、グラフィックが綺麗になった分、描写が細かくて逆に見づらいし、何より文字が小さくて読む気がしない
  • 過去作と比較した際のボリューム不足、オンラインでの他者とのコミュニケーションのとりづらさ、オンラインでの疎遠感(集会所がほぼ利用されていない)がどうしても否めず、見た目は良くなったが面白さは下がったという印象。
  • ただ一つ文字が小さくて読みにくいところが難点 それ以外は最高!
  • 初めてプレイしたが、オッさんには操作が難しい上に字が小さくて見えない!
  • オンラインが有料だから小学生では楽しめないのが残念。強くて勝てないモンスター多い

総論:細かな改良はユーザに高評価。一方、オンラインプレイ環境には課題あり

過去のモンスターハンターシリーズから、細かな改良を加えてよりプレイしやすくなった点は高い評価につながっ ているようです。一方、文字の大きさやオンラインの環境(有料、疎遠感等)に不満を持っているユーザが多く、マンネリ化につながるとのこと。今後のアップデートで対応できそうなところもあるので、期待したいですね!シリーズのファンであれば買って損はないタイトルだと思います。ゲオの中古ランキングでも未だにNo.1の座を獲得しています(2018年6月末時点)

モンスターハンター:ワールドの商品情報

モンスターハンター:ワールドのジャケット写真
発売日
2018/01/26
発売会社
カプコン
GEOで割安に購入!
モンスターハンター:ワールドのユーザ評価

評価数:1145件
評価 :★★★★☆(4.5/5)

参考URL
・youtube.com