**月発売のゲームソフトのパッケージ画像

2018年3月の中古ゲームソフト売上1位はカプコンの「モンスターハンター:ワールド」が獲得。2位にはFPSの人気シリーズ「コールオブデューティ:WW2」がつけた。任天堂ハードの人気は根強く、上位5タイトルの内3タイトルを締めている。

【2018年3月中古ゲームソフト 売上ランキング】

順位 タイトル メーカー 機種 発売日
1 モンスターハンター:ワールド カプコン プレイステーション4 2018/01/26
2 コール オブ デューティ ワールドウォーⅡ ソニー・インタラクティブエンタテインメント プレイステーション4 2017/11/03
3 マリオカート8 デラックス 任天堂 ニンテンドーSwitch 2017/04/28
4 ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン ポケモン ニンテンドー3DS 2017/11/17
5 スプラトゥーン2 任天堂 ニンテンドーSwitch 2017/07/21
6 スーパーマリオ オデッセイ 任天堂 ニンテンドーSwitch 2017/10/27
7 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 任天堂 ニンテンドーSwitch 2017/03/03
8 ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて スクウェア・エニックス プレイステーション4 2017/07/29
9 地球防衛軍5 D3パブリッシャー プレイステーション4 2017/12/07
10 真・三國無双8 コーエーテクモゲームス プレイステーション4 2018/02/08

各部門別ランキングについてはニュースレター「GEO GROUPNEWS」をどうぞ!