2019年4月29日~5月5日のレンタルDVD売上上位のパッケージ画像

全国1200のゲオショップの洋画レンタルDVD売上本数を集計したものをランキング形式でお届け!今週の1位に輝いたのは『ボヘミアン・ラプソディ』!伝説のロックバンド“クイーン”のリード・ヴォーカル、フレディ・マーキュリーの生き様を描く音楽ドラマ。2位には『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』、3位には『ヴェノム』がそれぞれランクインしました。

【2019年2019年4月29日~5月5日 洋画レンタルDVD 売上ランキング】

第1位:ボヘミアン・ラプソディ

1位に輝いたのは『ボヘミアン・ラプソディ』。世界を熱狂させたバンド<クイーン>の伝説のボーカリスト、フレディ・マーキュリー。45歳で死去した彼の波乱万丈な人生を名曲とともに描く感動のミュージック・エンターテイメントです。

ボヘミアン・ラプソディのジャケット写真
レンタル開始日
2019/04/17
ジャンル
洋画ドラマ
出演
ラミ・マレック
ボヘミアン・ラプソディのゲオユーザ評価

評価数:893件
評価 :★★★★☆(4.4/5)

ゲオユーザのボヘミアン・ラプソディの「絶賛」レビュー・評価
  • この作品は劇場でも観ました。ハラハラざわざわした序盤から、色々あっての最後の数分間のライブシーン。泣きました。涙が止まりませんでした。クイーンは若い頃よく聴いていましたが、歌詞の意味を知らず、ただ曲が好きで聴いていました。映画をきっかけに色んな番組で特集が組まれ、歌詞の意味を知り、フレディの生い立ちを知り…それも相まって余計に胸に刺さったのかも。出来るならまた劇場で観たい!
ゲオユーザのボヘミアン・ラプソディの「辛口」レビュー・評価
  • どの方のレビューも高い評価ですが、自分はかなり期待外れでした、、、すいません。もちろんライブエイドの感動と、卓越した演技は素晴らしかったのですが、自分にはフレディ役のラミ・マレックがどうしてもシックリきませんでした。青春時代に擦り切れるほど聞いたクイーンが、40年ほど経って映画になった喜びを凌駕するものではありませんでした。構成、脚本、心情、カメラアングルなど、どれをとってもイマイチで、十分秀逸なものに出来たはずなのに、逆にガッカリ、不完全燃焼に終わってしまった感があります。映画の尺では描き切れなかったのかなあ、、、。

第2位:ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

2位に入ったのは『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。J・K・ローリングによる「ハリー・ポッター」の新シリーズ第2弾。捕らえらえていた強大な敵グリンデルバルドが逃げ出したことを知ったニュートは、恩師ダンブルドア先生に頼まれ、 魔法界や人間界の支配を目論むグリンデルバルドを追って仲間とパリへと向かいます。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生のジャケット写真
レンタル開始日
2019/04/24
ジャンル
洋画SF
出演
エディ・レッドメイン
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生のゲオユーザ評価

評価数:412件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザのファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の「絶賛」レビュー・評価
  • ハリーポッターの魔法ワールド最新作、ファンタスティックビーストシリーズ第2弾。今回は前作よりも少し暗い雰囲気で描かれています。 前作では出てこなかったダンブルドア先生や、ホグワーツが出てきて、ハリーポッターを見ている人にはより楽しめる内容になってます!!! 最後は衝撃の結末に!? 見始めてから見終わるまであっという間に感じられるほどおもしろかったのでオススメです!!! これまで魔法ワールドを追ってきた人は絶対見るべきです!!!
ゲオユーザのファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の「辛口」レビュー・評価
  • ハリポタシリーズを見ず、前作を復習せず、友達に誘われて見に行ったがずっとクエスチョンマークが頭の上にあった感じ。 しっかり復習して学んだ上で見たら面白いのかな?と思う作品だった。 個人的には、もっと動物のシーンを増やして欲しかった。

第3位:ヴェノム

3位には『ヴェノム』がランクイン。マーベルコミックスに登場するスパイダーマンの宿敵、ヴェノムが主人公のアクション。地球外生命体に寄生されたのを機に、特別な力を身につけたジャーナリストの戦いが描かれます。

ヴェノムのジャケット写真
レンタル開始日
2019/03/06
ジャンル
洋画SF
出演
トム・ハーディ
ヴェノムのゲオユーザ評価

評価数:1485件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

ゲオユーザのヴェノムの「絶賛」レビュー・評価
  • 人間の体に入り込む謎の生命体。 その生命体と身体が共存した時、誰も予想外しない驚きの力が。 アクションシーンや映像はスケールが大きく、迫力満点。
ゲオユーザのヴェノムの「辛口」レビュー・評価
  • いまいちパッとしないストーリーと内容だと思う。アベンジャーズを観ている人には物足りないさを感じると思える。 あんまりオススメ出来ない作品だと思う。

第4位:デス・ウィッシュ

4位に入ったのは『デス・ウィッシュ』。1974年製作のチャールズ・ブロンソン主演のアクション作『狼よさらば』を、ブルース・ウィリス主演でリメイクした作品。家族を理不尽に奪われた男が、自らの手で壮絶な復讐に乗り出すさまを描きます。

デス・ウィッシュのジャケット写真
レンタル開始日
2019/03/20
ジャンル
洋画アクション
出演
ブルース・ウィリス
デス・ウィッシュのゲオユーザ評価

評価数:526件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

ゲオユーザのデス・ウィッシュの「絶賛」レビュー・評価
  • さすがブルース・ウィルス。こういった役処は天下一品。スカッとするアクションシーンを楽しませてもらいました。ラストでの刑事との掛け合いには思わず笑みがこぼれます。 観て損のない作品です。
ゲオユーザのデス・ウィッシュの「辛口」レビュー・評価
  • ガッカリ! ブルースウィルスの久々のアクションとの宣伝文句に釣られて見たが、今までの作品と比べてしまいショボク感じてしまう。 宣伝の失敗例という感じ! 作品的にも今一つ、チャールズ・ブロンソンの『Death Wish』シリーズを超えて欲しかった。 これであらすじが分かった方ごめんなさい。 悪党を倒した時の爽快感が足りない。

第5位:ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ

5位にランクインしたのは『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』。アメリカとメキシコの国境地帯を舞台にした麻薬戦争の実情を描き、アカデミー賞3部門で候補になったサスペンス・アクション『ボーダーライン』の続編。

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイのジャケット写真
レンタル開始日
2019/04/02
ジャンル
洋画アクション
出演
ベニチオ・デル・トロ
ボーダーライン:ソルジャーズ・デイのゲオユーザ評価

評価数:244件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

ゲオユーザのボーダーライン:ソルジャーズ・デイの「絶賛」レビュー・評価
  • 前作の衝撃的な展開で感動したのを覚えてましたが、その続編が出ると思ってなかったのでタイトルだけ見て借りました。前作同様に様々なシーンに境界線があり、四六時中緊張感があり見応えがある映画でした。まさかの結末に脱帽しましたが、次回作にも期待が持てます。
ゲオユーザのボーダーライン:ソルジャーズ・デイの「辛口」レビュー・評価
  • ベニチオデルトロが大好きで久々の主演映画だったので即レンタル。めちゃくちゃカッコイイ!シブい!居るだけで存在感がすごい! なのに…ラストのあれは何?ラストだけは残念で仕方ない。脚本家の人はスランプになったのかな?と思えるほど。ラストさえ違ったならアカデミー賞もの。