2020年1月27日~2月2日のゲームソフト売上上位のパッケージ画像

全国1200のゲオショップの新品ゲームソフト売上本数を集計したものをランキング形式でお届け!今週の1位は『龍が如く7 光と闇の行方』が獲得。2位は『ドラゴンボールZ KAKAROT』が獲得。3位には『ポケットモンスター ソード・シールド』が入りました。

【2020年1月27日~2月2日 新品ゲームソフト 売上ランキング】

第1位:龍が如く7 光と闇の行方(PS4)

『龍が如く7 光と闇の行方』が1位を獲得。重厚なストーリーは従来のシリーズ通りのまま、主人公やメインキャラが刷新!戦闘もコマンド選択式バトルに変更となっています。

龍が如く7 光と闇の行方のジャケット写真

発売日
2020/01/16
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社セガゲームス

龍が如く7 光と闇の行方のゲオユーザ評価

評価数:94件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

ゲオユーザの龍が如く7 光と闇の行方の「絶賛」レビュー・評価
  • RPGになってあまり期待していなかったけど予想以上におもしろい!ストーリーもよかったです。
  • 思っていた以上にRPGを意識して作られているが、龍が如くらしく爽快で豪快なアクション性もあり、これはこれでアリだと思う。コマンド性になったことで、多彩な極技や連携技が簡単に出せるようになりアクションゲームが苦手な人でも、プレイできる仕様になっている。ストーリーも先が見えない展開が多く、早く続きがやりたくなるようなワクワク感がある。要するに凄く面白い!!

第2位:ドラゴンボールZ KAKAROT(PS4)

『ドラゴンボールZ KAKAROT』が2位に入りました。ドラゴンボールZのアニメの世界観をZ戦士として追体験できるアクションRPG。戦闘は難しいコマンド入力は必要なく、比較的簡単な操作だけで。

ドラゴンボールZ KAKAROTのジャケット写真

発売日
2020/01/16
ジャンル
マンガアニメ
発売会社
株式会社バンダイナムコエンターテインメント

ドラゴンボールZ KAKAROTのゲオユーザ評価

評価数:64件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザのドラゴンボールZ KAKAROTの「絶賛」レビュー・評価
  • ドラゴンボールZの世界観を体感出来る。 RPGの要素があって、育て方によっては悟空の強さ等に変化がある。オープニングは感動的。
  • 操作性に慣れるまで時間がかかると思います。しかし、やり込み要素が多く、画質も良いです。

第3位:ポケットモンスター ソード・シールド(Switch)

3位に入ったのは『ポケットモンスター ソード・シールド』。今作より新たに「ダイマックス」、「ワイルドエリア」、「マックスレイドバトル」などの新機能が登場!

ポケットモンスター ソード・シールドのジャケット写真

発売日
2019/11/15
ジャンル
任天堂キャラクター
発売会社
任天堂株式会社

ポケットモンスター ソード・シールドのゲオユーザ評価

評価数:63件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザのポケットモンスター ソード・シールドの「絶賛」レビュー・評価
  • ワイルドエリア楽しい〜 最近はマックスレイドで夢とくせいポケモンのゲットにハマってる。オンラインでみんなとやっても楽しい。バトルもやりがいがあるゲームです(^-^)

第4位:リングフィット アドベンチャー(Switch)

『リングフィット アドベンチャー』が4位にランクイン。人気のため品薄状態が続いています。ゲームを楽しみながらフィットネスを続けることができます。

リングフィット アドベンチャーのジャケット写真

発売日
2019/10/18
ジャンル
スポーツ
発売会社
任天堂株式会社

リングフィット アドベンチャーのゲオユーザ評価

評価数:200件
評価 :★★★★☆(4.7/5)

ゲオユーザのリングフィット アドベンチャーの「絶賛」レビュー・評価
  • ゲームとは思えないくらい本格的なフィットネス。 やりすぎると体を壊すくらいです。 アドベンチャー編では「今日はここまでにする?」といったゲーム側から終了を促してくるので適度に出来るのかなと思います。

第5位:Minecraft(Switch)

5位を獲得したのは『Minecraft』。大人気のサンドボックスシミュレーションゲーム!

Minecraftのジャケット写真

発売日
2018/06/21
ジャンル
シミュレーション
発売会社
マイクロソフト株式会社

Minecraftのゲオユーザ評価

評価数:478件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

ゲオユーザのMinecraftの「絶賛」レビュー・評価
  • 子供が欲しがっていたので買いました。 中々頭を使うゲームで子供も色々考えながら建物などを作って楽しんでいるので買って良かったです。

ゲオバイヤーコメント(一部抜粋)

先週はPS4「龍が如く7 光と闇の行方」が3週連続で1位を獲得しました。1位~4位までのタイトルは3週連続で変化がありませんでした。
Switchの定番タイトルはもちろん高い販売数ですが、PS4「龍が如く7 光と闇の行方」とPS4「ドラゴンボールZ KAKAROT」もゲームの評判が良く、いまだに高い販売数をみせています。
2月度は1月度と比べ、毎週新作が発売される予定のため、目新しいランキングをお届けできると期待しています。

株式会社ゲオ メディア商品部メディア商品2 課 バイヤー 武藤 崇史