2020年2月17日~2月23日のゲームソフト売上上位のパッケージ画像

全国1200のゲオショップの新品ゲームソフト売上本数を集計したものをランキング形式でお届け!今週の1位は『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ(PS4)』が獲得。2位は『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ(Switch)』が獲得。3位には『侍道外伝 KATANAKAMI(PS4)』が入りました。

【2020年2月17日~2月23日 新品ゲームソフト 売上ランキング】

第1位:ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ(PS4)

『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』が1位を獲得。ペルソナ5の正統続編であり、ペルソナシリーズ初のアクションRPG!RPGらしいゲーム性を残しつつ、アクションゲームならではの爽快感を加えた完成度の高い一作です。

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズのジャケット写真

発売日
2020/02/20
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社アトラス

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズのゲオユーザ評価

評価数:37件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

ゲオユーザのペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズの「絶賛」レビュー・評価
  • 安定の面白さ、画像の綺麗さ、フレームレート若しくは画像優先の選択可能、これ等は凄く良いと思います 気になるのは迷宮の深さ広さが半端なく、イベントも次々起こるので、1つの迷宮クリアでどっと疲労感も来ます。

第2位:ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ(Switch)

『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』が2位に入りました。ペルソナ5の続編で、ペルソナシリーズ初となるアクションRPG!PS4版と本作で今週の1位、2位を独占しました。こちらはSwitch版です。

ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズのジャケット写真

発売日
2020/02/20
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社Cygames

グランブルーファンタジー ヴァーサスのゲオユーザ評価

評価数:30件
評価 :★★☆☆☆(2.9/5)

第3位:侍道外伝 KATANAKAMI(PS4)

3位に入ったのは『侍道外伝 KATANAKAMI』。独特のノリとユーモアでシリーズファンも多い「侍道」シリーズの外伝が発売!約10年ぶりとなる新作は、和風ハクスラとして生まれ変わっています。

侍道外伝 KATANAKAMIのジャケット写真

発売日
2020/02/20
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スパイク・チュンソフト

侍道外伝 KATANAKAMIのゲオユーザ評価

評価数:13件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

第4位:侍道外伝 KATANAKAMI(Switch)

『侍道外伝 KATANAKAMI』が4位にランクイン。こちらは3位にランクインした「侍道外伝 KATANAKAMI」のSwitch版です。

侍道外伝 KATANAKAMIのジャケット写真

発売日
2020/02/20
ジャンル
ロールプレイング
発売会社
株式会社スパイク・チュンソフト

第5位:初音ミク Project DIVA MEGA 39’s(Switch)

5位を獲得したのは『初音ミク Project DIVA MEGA 39’s』。「初音ミク Project DIVA」シリーズ10周年にして、初めて任天堂ハードで発売されたシリーズ最新作!シリーズ初収録の9曲と既存の91曲に加え、本作のテーマソングを含む全101曲が収録されています。

初音ミク Project DIVA MEGA 39'sのジャケット写真

発売日
2020/02/13
ジャンル
リズムアクション
発売会社
株式会社セガゲームス

初音ミク Project DIVA MEGA 39’sのゲオユーザ評価

評価数:33件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

ゲオユーザの初音ミク Project DIVA MEGA 39’sの「絶賛」レビュー・評価
  • Switch版専用モードのミックスモードも2人でプレイ出来たり、感覚が変わって楽しいですね。 携帯モードで気軽にプレイやPVが見れるのでモニターでしかプレイ出来ないPS4とは出来る事が違うので比較は論外だと思います。 何よりも今までの無機質なフィギュア調よりアニメ調の方がVOCALOID達が可愛いしカッコいいです。

ゲオバイヤーコメント(一部抜粋)

PS4とSwitchで発売された「ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ」が初登場1位、2位となりました。「ペルソナ」シリーズ初のアクションRPG、かつ、ペルソナ5の後日談の物語という事もあり、幸先のよいスタートを見せました。
3位と4位もPS4とSwitchで発売された「侍道外伝 KATANAKAMI」がランクインしました。こちらも前作とは異なるジャンルで、アクションRPGから終始にわたり戦闘行為が目的となるハックアンドスラッシュとなっており、予測が難しかったですが好調な販売数をみせています。

株式会社ゲオ メディア商品部メディア商品2 課 バイヤー 武藤 崇史