2019年9月23日~9月29日のレンタルDVD邦画売上上位のパッケージ画像

全国1200のゲオショップの邦画レンタルDVD売上本数を集計したものをランキング形式でお届け!

今週の1位に輝いたのは『翔んで埼玉』!埼玉がdisられる同名漫画の実写映画化!。2位には『マスカレード・ホテル』、3位には『七つの会議 (2019)』がそれぞれランクインしました。

【2019年9月23日~9月29日 邦画レンタルDVD 売上ランキング】

第1位:翔んで埼玉

1位に輝いたのは『翔んで埼玉』。「パタリロ!」などで知られる魔夜峰央の同名漫画の実写映画化です。

埼玉県民が東京都民から迫害される架空の日本を舞台に、埼玉と東京の県境で引き裂かれる百美(二階堂ふみ)と麗(GACKT)の恋を描いたコメディです。

翔んで埼玉のジャケット写真

レンタル開始日
2019/09/11
ジャンル
邦画ラブロマンス
出演
二階堂ふみ Gackt 伊勢谷友介 ブラザートム 麻生久美子 島崎遥香 成田凌 中尾彬 間宮祥太朗 加藤諒 益若つばさ 武田久美子 麿赤兒 竹中直人 京本政樹

来るのゲオユーザ評価

評価数:8件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

ゲオユーザの翔んで埼玉の「絶賛」レビュー・評価
  • 久々に笑ったー。ガクト様よくこのオファー受けて下さいました!レンタルされたらもう一度自宅でダラダラ見たい。首都圏住みなら笑いどころ満載です。俳優が豪華。くだらない事を超本気でやってる所も笑えてくる。
ゲオユーザの翔んで埼玉の「辛口」レビュー・評価
  • 東京、千葉、埼玉、神奈川にゆかりのある人は楽しめると思う。 茨城と群馬の人は気を悪くしそう。

第2位:マスカレード・ホテル

2位にランクインしたのは『マスカレード・ホテル』。東野圭吾の同名ベストセラー小説を木村拓哉と長澤まさみ主演で実写映画化。架空のホテルを舞台に、殺人事件の謎を追うミステリーです。

マスカレード・ホテルのジャケット写真

レンタル開始日
2019/08/07
ジャンル
邦画サスペンス
出演
木村拓哉 長澤まさみ 小日向文世 梶原善 泉澤祐希 東根作寿英 石川恋 濱田岳 前田敦子 笹野高史 高嶋政宏 菜々緒 生瀬勝久 宇梶剛士 橋本マナミ 田口浩正 勝地涼 松たか子 鶴見辰吾 篠井英介 石橋凌 渡部篤郎

マスカレード・ホテルのゲオユーザ評価

評価数:12件
評価 :★★★★☆(4.6/5)

ゲオユーザのマスカレード・ホテルの「絶賛」レビュー・評価
  • 出演者が豪華。TVでよく見る役者さんがそれぞれ個性を出して演じているのを見るのは本当に楽しいです。物語の舞台になっているホテルも綺麗で、映画を見ている感に浸れます。ストーリーも難しくなくて王道。最後、犯人に少し驚くくらいで、頭を悩ます伏線もないのでは?見てガッカリはしないと思うので、キムタクが嫌いでなければデートなんかには最適の作品だと思います。
ゲオユーザのマスカレード・ホテルの「辛口」レビュー・評価
  • 年齢って残酷やなぁ~を実感する映画。年齢的にはベテランの枯れた渋い役どころなのに、脇役のキャスティングもありキムタクの演技は「ヒーロー」の頃のまま。とても叩き上げの刑事には見えない。 熱血漢の設定なら、もう少し若い役者をキャスティングして欲しかった。 クドイまでの伏線は良いとして、なんで宣伝ポスターに松たか子を出してるのか?ハバア初見で気が付いてしまうやろ。あっさり信用を裏切る役どころの多い小日向さんに、すこしだけ惑わされたけど。 最後の再会シーンはいらんかな。

第3位:七つの会議 (2019)

3位に入ったのは『七つの会議 (2019)』。直木賞作家・池井戸潤によるクライムノベルを「祈りの幕が下りる時」の福澤克雄監督が野村萬斎主演で映画化。「働くことの正義」を問いかける企業犯罪エンターテイメントです。

七つの会議 (2019)のジャケット写真

レンタル開始日
2019/09/11
ジャンル
邦画ドラマ
出演
野村萬斎 香川照之 及川光博 六代目片岡愛之助 音尾琢真 藤森慎吾 朝倉あき 岡田浩暉 木下ほうか 吉田羊 土屋太鳳 小泉孝太郎 溝端淳平 春風亭昇太 立川談春 勝村政信 世良公則 鹿賀丈史 橋爪功 北大路欣也

第4位:十二人の死にたい子どもたち

5位に入ったのは『十二人の死にたい子どもたち』。冲方丁の同名小説を「イニシエーション・ラブ」の堤幸彦が映画化したサスペンス。

12人の未成年者たちが安楽死を求めて、廃病院の密室に集まる。しかし、彼らはそこで13人目のまだ生温かい死体を発見する。「まさか犯人はこの中に…?」「死にたい」けど「殺されるのはイヤ」。そんな彼らの間に、死体の謎と犯人をめぐり、嘘と騙し合いが始まる。

十二人の死にたい子どもたちのジャケット写真

レンタル開始日
2019/07/24
ジャンル
邦画サスペンス
出演
杉咲花 新田真剣佑 北村匠海 高杉真宙 黒島結菜 橋本環奈 吉川愛 萩原利久 渕野右登 坂東龍汰 古川琴音 竹内愛紗

十二人の死にたい子どもたちのゲオユーザ評価

評価数:7件
評価 :★★☆☆☆(2.9/5)

ゲオユーザの十二人の死にたい子どもたちの「絶賛」レビュー・評価
  • ものものしいタイトルからも、人狼的でバトルロワイヤル的な血なまぐさいバイオレンスをみる向きがあるかもしれないが、本篇はいたって健康的な一種の舞台劇のようなサスペンス。あなたもわたしも心地よく裏切られる。ひょっとすると『カメ止め』も多少、意識しているかもしれない。 時代の空気をよく呼吸している。自殺願望のある12人の未成年たちがSNSを通じて廃病院に集められたのはみんなで一斉に死ぬためだ。ところがそこには一人の先客がいてすでに死んでいる様子である。「話が違うじゃないか」。当然疑心暗鬼になって集団自殺は後回し、目の前の問題を片付けようとするうちに一人ひとりの抱えている心の闇が明らかにされてゆく、そんな仕掛けである。 橋田壽賀子が安楽死を望んだ時は世間を賑わせたものである。大御所も高齢だから、いろんな薬を服んでいる。健康を一方で維持しながら「死にたい」と叫ぶ矛盾は未熟な人間の中でこそ顕著に発露するだろう。本篇中の彼らは「死にたい」のに「殺されるのはイヤ」なのだ。揺れ動く微妙な心理を冲方丁は頭の中で巧妙に錯綜させて、ライトノベルタッチのスタティックでインテンスなミステリーに仕上げている。小林うてなの息の長い瞑想的な音楽も印象的だった。 若手の演技派が揃い踏みである。杉咲花、北村匠海は言うまでもなく、萩原利久がいい。 『Innocent 15』から3年は経っているがめきめきと確実に実力を伸している。吉川愛の脱皮した怪演にも刮目。橋本環奈はパンフには写ってないぞ。どこにいるのか? それは見てのお楽しみ。
ゲオユーザの十二人の死にたい子どもたちの「辛口」レビュー・評価
  • サスペンスだけではなく 人間ドラマだと思った。 タイトルが 自分の中で ハードルを上げすぎて もの足らなかった

第5位:スマホを落としただけなのに

5位には『スマホを落としただけなのに』がランクイン。SNS時代を代表とする一作として映画化のオファーが殺到した同名小説を北川景子主演で映画化。

恋人がスマートフォンを紛失したことで個人情報が漏洩してしまう事態から、事件に巻き込まれていく恐怖を描きます。続編「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の公開も2020年2月21日に決定しました!

スマホを落としただけなのにのジャケット写真

レンタル開始日
2019/04/17
ジャンル
邦画サスペンス
出演
北川景子 千葉雄大 バカリズム 要潤 高橋メアリージュン 酒井健太 筧美和子 原田泰造 成田凌 田中圭

スマホを落としただけなのにのゲオユーザ評価

評価数:2114件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザのスマホを落としただけなのにの「絶賛」レビュー・評価
  • サスペンスと現代の時代にフォーカスされた映画でした。 スマホの怖さを改めて感じさせてもらえた内容です
ゲオユーザのスマホを落としただけなのにの「辛口」レビュー・評価
  • 悪くなかったが、予想がつく展開であまり面白いとは思わなかった。