2020年3月2日~3月8日のレンタルDVD売上上位のパッケージ画像

全国1200のゲオショップの洋画レンタルDVD売上本数を集計したものをランキング形式でお届け!

今週の1位に輝いたのは『ターミネーター:ニュー・フェイト』! シリーズの生みの親、ジェームズ・キャメロンが製作に復帰した「ターミネーター2」の続編。

2位には『ジェミニマン』、3位には『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』がそれぞれランクインしました。

【2020年3月2日~3月8日 洋画レンタルDVD 売上ランキング】

第1位:ターミネーター:ニュー・フェイト

1位に輝いたのは『ターミネーター:ニュー・フェイト』。「ターミネーター」シリーズ最新作。監督は「デッド・プール」のティム・ミラー。

21歳のダニーと弟がターミネーター“REV-9”の襲撃を受ける。2人を守ったのは、未来から送り込まれた強化型兵士グレースだった。そしてサラ・コナーが現れ、REV-9と死闘を展開する。

ターミネーター:ニュー・フェイトのジャケット写真

レンタル開始日
2020/03/04
ジャンル
洋画SF
出演
アーノルド・シュワルツェネッガー リンダ・ハミルトン マッケンジー・デイヴィス ガブリエル・ルナ ナタリア・レイエス ディエゴ・ボネータ

 

ターミネーター:ニュー・フェイトのゲオユーザ評価

評価数:192件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザのターミネーター:ニュー・フェイトの「絶賛」レビュー・評価
  • ターミネーターを一作目から観続け、毎回楽しませてもらってましたが、今回の新作はターミネーター史上、最高に楽しませてもらいました。 大切な人(家族)を命をかけて、守り抜く姿に自分もこんな風に家族を守り抜かなければ!!と、教えられました。また、拳(魂)と拳(魂)がぶつかり合う肉弾戦にも鳥肌もので、さすが!!製作が J・キャメロンさんだ!と、感じるほどに 映像にも驚かされました。シリーズが好きな方は必ず大納得する、間違いない作品です!
ゲオユーザのターミネーター:ニュー・フェイトの「辛口」レビュー・評価
  • シュワルツェネッガーとリンダハミルトンの共演は嬉しかった。ただ、映像は無理が多く、展開ははちゃめちゃだった。もっと骨太なドラマを期待した。これでは他の続編と大差ない。

第2位:ジェミニマン

2位は『ジェミニマン』。ウィル・スミスとアカデミー賞監督アン・リーとが組み、毎秒120フレーム撮影、4K×3D映像の技術を導入した近未来アクション。

伝説的暗殺者ヘンリーは任務遂行中に何者かに襲われる。苦戦しながら襲撃者を追い詰めると、その正体は若い自身のクローンだった……。

ジェミニマンのジャケット写真

レンタル開始日
2020/03/04
ジャンル
洋画SF
出演
ウィル・スミス メアリー・エリザベス・ウィンステッド クライヴ・オーウェン ベネディクト・ウォン

 

ジェミニマンのゲオユーザ評価

評価数:113件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

ゲオユーザのジェミニマンの「絶賛」レビュー・評価
  • 大道な娯楽アクションて感じで面白かった!(アイロボットみたいな感じw) バイクアクション、銃撃戦、肉弾戦、ブラッカイマー製作はアクションの見応えが半端ない! ウィルスミス2人の戦い(お互いの手の内をわかってる)は随所にあり、なぜ2人いるのか等も説明あるため見やすい作品になっていた。 最後の敵の動きの早さ、1対3の戦いのアイデアも良かったです☆
ゲオユーザのジェミニマンの「辛口」レビュー・評価
  • スミス作品わハズレなし!吹き替えが下手くそ。

第3位:IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

3位は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』。スティーブン・キングの小説を原作とする2017年のホラー映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」の完結編。

人間の弱さに付け込み子供を捕食する“それ”こと不気味なピエロ、ペニーワイズ。前作から27年後、静かな田舎町デリーで連続児童失踪事件が再び発生し、かつて“それ”と対峙した子供たちに“帰っておいで”という不穏なメッセージが届く。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。のジャケット写真

レンタル開始日
2020/02/26
ジャンル
洋画ホラー
出演
ビル・スカルスガルド ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・チャステイン ビル・ヘイダー イザイア・ムスタファ ジェイ・ライアン ジェームズ・ランソン アンディ・ビーン ジェイデン・リーバーハー ソフィア・リリス フィン・ウルフハード チョーズン・ジェイコブズ ジェレミー・レイ・テイラー ジャック・ディラン・グレイザー ワイアット・オレフ
IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。のゲオユーザ評価

評価数:243件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

ゲオユーザのIT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。の「絶賛」レビュー・評価
  • 前作より怖さが増していた。ペニーワイズが怖くて憎たらしかったけど、他の不良グループのヤツらの方が憎たらしかったです。(特に冒涜のゲイのカップルが暴力を受ける場面が。あいつらペニーワイズに喰われればよかったのにと思った。)途中にエイリアンみたいな化け物が出て来てわかりづらい所もあった。ラストはスッキリして良かった。
ゲオユーザのIT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。の「辛口」レビュー・評価
  • 序盤はホラー映画らしく怖くなりましたが終盤になるにつれ、驚かせ方がワンパターンな気がしました。ストーリーには満足。

第4位:ジョーカー

4位は『ジョーカー』。「バットマン」に登場する悪のカリスマ、「ジョーカー」誕生の経緯をオリジナルストーリーで描いた衝撃作!

ホアキン・フェニックス演じる孤独だが心優しい男アーサーが、世界のすべてを狂わすジョーカーに変貌した理由が明かされる。

ジョーカーのジャケット写真

レンタル開始日
2020/01/29
ジャンル
洋画ドラマ
出演
ホアキン・フェニックス ロバート・デ・ニーロ ザジ・ビーツ フランセス・コンロイ ブレット・カレン マーク・マロン シェー・ウィガム ビル・キャンプ グレン・フレシュラー リー・ギル
ジョーカーのゲオユーザ評価

評価数:1405件
評価 :★★★★☆(4.0/5)

ゲオユーザのジョーカーの「絶賛」レビュー・評価
  • 長年アメコミヒーローの最大の悪役としての生い立ちを人間味溢れる姿で表している。共感から圧倒的な活動で悪の化身になる非現実感は圧巻です。
ゲオユーザのジョーカーの「辛口」レビュー・評価
  • 暗く切ない物語、爽快感とは真逆で救いのない世界。見ていて気持ちが沈んだ。 まぁ…そんな気持ちになる位のすごい映画とは思いますが、個人的には生理的に合いませんでした。

第5位:マレフィセント2

5位は『マレフィセント2』。「眠れる森の美女」の悪役マレフィセントを主人公にしたファンタジーの続編。

“永遠の眠り”の呪いが解けたオーロラ姫の無垢な魂によって、真実の愛に目覚めたマレフィセント。だが、新たに勃発した妖精界と人間界の争いが、2人の絆を引き裂こうとする……。

マレフィセント2のジャケット写真

レンタル開始日
2020/02/05
ジャンル
洋画SF
出演
アンジェリーナ・ジョリー エル・ファニング ミシェル・ファイファー ハリス・ディキンソン サム・ライリー
マレフィセント2のゲオユーザ評価

評価数:333件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザのマレフィセント2の「絶賛」レビュー・評価
  • あーほんとに アンジェリーナジョリーと エルファニングが綺麗すぎて、、、最高。 妖精たちのわちゃわちゃ感も好きだし 映像も綺麗でいい!
ゲオユーザのマレフィセント2の「辛口」レビュー・評価
  • 正直、少し残念。映像はとてもキレイで楽しかったが、妖精達が幸せなままで終われなかったのが悲しい。