2019年7月8日~7月14日のゲームソフト売上上位のパッケージ画像

全国1200のゲオショップの中古ゲームソフト売り上げ本数を集計したものをランキング形式でお届け!今週の1位に輝くのはどのタイトルか?!新作タイトルが上位に食い込むのか?それとも、定番タイトルが上位を独占するのか?気になる中古ゲームソフト売上ランキングTop5【2019年7月8日~7月14日】をどうぞ!

【2019年7月8日~7月14日 中古ゲームソフト 売上ランキング】

第1位:大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL(Switch)

1位を獲得したのは『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』。不動の人気を誇るSwitchの定番ソフト!

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALのジャケット写真

発売日
2018/12/07
ジャンル
任天堂キャラクター
発売会社
任天堂株式会社
さらに詳しく見る>

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALのゲオユーザ評価

評価数:892件
評価 :★★★★☆(4.5/5)

ゲオユーザの大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALの「絶賛」レビュー・評価
  • これまでの全部のキャラに加えて多数の追加キャラが参戦して合計約80人ほどのファイターが使えるようになった本作。 初めてやる人にもおすすめ
  • 大人数で遊ぶにはもってこいのゲームだと思います。いろいろなキャラクターを使い分け、個性のある戦い方ができるのも遊びどころの一つです。

第2位:モンスターハンター:ワールド(PS4)

2位は『モンスターハンター:ワールド』。アイスボーンではシリーズで人気の「斬竜ディノバルド」が登場します!発売日が近づくにつえれて、中古の売上も伸びています。

マリオカート8 デラックスのジャケット写真

発売日
2018/01/26
ジャンル
ハンティングアクション
発売会社
株式会社カプコン
さらに詳しく見る>

モンスターハンター:ワールドのユーザ評価

評価数:1855件
評価 :★★★★☆(4.4/5)

ゲオユーザのモンスターハンター:ワールドの「絶賛」レビュー
  • グラフィックの向上が作品の面白さに直結した作品。ストレスになる部分も少なく良作です。
ゲオユーザのマリオカート8 デラックスの「辛口」レビュー
  • 思ったよりは面白くなかった。PSPの時みたいにドはまりはしないだろうなと。

第3位:マリオカート8 デラックス(Switch)

『マリオカート8 デラックス』が3位にランクイン。家でも外出先でも気軽に楽しめる定番のレースゲーム!難しい操作も必要ないため幅広い世代で楽しめます。

マリオカート8 デラックスのジャケット写真

発売日
2017/04/28
ジャンル
任天堂キャラクター
発売会社
任天堂株式会社
さらに詳しく見る>

マリオカート8 デラックスのゲオユーザ評価

評価数:2374件
評価 :★★★★☆(4.4/5)

ゲオユーザのマリオカート8 デラックスの「絶賛」レビュー・評価
  • 昔のより綺麗で凄く楽しいです! みんなでやると凄く盛り上がります!

第4位:コール オブ デューティ ブラックオプス4(PS4)

4位にランクインしたのは『コール オブ デューティ ブラックオプス4』。7月10日より新作戦「Apocalypse Z」がアップデート配信開始されました!新マップ、新武器など膨大な追加要素が入っています。

コール オブ デューティ ブラックオプス4のジャケット写真

発売日
2018/10/12
ジャンル
シューティング
発売会社
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
さらに詳しく見る>

コール オブ デューティ ブラックオプス4のゲオユーザ評価

評価数:239件
評価 :★★★★☆(4.2/5)

ゲオユーザのコール オブ デューティ ブラックオプス4の「絶賛」レビュー・評価
  • おもしろい!最近のシリーズの中ではなかなかのヒット。友達とやると最高に楽しい!!!

第5位:スーパーマリオマーカー 2(Switch)

5位は『スーパーマリオマーカー 2』がランクイン。自由にコースを作って遊べる人気シリーズ!作ったコースを公開することもできます。

スーパーマリオマーカー 2のジャケット写真

発売日
2019/06/28
ジャンル
任天堂キャラクター
発売会社
任天堂株式会社
さらに詳しく見る>

スーパーマリオマーカー 2のユーザ評価

評価数:49件
評価 :★★★★☆(4.3/5)

ゲオユーザのスーパーマリオマーカー 2の「絶賛」レビュー
  • マリオシリーズ最新作! 自分の作ったステージを配信したり、配信されたステージを遊んだりとゲーム性は無限大の可能性を秘めてます!

ゲオバイヤーコメント(一部抜粋)

今週もSwitch「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」が1位に君臨しました。先週のコメントでも告知していましたが、7月13日より15日の期間で「ゲオのスーパーセール」を実施した影響で、TOP30のうち25タイトルがセール対象タイトルとなっています。セール対象商品が軒並みランクインしている中で、2位のPS4「モンスターハンター:ワールド」、5位のSwitch「スーパーマリオメーカー2」はセール対象外商品でありながら、どちらも先週のランキングからさらに順位を上げています。それぞれ現在もホットな話題が続く商品であるため、来週以降、首位に君臨し続けているSwitch「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」を超えるタイトルとなるかに注目です。

ゲオ メディア商品部 メディア商品2課 バイヤー 海津祐樹