紹介している作品のパッケージを幾つかあわせたもの画像

夏の風物詩…と言えばホラーゲームもそのひとつと言えるのではないでしょうか。夏のむし暑い日の夜に暗い部屋でたった一人で怖いゲームをしていることを想像したただけでも怖いものが嫌いな人は耐えられないでしょう。今回はそんなホラーゲームの中でもとくにおすすめの最新作をご紹介いたします。どのゲームも怖いもの好きの方が満足していただける秀作ばかりが揃っています。ぜひとも今年の夏は最新作のホラーゲームで涼しくなってみてはいかがでしょうか。怖いものが苦手な方には…正直おすすめいたしません。

CLOSED NIGHTMARE

記憶を失った女性が閉ざされた空間からの脱出方法を探していくホラーゲーム。「千鶴」と名乗る人物によって監禁された「上代真莉亜(プレイヤー)」は、奇妙で残酷な仕掛けばかりの空間から逃げ出そうとします。

また、そこでは顔面傷だらけの仮面で顔を隠した男が襲ってきたり、真莉亜と同じように実験台にされている人物などとの出会いも。このゲームのイベントシーンは、実写映像で表現されており、さらには主人公目線の一人称視点で進むため、さらなる恐怖を体験すること間違いなしのゲームになっています。

CLOSED NIGHTMAREのジャケット写真
発売日
2018/07/19
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
株式会社日本一ソフトウェア

Stifled

このホラーゲームの最大の特徴は「音」を基本的なコンセプトとしていること。プレイヤーがさまざまな音をたてることで音波の反響が広がり、周囲の状況を知ることができます。そうしてゲームを進めていくのですが、やっかいなのが「敵のようなもの」もその音を聞いているということ。つまり音をたてたり、アイテムを投げたりすることで周囲の状況を知り、先に進むことができる反面、その音により、敵のようなものにもあなたの場所がわかってしまうということです。

そのため、できるだけ気づかれないように音をたてたり、わざとものを投げて敵のようなものの注意を別の場所に向けたりと頭も使うゲームになっています。また、このゲームは美しいグラフィックと線で描かれた単調なグラフィックの世界がありますが、単調なグラフィックの世界でも敵のようなものは本当に恐ろしく描かれています。

WHITEDAY~学校という名の迷宮~

ホラーゲームと恋愛ゲームの融合という珍しいホラーゲーム。主人公は深夜の呪われた学校に女の子たちと閉じ込められてしまいます。その学校の中にはさまざまな恐ろしい幽霊や、なかにはトラウマになってしまいそうな恐ろしい演出まで。生き残るためにはそんな悪霊達を封印しなければなりません。

さらには主人公達に襲いかかる守衛の存在も。守衛はこちらから攻撃を加えることができないため見つからずに行動する必要があるというのがさらにこのゲームの恐怖を煽ります。たかが恋愛ゲームだろ?とたかをくくって手を出すと必ず後悔するゲームです。

WHITEDAY~学校という名の迷宮~のジャケット写真
発売日
2017/08/24
ジャンル
アドベンチャー
発売会社
アークシステムワークス株式会社
WHITEDAY~学校という名の迷宮~の評価

評価数:8件
評価 :★★★☆☆(3.4/5)

ゲオユーザのWHITEDAY~学校という名の迷宮~の「絶賛」レビュー・評価
  • とにかく怖い!予想以上に守衛がしつこく追いかけてくるので精神ヤられますw
ゲオユーザのWHITEDAY~学校という名の迷宮~の「辛口」レビュー・評価
  • 初代バイオみたいにセーブするインクリボンを集め、限られた場所で限られた回数しかセーブ出来ない

バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.

ホラーゲームのパイオニアとも言えるバイオハザードの最新作「バイオハザード7」のグロテスクバージョン。この作品はただでさえ怖いバイオハザード7の恐怖の部分をさらに突き詰めた作品になっています。18歳以上の人のみを対象にしているということからもその恐怖の度合いが伺えるでしょう。

バイオハザード7のグラフィックの美しさは折り紙つきですので、あのリアルなグラフィック、さらには一人称でのプレイということを考えると恐ろしさははかり知れません。

バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.のジャケット写真
発売日
2017/01/26
ジャンル
アクション
発売会社
株式会社カプコン
バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.の評価

評価数:1504件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

ゲオユーザのバイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.の「絶賛」レビュー・評価
  • PSVRでできる唯一のバイオシリーズソフトということで、今もやってますが、ゾンビに慣れてる人や急にびっくり系が得意な方なら是非やってみては?っていう逸品です☆
ゲオユーザのバイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.の「辛口」レビュー・評価
  • ホラーが物足りない。バイオハザードは4までがバイオハザードらしかった。

フライデー・ザ・サーティーンス:ザ・ゲーム

殺人鬼「ジェイソン」となって7人のプレイヤー(カウンセラー)を血祭りにあげるゲーム…と言うとホラーゲームとは逆では?と思われそうですがご安心を。カウンセラーとして殺人鬼ジェイソンの追跡から逃げることもできるゲームです。つまり追う側の殺人鬼ジェイソンも、逃げる側のカウンセラーもプレイヤーというオンラインゲームになっています。

逃げるカウンセラーはそれぞれ異なる特徴を持っており、プレイヤーは自分のお気に入りのカウンセラーを選んで、生き残るためのツールや脱出手段を駆使し、ジェイソンの追跡を振り切ります。ジェイソンは、自信の特殊能力やアイテムを使ってカウンセラーに恐怖を与えながら最後は全員を血祭りににあげましょう。ホラーゲームではありますが、ある意味FPS要素の強いゲームになっています。

フライデー・ザ・サーティーンス:ザ・ゲームのジャケット写真
発売日
2018/08/02
ジャンル
アクション
発売会社
七福神

まとめの一言

昔のホラーゲームというとノベルス系が多かったように思いますが、最新のホラーゲームはアクション系が多いですね。映像のクオリティが上がっているだけに怖さも倍増。いきなりゾンビが襲ってくると心臓がドキンとしてしまいます。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局