紹介している作品のパッケージを幾つかあわせたもの画像

最近は本物と見間違うほどのリアルな車や風景などのグラフィックのレースゲームが多くなっています。しかし昔はそれほどリアルなグラフィックを再現することはできなかったため、その分ゲーム性にこだわったレースゲームが多く発売されています。そこでこの記事では、お彼岸に遊ぶのにおすすめの1990年代発売のオススメレーシングゲームをご紹介いたします。

F-ZERO(SFC)

1990年に発売されたスーパーファミコン用の大人気レースゲーム。未来を舞台にしたレースゲームで、ホバー式のマシンを使ってさまざまな宇宙の惑星にあるサーキットでレースをおこないます。未来を舞台にしているということだけあって、驚くほどのスピードを再現しており、爽快感抜群のレースを楽しむことが可能。プレイヤーは個性的な4種類のマシンから好きなマシンを選択。マシンには耐久力が設定されており、触れるとダメージを受けるガードビームやトラップなどがあるのもこのゲームの特徴になっています。爽快感溢れるレースゲームでグランプリ制覇を目指しましょう。

F-ZEROのジャケット写真
発売日
1990/11/21
ジャンル
スポーツ
発売会社
任天堂株式会社

スーパーマリオカート(SFC)

1992年に発売されたスーパーファミコン用の大人気カートゲーム。任天堂の人気キャラクター、マリオが登場するレースゲームで、現在でもさまざまな機種で続編が発売されているほどの超ロングセラーレースゲームになっています。マリオをはじめ、ルイージやクッパ、キノピオなどの個性的な特徴をもったキャラクターが勢ぞろい。お気に入りのドライバーを選択し、色々なギミックが用意されたユニークな24のコースを走ります。マリオカートの最大の特徴は、なんといってもアイテムを使っての相手への妨害。アクション要素もプラスした、スーパーファミコン用のソフトの中でも最高売り上げを記録した国民的レースゲームになっています。

スーパーマリオカートのジャケット写真
発売日
1992/08/27
ジャンル
任天堂キャラクター
発売会社
任天堂株式会社
スーパーマリオカートの評価

評価数:69件
評価 :★★★★☆(4.7/5)

ゲオユーザのスーパーマリオカートの「絶賛」レビュー・評価
  • 1人でも2人でも、時間を忘れて遊べるゲームですね。キャラクターを色々変えて遊んだり、ショートカットを探して遊んで、タイムを競うのには、子供ながらかなり楽しめた。
ゲオユーザのスーパーマリオカートの「辛口」レビュー・評価
  • ニンテンドウDSや3DSで遊んだことのある人は、物足らなさを感じると思います。遊んだことのない人だったら、とても楽しいとおもいますが。

ゼロヨンチャンプRR(SFC)

1994年に発売されたスーパーファミコン用のレースゲーム。これまでのレースゲームはサーキットを周回して競い合うものが多い中、400mの直進を走り抜けるという「ゼロヨン」を題材にしたレースゲームになっています。このゲームは直線を走り抜けるレースのためステアリング操作が一切ないのが特徴。そのため、レースに勝つにはギアチェンジのタイミングと車の性能が重要となってきます。車の購入や改造のためには資金が必要ですので、資金を稼ぐためのさまざまなアルバイト(ミニゲーム)が用意されているのもこのゲームの特徴です。ゼロヨンレースを中心にさまざまな楽しみが詰まったレースゲームです。

ゼロヨンチャンプRRのジャケット写真
発売日
1994/07/22
ジャンル
スポーツ
発売会社
株式会社メディアリング

スーパーF1サーカス(SFC)

1994年に発売されたスーパーファミコン用のF1ゲーム。車両を後方から見たタイプのレースゲームではなく、真上から見下ろしたタイプのレースゲームになっています。視点の関係上、迫力や臨場感には欠けますが、F1のレースゲームということだけあってスピード感は抜群に感じることができます。また、ただサーキットの周回を競い合うというだけではなく、レース前のセッティングも重要。長時間の走行などにより、マシンにトラブルが発生することもあるため、ピットインのタイミングも考えながら走らなければいけません。登場チームやドライバーも1992年シーズンに参戦したチームやドライバーに似た名称になっているため、F1ファンにもたまらないレースゲームになっています。

スーパーF1サーカスのジャケット写真
発売日
1992/07/31
ジャンル
スポーツ
発売会社
日本物産株式会社

ワイルドトラックス(SFC)

1994年に発売されたスーパーファミコン用のコミカルなレースゲーム。登場する車はヘッドライトに目が描かれたかわいらしい車。オフロードカーのような「4WD」をはじめ、クーペのような見た目の「COUPE」、フォーミュラカーのような「F-TYPE」などの車種が用意されており、障害物などにぶつかるとタイヤやボディなどがバラバラになってしまうのもこのゲームの特徴です。順位を競うモードから、コース内の星を集めてゴールするモード、二人で対戦するモードなどさまざまなゲームの楽しみ方が可能。一風変わったレースゲームを探している方におすすめです。

ワイルドトラックスのジャケット写真
発売日
1994/06/04
ジャンル
スポーツ
発売会社
任天堂株式会社

バトルレーサーズ(SFC)

1995年に発売されたスーパーファミコン用のレースゲーム。SDにディフォルメされた仮面ライダーやウルトラマン、ガンダムなどのヒーローやロボットが登場するゲームで、スケボーやローラースケートを使って競い合う異色のレースゲームです。4つのカップで優勝を目指すグランプリやVSモード、タイムアタックなどのモードを用意。各キャラクターにはHPゲージがあり、コース中のアイテムを取って相手を攻撃、妨害したり、加速、回復したりできるのも特徴。ヒーロー好きレース好き両方の方におすすめできるレースゲームになっています。

バトルレーサーズのジャケット写真
発売日
1995/03/17
ジャンル
スポーツ
発売会社
株式会社バンプレスト

まとめの一言

SFC全盛期の時代を覚えている人は、今は30歳を超えているのではないでしょうか。「スーパーマリオカート」はかなりの売上を記録しましたが、その他のレーシングゲームについては初耳だった方も多いかもしれません。ですが、今回ご紹介したようなレーシングゲームの制作があって、今のレーシングゲームが制作されているのも事実でしょう。ゲームのギミックや新要素の開発にあたり、過去のレーシングゲームを参考にしている部分はきっとあるはずです。
先人が積み上げてきたレーシングゲームの数々に敬意を払いたいですね。

株式会社ゲオネットワークス クチコ運営事務局