映画『スター・ウォーズ』シリーズ新3部作の主要キャストの1人カイロ・レンを演じるアダム・ドライバー。今回はアダム・ドライバーについて詳しく調べてみました。



アダム・ドライバーってどんな人?

アダム・ドライバーは1983年11月19日生まれ、カリフォルニア州のサンディエゴ出身です。本名は、アダム・ダグラス・ドライバー。身長が189cmと高身長で、黒髪に黒い瞳が魅力的な俳優です。高校時代に演劇を始めましたが、2001年に起きた9.11同時多発テロ事件を受けて海軍に入隊しました。マウンテンバイクでの事故により肋骨を骨折し、退役しています。

その後、名門ジュリアード音楽院で演劇を学び、卒業後すぐの2009年には、アメリカのテレビドラマで俳優デビューを果たします。「J・エドガー」(2011)で、スクリーンデビューしました。主演作「ハングリー・ハーツ」(2014)で第71回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門の男優賞を受賞しています。世界中でファンがいるスター・ウォーズシリーズの「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(2015)では、悪役カイロ・レンに抜擢。「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(2017)にも続けて出演しています。



アダム・ドライバーの家族と妻

アダム・ドライバーは伝道師の父ジョー・ダグラス・ドライバーと母ナンシー・ニーダム・ライトの間に生まれた一人息子です。両親の先祖は何世代にもわたり米国に土着していますが、イギリスやドイツ、アイルランド、オランダ、スコットランドなどの血筋をもっています。母は、実父と離婚した後にアダム・ドライバーら子供を連れてインディアナ州に引越し、バプティスト教会の牧師と再婚しました。アダム・ドライバーは継父の教会や学校で聖歌隊に入り、聖歌を歌っていたといいます。

そんなアダム・ドライバーの妻は、ジュリアード音楽院の演劇部門に在学中に出会った女優ジョアン・タッカーです。長い交際期間を経て2013年6月に結婚しました。2人の間に子供の情報はまだありません。



非営利団体AITAFを夫婦で営むアダム・ドライバー

アダム・ドライバーは、高校卒業後は両親の住む家の裏に部屋を借りて一人で暮らしていました。テレマーケティングや芝刈り、掃除機の営業マンなどのあらゆる仕事をし、冷蔵庫や電子レンジも自分で購入して両親の家には寄りつかず、自立した生活を送っていたようです。「ガールズ」の仕事が決まった時も両親には伝えなかったといいます。

一時期海兵隊員として従事していたアダム・ドライバーは、元軍人という経歴を生かして「AITAF(ARTS IN THE ARMED FORCES)」という非営利団体を立ち上げています。AITAFは、軍人たちに質の良い演劇を楽しんでもらう目的で活動をする団体です。妻のジョアン・タッカーも女優活動をしながらAITAFのアーティスティック・ディレクターを務め、夫婦で活動しています。



アダム・ドライバーの代表作をチェック!

クリント・イーストウッド監督の「J・エドガー」(2011)でスクリーンデビューを果たしたアダム・ドライバー。翌年には、ノア・バームバック監督の「フランシス・ハ」(2012)や、スティーブン・スピルバーグ監督の「リンカーン」(2012)など、立て続けに有名監督の作品に出演し、ハリウッドスターとしての足場を固めていきます。

中でも代表作とされているのは、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(2015)。黒装束とマスク、赤い十字のライトセーバーが印象的なダークサイドの戦士カイロ・レンを演じました。日本映画にも出演しており、遠藤周作の小説が映画化された「沈黙」(2016)では、司祭フランシス・ガルベを熱演しています。「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」(2017)でも再びカイロ・レン役を演じています。



アダム・ドライバーの出演作品

スター・ウォーズ フォースの覚醒の作品情報

スター・ウォーズ フォースの覚醒のジャケット写真
レンタル開始日
2016/05/04
監督
J.J.エイブラムス
キャスト
アダム・ドライバー(カイロ・レン) デイジー・リドリー(レイ) 
上映時間
136分
GEOで購入!
スター・ウォーズ フォースの覚醒のユーザ評価

評価数:26117件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ハンソロの加齢に時代の流れを感じました。チューハッカについてはまったく変わらず。相変わらずの渋い風貌と、素直になれない少し意固地な性格が昔と変わらずで、ホッとしました。スターウォーズファンとしては、ファルコン号が飛んだところに感動でした。続編期待します。
  • 久しぶりのスターウォーズ。 これも親と子のドラマなんだ!?と今更ながら気づいた作品。 突っ込み所は満載ですが、それもこのシリーズの魅力です。 三部作を通して観たい~
  • まず、時間の流れに驚いた。今までの作品ならあり得なかった関係性もありドキドキハラハラの展開だった。とにかくハンソロがイケメンだった

J・エドガーの作品情報

J・エドガーのジャケット写真
レンタル開始日
2012/06/02
監督
クリント・イーストウッド
キャスト
レオナルド・ディカプリオ(J・エドガー・フーバー) ナオミ・ワッツ(ヘレン・ギャンディ)
上映時間
137分
GEOで購入!
J・エドガーのユーザ評価

評価数:1327件
評価 :★★★☆☆(3.3/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ノンフィクションものでとても興味深いものではあった。あのアメリカFBIの創始者とも言える人の半生を綴っておりクリント・イーストウッド監督+レオナルド・ディカプリオ主演の珍しい豪華タッグとなってます!必要悪という言葉も有りますが、二面性がありこの人は情熱は人より強くそのためなら手段を選ばなかった。もはや政治家のそれに近いものを今作で感じました。
  • エドガーフーバーの黒いバックヤード的な内容かと思いきや、生い立ちや人間性に重点を置いた作品だったんですね。思わず『そっちの話?』とおもっちゃいました。いや… エドガーフーバーだからこそ、目線を変えればこんな人だった的な。 やっぱり恐るべしクリント・イーストウッド!
  • 癖のあるフーバーの青年期から晩年までを演じきったディカプリオに拍手したい。2時間でFBI初代長官フーバーの人生・人物を描くのはむずかしいと思ったが、さすがにクリント・イーストウッド。とてもよくまとめている。

スター・ウォーズ/最後のジェダイの作品情報

スター・ウォーズ/最後のジェダイのジャケット写真
レンタル開始日
2018/04/25
監督
ライアン・ジョンソン
キャスト
ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル) レイ(デイジー・リドリー) カイロ・レン(アダム・ドライバー)
上映時間
152分
GEOで購入!
スター・ウォーズ/最後のジェダイのユーザ評価

評価数:1528件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 前作のフォースの覚醒はレイが主役、今回はルークが主役といったところでした。心配されていたレイア姫の出演シーンも安心してご覧いただけます。 ストーリー、戦闘シーン、また取り巻きサブストーリーも素晴らしい内容で、もうね言葉に出来ない程です。 エピソード7のなになに?とモヤモヤしていた部分が今回ある意味完結しています。どうぞ自分の目で確かめて下さい。
  • 最近の中では、いちばんの出来です。ぜひ、ご覧になる事をお勧めします、映像、スピードMAXです 過去との繋がりが少し?のところもありますが、Forceについて考えさせられました。まだ、いろいろと妄想していますが、次回が楽しみです。監督変わらないで欲しい。
  • 納得の内容でした!過去作と比べてちゃんと人間が描けています。単なるドタバタ劇ではありません。はっきり言って1〜3は酷い出来でした。ルーカスはメガホン取っちゃいかん。色々な伏線があり、どれもちゃんと回収されています。長い映画でしたが、大人が楽しめる内容になっています。9部を作る監督は大変だろうなぁ。

沈黙 -サイレンス-の作品情報

沈黙 -サイレンス-のジャケット写真
レンタル開始日
2017/08/02
監督
マーティン・スコセッシ
キャスト
アンドリュー・ガーフィールド(セバスチャン・ロドリゴ神父) アダム・ドライバー(フランシス・ガルペ神父)
上映時間
161分
GEOで購入!
沈黙 -サイレンス-のユーザ評価

評価数:966件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • アメイジング・スパイダーマン主演、アンドリュー・ガーフィールド主演という事で、借りました。 隠れキリシタンを虐殺…同じ人間なのに、ここまで残酷になれるとは、恐ろしい映像が、事実にもとずいてると思うと、日本人として、やるせない思いになりました。 劇中に使われる英語は、聞き取りやすく、というか、日本語英語を含め、ゆっくりと話してくれるため、英語初心者の私には勉強になりました。
  • 歴史的事実を映画化した重厚で深みのある作品でした。布教のために日本に訪れた宣教師や、異教と言われながらも信仰を守り続けた人々の苦しみや辛さの、地獄のような悲惨さが伝わって来るようです。そして人を救うためにあえて棄教した神父の心の葛藤が観る人の心を締め付けます。また登場した全ての俳優さんの鬼気迫る演技が見事でした。若手の小松菜奈がこの様な役に挑戦しているのも見逃せません。時間が長い作品ですが、長さを感じさせない見応えあるある映画ですので、じっくりと楽しめました。
  • あまりにも重い映画でした。「シンドラーのリスト」を見た時と同じくらいの衝撃でした。特定の宗教のない私も信仰とは何だろうと考えさせられました。

参考URL
・youtube.com