映画「ラ・ラ・ランド」で主役の1人ミア・ドーランを演じた女優エマ・ストーン。見事オスカーを獲得し、名実共にハリウッドのトップ女優の1人になりました。今回はエマ・ストーンについて詳しく調べてみました。

エマ・ストーンの生年月日・出身地について

アリゾナ州スコッツデールに1988年11月6日に生まれました。小さい頃は様々な舞台に出演し、徐々に女優という職業への関心を高めていったようです。

女優になることを決めてからは、高校を中退してオーディションをたくさん受けることに専念。本格的な女優キャリアはテレビ番組からスタートしました。

ちなみに、本名は「エミリー・ストーン」。その名前で登録しようとしたらしいのですが、なんと既にその名前がリストにあったため芸名では「エマ」を使うことに決めたようです。「エマ」のほうが響きが可愛らしいと思うのは私だけ?!

身長は168cmと女優の中では中くらいです。あまり背が高くない男優も、気にすることなく共演できそうですね!

エマ・ストーンの恋人・性格について

エマ・ストーンの彼氏と言えば、長らく俳優のアンドリュー・ガーフィールドということで有名でした。2人の出会いは『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ。美男美女のお似合いカップルで、2人とも演技力には定評がありますね。

その後、順調に交際を続け、2014年には婚約までこぎつけます。ですが、程なくして2015年に2人は破局してしまいます。

原因は多忙によるすれ違いと噂されていますが、真相は分かりません。

その後、浮いた話はなかなか出てきませんでしたが、このほどアメリカの人気番組『サタデー・ナイト・ライブ』の脚本家であるデイヴ・マッカリーとの恋仲が噂されています。さて、今度はどこまで上手く進展するのでしょうか?温かく見守りたいですね。

※エマ・ストーンとデイヴ・マッカリーが仲良く手を繋いでいる写真はこちらからどうぞ!

エマ・ストーンのライフスタイル・ファッションについて

エマ・ストーンのファッションは、若い頃はキャッチーで可愛らしいミニスカートなどが多かったように思いますが、最近はぐっと大人っぽい服装が増えてきました。肌がとても白くカラフルな服がとても映えますね。以下の動画では赤いスカートが決まっています!

こちらは貴重なオフショット。デニムもかっこよく着こなしていますね!

こちらはエスニック調。首もとのフリルがとてもカワイイです。

そんなエマストーンですが、自己主張はかなりはっきりとするタイプのようです。何でも、14歳のときに女優になることを決意して、どれだけ自分がその道に適しているのかをパワーポイントにまとめて両親を説得したのだとか。武勇伝ですね。。。

インタビューもジェスチャーを加えながら堂々とこなしています。

エマ・ストーンの代表作

代表作はオスカーを獲得した『ラ・ラ・ランド』で間違いないでしょう。ミュージカル映画で、歌声はもちろんダンスも披露してくれました。

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズも忘れてはいけませんね!ピーターが愛した悲劇のヒロイングウェイン役を演じています。共演したアンドリュー・ガーフィールドとは婚約までしました。

2014年の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』では、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされました。着実にステップアップしている様子が伺えますね。

エマ・ストーンの出演作品

それではエマが出演している映画の中から、オススメの作品を幾つかご紹介していきます。

オスカー獲得:ラ・ラ・ランドの作品情報

着実に実力をつけてきたエマ・ストーンの全ての魅力が詰まった作品。演技も歌も、そしてダンスも見逃せませんね!

ラ・ラ・ランドのジャケット写真

レンタル開始日
2017/08/02
監督
デイミアン・チャゼル
キャスト
ライアン・ゴズリング(セバスチャン) エマ・ストーン(ミア)
上映時間
128分
さらに詳しく見る>
ラ・ラ・ランドのユーザ評価

評価数:1762件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ストーリーに関してはまあこんなもんだろうって感じでした。ただ、歌とかダンスとかはなかなか観てて楽しかったです。
    あと、エマストーンは演技も歌もダンスも出来るとかほんと天才だと思いました。
  • 映画館で見る映画って、変に先入観入ってもうて家で見るよりも評価下がってまうねんけど、これは違った。映画館で見た映画で久々の当たり!いや、大当たり!!この監督は天才やと思う。カメラワーク、ロケーション、歌、演技、脚本、どれも最高レベルやった。今年、これほどの映画あるいはこれを超える映画に何本出会えるのだろうか。
  • 久しぶりにミュージカル映画を映画館で見ました。主演の二人だけでなく、音楽やダンスの才能豊かな人たちがたくさん出てきました。テンポよく話が進んでいくので、退屈しません。まだ頭の中で劇中音楽がグルグルとリフレインしています。

悲劇のヒロイン:『アメイジング・スパイダーマン』の作品情報

世界的に大ヒットした作品。ヒロインを演じて一気にエマ・ストーンの名前が全世界に知れ渡ることに。

アメイジング・スパイダーマンのジャケット写真

レンタル開始日/公開日
2012/11/14
監督
マーク・ウェブ
キャスト
アンドリュー・ガーフィールド(ピーター・パーカー) エマ・ストーン(グウェン・ステイシー)
上映時間
136分
さらに詳しく見る>
アメイジング・スパイダーマンのユーザ評価

評価数:6499件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 最初はトビーマグワイアの方が良かったと思っていたが意外とガーフィールドもいい感じだなと思いました。面白かった。
  • 本当にかっこいいです!現代の科学を駆使したスパイダーマンもありです!
    Andrew Garfieldも本当にかっこいいし、エマ・ストーンも素敵です
  • スパイダーマンに外れはないです。アメコミとは思わず見たことがない人でも見れば楽しめると思います。

実力開花:バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報

この作品で可愛い・きれいな女優から、一皮向けたようなきがします。アカデミー賞助演女優賞にもノミネートされた見逃せない作品!

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)のジャケット写真

レンタル開始日/公開日
2015/09/02
監督
アレハンドロ・G.イニャリトゥ
キャスト
マイケル・キートン(リーガン) ザック・ガリフィアナキス(ジェイク) エマ・ストーン(サム)
上映時間
120分
さらに詳しく見る>
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)のユーザ評価

評価数:4130件
評価 :★★★☆☆(3.2/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • よくありそうなストーリーだけど、心打たれる。老いを、考えるちかごろ。エマストーンの、成長にびっくり。
  • 映画好きからの評価がめちゃ高いので借りて観ました。
    夢と現実がわからなくなる。少しインセプション的な映画の限界にチャレンジしたような作品でした。
  • 最高だった。なんて言っていいかわからないけどバードマンの姿が見えた所からゾクゾクして批評が新聞に載るシーンでは涙が溢れて止まらなくなった。驚異的な全編擬似長回しで主人公の彷徨う迷路に一緒に入り込んでしまい出られない。人間の飽くなき承認欲求をユーモラスに悲哀に愛情深く描いている。映像とバックで流れるドラムの融合が心地よくその為だけに見てもいい。全てが最高でした。

ゾンビランドの作品情報

コメディタッチのゾンビ映画。役者の幅が広がった作品ではないでしょうか。

ゾンビランドのジャケット写真

レンタル開始日/公開日
2011/02/04
監督
ルーベン・フライシャー
キャスト
ウディ・ハレルソン ジェシー・アイゼンバーグ エマ・ストーン
上映時間
88分
さらに詳しく見る>
ゾンビランドのユーザ評価

評価数:1918件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • B級映画ですが、よくできています。子供がキャーキャーすごく喜んで見ていました。しばらくしたらもう一度見てみたい映画です。
  • 笑えるゾンビ映画としてはショーンオブザデッドと並び立ちます!
    超怖がりの主人公と破天荒な仲間達とのゾンビ退治!
    滅茶苦茶スカッとします!
    バイオハザードと違って根本解決法は皆無のままですが
  • 売れる前のエマストーンやジェシーアイゼンバーグが出てる無駄に豪華なゾンビ映画です。B級に見えますが凄い予算掛かってるのがハリウッドらしいですね。

小悪魔はなぜモテる?!の作品情報

青春ものもバッチリですね!最高に可愛いエマに出会える作品ですよ!

小悪魔はなぜモテる?!のジャケット写真

レンタル開始日/公開日
2012/02/08
監督
ウィル・グラック
キャスト
エマ・ストーン ペン・バッジリー アマンダ・バインズ
上映時間
92分
さらに詳しく見る>
小悪魔はなぜモテる?!のユーザ評価

評価数:1263件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • この作品を見てエマ・ストーンを好きになりました。
    抜群のスタイルと綺麗な顔立ち、女として完璧で憧れになりました。
    作品で、オリーブは周りに嘘ついて抱えきれなくなった時、ずっと自分のことを思ってくれてた人に出会い幸せな人生に進んでいくのが羨ましく思いました。
    真実をぶちまけた時の爽快感が伝わりました!
  • エマ・ストーン演じる主人公は、一つついてしまった嘘が広がりだんだんと深刻な状況へ陥る。重たい展開になりそうなものだが、主人公が明るくポジティブなため非常に観やすい。90分と上映時間も短いし。
    アメリカと日本の高校生事情がそれほど違いがなかったのが意外。
  • エマストーンがとにかくキュート。
    嘘、噂、エスカレート、引き返せない、そんなティーンズの心境をコミカルに描いています。
    いつも思うことだけど、日本の高校とハイスクールの違いが面白い。

参考URL
・youtube.com
・https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20150202/Narinari_20150202_29905.html