『メリーに首ったけ』が1億ドルを超える大ヒットとなり、ゴールデングローブ賞では主演女優賞にもノミネートされたキャメロン・ディアス。その後はスター街道まっしぐらで、数々の映画に出演してきました。今回はキャメロン・ディアスについて今回詳しく調べてみました。





キャメロン・ディアスのプロフィールをご紹介

澄んだブルーの瞳を持つキャメロン・ディアスは、アメリカ・ハリウッドで活躍する女優。数々の映画に主演し大物女優としての地位を確立しました。生年月日は1972年8月30日で、出身地はアメリカのカリフォルニア州サンディエゴです。身長173cmのスレンダーなスタイルで一般人離れした美貌を持つキャメロン・ディアスは、16歳のときにファッションモデルとしてデビューしました。モデル時代はコスメやジュエリーで有名なカルバン・クライン、大手ジーンズブランドリーバイスのモデルをしたこともあります。

モデルとして着々とキャリアを重ねていたキャメロン・ディアス。モデルとして活躍するキャメロン・ディアスは日本でも話題になり、ファッション雑誌「Seventeen」でキャメロン・ディアス単独の特集が組まれました。特集が組まれたときの表紙もキャメロン・ディアスが担当しています。モデルの仕事が軌道に乗っていた21歳のとき、マネジメント会社の勧めで映画のオーディションを受けます。その映画はコミックが原作の「マスク」で、キャメロン・ディアスは映画初主演ながらヒロイン役を勝ち取ったのです。



キャメロン・ディアスの家族構成や恋愛歴について

両親はキャメロン・ディアスが生まれてくるまで性別を調べていませんでした。そのため、男の子が生まれたらセバスチャン・エミリオかメナハム・エルヘニオと名付ける予定だったようです。また、キャメロン・ディアスの父親エミリオ・ディアスは、残念ながら58歳という若さで亡くなっていますが、とても親子仲が良いと評判でした。モデル・女優として活躍しているキャメロン・ディアスは、噂になる相手も華やかです。まず、噂になったのが若手俳優のマット・ディロン。マット・ディロンとは映画「メリーに首ったけ」で共演しました。マットと破局した後は、俳優ジャレッド・レト、プロサーファーとして活躍しているケリー・スレイター、モデルのポール・スカルフォーと交際をします。転機が訪れたのはキャメロン・ディアスが41歳のころです。キャメロン・ディアスはロックミュージシャンとして活躍するベンジー・マッデンと出会います。二人は交際から7ヶ月後に婚約し、ビバリーヒルズにある自宅で結婚式を挙げました。



キャメロン・ディアスのスタイル維持法とファッションも要チェック

透明感のある肌が魅力的なキャメロン・ディアスは、20代のころまで肌荒れに悩んでいたそうです。肌荒れ改善のためにキャメロン・ディアスが実践したのは、ミネラルウォーターで顔を洗うことでした。スタイルを維持し続ける方法は、食生活に気を付けることと、ジムで運動をすることのようです。おしゃれな女優としても名高いキャメロン・ディアスは、ファッションも注目を浴びます。

20代のころは、ハイネックニットやTシャツにスカートを合わせたシンプルスタイルで、ヘルシーなファッションでした。その後、年齢を重ねるに連れ上品なファッションへと変わります。表舞台ではエレガントなファッションをしているキャメロン・ディアスですが、私服ではデニムを活用したカジュアルスタイルが好みのようです。デニムを履くときは季節やシーンに合わせて、ロングブーツやパンプスで大人カジュアルなファッションをしています。



キャメロン・ディアスの代表作(映画)と言えば?

数々の映画に出演し「ラブコメの女王」と呼ばれたキャメロン・ディアス。キャメロン・ディアスの名を一躍有名にしたのが、1998年公開の「メリーに首ったけ」です。この作品の中では、誰もが憧れる美女というヒロイン役を演じました。「メリーに首ったけ」はアメリカンジョークを交えたラブコメディ映画。キャメロン・ディアスのまぶしい笑顔と可愛らしい仕草が映画の後押しをし、3億ドル以上の興行収入を叩き出しました。

そして、キャメロン・ディアスの可愛い女の子というイメージを一変させたのが2000年公開の「チャーリーズ・エンジェル」シリーズです。この作品では、敵と戦うミステリアスな美女3人組のリーダー役を演じています。アクションシーン満載の映画ですが、コメディ要素もあり世界中で人気になりました。



キャメロン・ディアスの出演作品

メリーに首ったけの作品情報

メリーに首ったけのジャケット写真
レンタル開始日
2000/07/07
監督
ボビー・ファレリー ピーター・ファレリー
キャスト
キャメロン・ディアス(メリー) マット・ディロン(ヒーリー)
上映時間
119分
GEOで購入!
メリーに首ったけのユーザ評価

評価数:931件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • キャメロン・ディアスが可愛いのはもちろんですが、弟役の役者さんが凄い!!障害を持つ役どころなのですが、作ってる感が全く無い。もう普通にそういう人なんだっていう風にしか見えない。お見事!!あ、ストーリーも楽しめました。
  • 何度見ても楽しい。初めて見たときは衝撃的でした。冴えなくても頑張ることが大切なこと、思いを寄せれば実ることなど、大変、見ると清々しい気持ちになれます。また、キャメロンディアスは最高に可愛くセクシー!何度も見て癒されます。
  • キャメロン・ディアスが好きで何となく借りてみたが、中学生あたりが好きそうなレベルの内容かな。人によるけど個人的には下ネタ満載で面白かった

チャーリーズ・エンジェルの作品情報

チャーリーズ・エンジェルのジャケット写真
レンタル開始日
2001/05/25
監督
マックジー
キャスト
キャメロン・ディアス(ナタリー) ドリュー・バリモア(ディラン) 
上映時間
98分
GEOで購入!
チャーリーズ・エンジェルのユーザ評価

評価数:834件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 3人の個性がとっても出ててキュート。ストーリーも面白いです。キャメロンディアスさんはいつ見ても可愛いですね〜このシリーズはどれも面白いです。楽しいです。
  • 私がアクション好きになるきっかけの作品だったのは覚えてます。 探偵事務所にいる三人の女性が、アクションや変装、色仕掛けなどを駆使して任務を遂行。コメディ要素などもあり、楽しめます
  • お色気三人娘の荒唐無稽のドタバタ喜劇アクションですよ、空っぽで、薄っぺらで、馬鹿笑いするディアスが男物のブリーフ姿で、プリプリのヒップを扇情的に振るだけで男は喜ぶのですよ、そのいい尻に星四つ、こういう軽さだけの映画だけど、ファーストシーンの機内のステディカムによる長回しのワンショット撮影の見事さも忘れてはいけないよ。

イン・ハー・シューズの作品情報

イン・ハー・シューズのジャケット写真
レンタル開始日
2006/04/07
監督
カーティス・ハンソン
キャスト
キャメロン・ディアス(マギー) トニ・コレット(ローズ)
上映時間
131分
GEOで購入!
イン・ハー・シューズのユーザ評価

評価数:612件
評価 :★★★☆☆(3.6/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 姉妹でも、出来の良し悪しがあって。比べられたり、比べたり。でも、出来の良いほうも、不出来なほうに対して羨むところもあったり。 グッとくる映画でした。
  • もっと軽い話かと思っていたのだが、思ったより家族関係が複雑で深い話だった。祖母と母と娘の関係や、女同士の友情がメインなのでやや女性向け。 人として絶対に許せないことをされても「なぜか許してしまう」と言った姉の姿が、この姉妹の絆をよく表していると思う。わざわざ場所を変えただけあって、フロリダでの出来事もうまくラストにつなげてあって、よくできた脚本だと思った。
  • 姉妹の衝突のドラマです。とても好きな感じで、やっぱり女性向けかな。 姉ローズは自由奔放すぎるマギーを嫌っているようで、でも突き放すことは出来ずに苦しんでしまう… 素敵な靴が並ぶクローゼットのシーンが印象的。

私の中のあなたの作品情報

私の中のあなたのジャケット写真
レンタル開始日
2010/02/19
監督
ニック・カサヴェテス
キャスト
キャメロン・ディアス(サラ) アビゲイル・ブレスリン(アナ)
上映時間
110分
GEOで購入!
 のユーザ評価

評価数:905件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • これは、口コミで評判があったので、借りました。主人公(キャメロンディアス)の子供が白血病の子とその家族の悲しく、感動する物語。家族のことを考えさせられました。
  • 言葉では言い表せない気持ちでいっぱいです。主人公の持っている家族への愛、兄妹への愛、恋人への愛、それぞれ形や伝える思いが異なりどんな気持ちだったのかと考えると涙が出ます。家族側からの主人公への思いも立場によって違い、またそれぞれがどんな形であれ主人公のことを思っているため深く考えさせられます。とにかく感動。一生の間に観るべき作品です。
  • この作品を見て、先の長くない病気に対しての考え方が一変しました。 私の頭の中では患者がもっともこの世に出来る限り長く存在していたい。生きていたい。と思っている物だと思っていました。だけどもしかしかたら、遺される人が生きていて欲しい。少しでも長く一緒にいて欲しいと一番に思ってしまっているのではないか。そしてそれが患者本人にとっては負担な時もあるんではないか…。そう思ったら、自分の家族が不治の病に伏せた時、どうするだろうと考える。けどやっぱりどうしても生きていて欲しいと思い、色々な治療法を試してしまうのかもしれない…。 病気に対して、凄く凄く考えさせられる作品です。そして家族愛に涙します。オススメです。

参考URL
・youtube.com