「ジュラシックワールド」でオーウェン・グレイディ役を演じ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」などにも出演している、クリス・プラット。2018年7月「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の公開も控えている、クリス・プラットについて、今回詳しく調べてみました。











クリス・プラットの生年月日と出身地について紹介

鍛え上げられた身体と整った顔立ちが人気のクリス・プラットは、1979年6月21日アメリカバージニア州ミネソタ生まれの俳優です。クリス・プラットは大学中退後にハワイマウイ島のレストランに勤務している時、女優レイ・ドーン・チョンと出会いました。その後、レイ・ドーン・チョンの監督作「Cursed Part3」にデビューしたのをきっかけに、クリス・プラットの映画俳優人生がスタートします。レストランで働く前はホームレスをしていたという驚きの経歴の持ち主のクリス・プラット。不遇の時代の経験をばねに、その後ドラマなどへの出演を積み重ね、ついに2014年マーベルコミックを原作にした「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」で主演を務めます。





映画は世界興行収入が7億ドルを超える大ヒットとなり、クリス・プラットは一躍脚光を浴びます。その後、2015年公開の「ジュラシック・ワールド」で主演し、映画は興行的にも大成功を収め、クリス・プラットの名は世界的に知られることになりました。



クリス・プラットの家族や恋人について紹介

クリス・プラットは建設工事の仕事に携わる父と会社員の母との間に、3人兄弟の3男として生まれました。若い頃からクリス・プラットは、アメリカンフットボール、陸上などのスポーツに秀でており、明るく存在感のある人柄だったそうです。





私生活では「パーティ・ナイトはダンステリア」で共演した女優アンナ・ファリスと2009年に結婚し、2012年には長男ジャック・プラットが誕生しました。ハリウッドでは結婚してもすぐに破局するカップルが多い中、クリス・プラット夫婦はおしどり夫婦として知られ、イベントでも変わらぬアツアツぶりを周囲に見せていました。しかし、2017年12月1日に和解しがたい不和を理由に離婚を申請。元妻のアンナ・ファリスには新恋人の噂がささやかれていますが、クリス・プラットには現在は恋人と呼ばれる存在はいないようです。







クリス・プラットのファッションやライフスタイルを紹介

今でこそ、筋肉質なスタイルの良さが売りのクリス・プラットですが、主演作である映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」出演前は130kg近い太めの体型でした。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の主演抜擢後は、映画のために半年かけてダイエットに成功。イベントではマッチョで男らしい体型に良く似合う、ベストつきのツーピースファッションがよく見られます。





スーツのカラーもブルー系などのさわやかなカラーからダーク系まで、自分に似合うものを積極的に取り入れているようです。イベントではスーツ姿が多いクリス・プラットですが、私生活ではTシャツにデニム、ハーフパンツなどのラフな着こなしを楽しんでいます。





着こなし同様にライフスタイルもオンとオフを切り替えるクリス・プラットは、ファンを失望させないため外出時はファンと一緒に写真を撮らないことを公言。プレミアなどの公の場では、サインなどのファンサービスに時間をかけて行う一面もあるものの、自分の中での譲れないルールを作り上げているようです。







クリス・プラットの代表作を紹介

クリス・プラットの代表作は、彼を一躍スターに押し上げた大ヒット映画「ジュラシック・ワールド」と言えるでしょう。

「ジュラシック・ワールド」は、1993年公開の映画「ジュラシック・パーク」から続くシリーズ第4作目の映画です。あらすじは、ジュラシック・パークの大惨劇から22年後、恐竜をテーマにしたパーク、「ジュラシック・ワールド」が完成。来場者も多く、大人気観光施設となった「ジュラシック・ワールド」から、遺伝子操作で生まれた凶暴な肉食恐竜「インドミナス」が脱走したことにより、再び悪夢が始まるというものです。出演者の迫真の演技とCG技術により、スリルと興奮に満ちたエンターテイメント作品に仕上がっています。



クリス・プラットは「ジュラシック・ワールド」の中で、主役である恐竜パークの恐竜監視員オーウェン・グレイディを演じています。クールかつユーモアに富み、アクションも難なくこなす男らしい魅力満点のクリス・プラットの演技をぜひ映画で楽しんでみてください。



クリス・プラットの出演作品

ジュラシック・ワールドの作品情報

ジュラシック・ワールドのジャケット写真
レンタル開始日
2016/02/24
監督
コリン・トレボロウ
キャスト
クリス・プラット オマール・シー ブライス・ダラス・ハワード
上映時間
124分
GEOで購入!
ジュラシック・ワールドのユーザ評価

評価数:33022件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 第1作を観ているかどうかで印象は変わるでしょう。 公開当時を知っている、映画館で観た者にとっては、何よりもこのテーマ曲を聴くだけで感動ものです。 内容はしっかりと第1作を踏襲していますが、より現代的。造られた恐竜と心を通わせる人間がいる一方、当然ながらそれを利用する人間もいるわけで、そのあたりは定番というか昔も今も変わらない。 人間のエゴで、より強く、より大きくと造られた恐竜が解き放たれてしまってからは、単なる怪獣映画の様相が強くなってしまった感があるのはちょっと残念ですが、それでも十分に面白く、迫力ある作品に仕上がっています。 ある意味安心して観られる、大きく外れることのない作品です。
  • 大好きなジュラシックパークシリーズ!! 今回はラプトルがこっち側で興奮しました。 最後もすんごい泣けました。 ジュラシック好きにはオススメ!!
  • 4dでも見たがなんど見ても楽しめる 最後の恐竜は最高です!!!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの作品情報

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのジャケット写真
レンタル開始日
2015/01/21
監督
ジェームズ・ガン
キャスト
クリス・プラット ブラッドリー・クーパー ヴィン・ディーゼル
上映時間
121分
GEOで購入!
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのユーザ評価

評価数:15318件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの一作目で、予想外の展開とそれぞれのキャラクターが面白くて良かったです。
  • MCUらしさが存分に出ている。 劇中で流れてた音楽もシーンに合っていて良かった‼︎ 危機的な状況であってもしっかりボケを入れていっているのは他のMCUでも出来ないことだよね。ガーディアンズオブギャラクシーじゃないと‼︎
  • 余り期待しないでレンタルしたんだけど、これは面白い。シリアスが少な目でコメディ要素が多いアクション映画だから観ていてストレスが全然たまらないオススメの作品!

パッセンジャーの作品情報

パッセンジャーのジャケット写真
レンタル開始日
2017/08/02
監督
モルテン・ティルドゥム
キャスト
ジェニファー・ローレンス クリス・プラット
上映時間
116分
GEOで購入!
パッセンジャーのユーザ評価

評価数:3686件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 今私にピッタリの映画でした。結局、人はどこでどんな仕事をして人生を生き抜くかよりも、愛する人と一緒に居られれば幸せに生きられるということを改めて思い知らされました。不自由な空間で人生を捧げることを強いられて葛藤する姿に、今の自分とオーロラを重ね合わせてしまいました。それでも愛があり、運命的な理由、役割があるならば、必然だったのかもしれません。その人生を受け入れていく姿に心を打たれました。 確かに自分の寂しさを埋めるために人の人生を巻き込むのは、究極のエゴだと思いました。しかし自分が同じ立場だったらと思うと、同情せざるを得ません。人はやっぱり一人では生きていけないのだと強く感じました。もっと人との繋がりを大切にしていこうと思いました。
  • 眠い中で観ていましたが、途中から徐々にテンポアップしていく展開に惹きつけられて、気付いたら眠気を忘れて最後まで観ちゃいました。オチには賛否両論あると思いますが、考えさせられる面白さがあります。是非、恋人や夫婦で一緒に見て欲しい映画です。
  • 他の星への移住で装置故障により一人だけ早く目覚めた男の葛藤をうまく描いている。 それからの展開もそつがなく、なかなかの作品といえる。

マグニフィセント・セブンの作品情報

 マグニフィセント・セブンのジャケット写真
レンタル開始日
2017/05/24
監督
アントワーン・フークア
キャスト
デンゼル・ワシントン クリス・プラット イーサン・ホーク
上映時間
132分
GEOで購入!
マグニフィセント・セブンのユーザ評価

評価数:1717件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • アクション系ハリウッドスター勢揃いの海外版7人の侍。安定のデンゼルワシントンから今大人気のクラスプラットまで豪華すぎるキャストたちは一見の価値あり。ド派手なアクションも相まって、めちゃカッコいい作品になっている。
  • 西部劇はいいね! 撃ち合いの前のあの緊張感が堪らないです。駆け引きと目線と張り詰めた空気感が感じるシーンは最高です。 最後のドンパチも派手にやって盛り上がってますよ。
  • 荒野の7人のリメイクだが、ストーリーはずっと面白い。今まで、大元の7人の侍を超えるものは、なかったが、この作品で初めて並んだ感じ。お勧めです。

ジュラシック・ワールド/炎の王国の作品情報

ジュラシック・ワールド/炎の王国のジャケット写真
公開日
2018/07/13
監督
フアン・アントニオ・バヨナ
キャスト
クリス・プラット ブライス・ダラス・ハワード
GEOで購入!

参考URL