映画「キングスマン」でハリー・ハート役を演じ、政治活動もしているコリン・ファース。今回コリン・ファースについて詳しく調べてみました。











コリン・ファースの生い立ちを紹介

コリン・ファースは1960年9月10日、イギリスのハンプシャー州グレイショットに生まれます。歴史学の教師の父と、宗教学の教師の母を持ち、祖父母はインドにて宣教師をしていました。生後数週間で家族はナイジェリアに移住し、4歳のころ再びイギリスに帰国。彼は幼少のころより演技に取り組み、ロンドンの演劇学校、セントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザインのドラマ・センターを首席で卒業しました。舞台「アナザー・カントリー」の再演版の主人公に抜擢された後、映画版「アナザー・カントリー」のオーディションを受け、主人公の友人役で映画デビューを果たします。その際の演技が高い評価を受け、TV界に進出し、1995年にBBCで放送された「ジェーン・オースティン」原作のミニシリーズ「高慢と偏見」のダーシー役で一躍トップスターに躍り出ました。その後は映画界に活動の場を移し、演技派俳優としての地位を確固たるものとしています。







コリン・ファースの性格、恋愛遍歴は?

その紳士的で真面目そうな外見とは裏腹に、コリン・ファースはかなり気さくで親しみやすい性格として知られています。恋愛に関しても意外と積極的で、1989年に映画「コリン・ファースの恋の掟」で共演したメグ・ティリーと交際、1990年に息子ウィリアム・ジョセフ・ファースを授かりますが、結婚には至らず1994年に破局します。1997年、イタリアの映画プロデューサー、リヴィアと結婚しました。コリン・ファース本人によると、番組のロケでコロンビアに行った際、製作アシスタントとして関わっていたリヴィアに一目惚れしたとのこと。コリン・ファースはリヴィアと交際したことをきっかけにイタリア語の勉強を始め、今では流暢に会話ができるまでになっているそうです。





政治活動にも力を入れているコリン・ファース

コリン・ファースは政治活動に熱心なことでも知られています。少数民族の権利を守ることを目的に活動しているNGO団体「サバイバル・インターナショナル」のサポーターとしても有名です。2003年、映画「ラブ・アクチュアリー」にプロモーションの際に、ボツワナ政府がグワイ族やガナの人たちを排除している、と非難しています。また、2009年9月、ロンドン映画祭にて彼は、妻のリヴィアと共に、政治活動サイト「Brightwide」を立ち上げます。2011年には演劇分野での目覚ましい活躍が認められ、大英帝国勲章第3位を授与されました。2017年にイタリアの市民権を取得したことにより、イタリアとイギリスの二重国籍を持つ俳優でもあります。





コリン・ファースの代表作(映画)を徹底紹介!

コリン・ファースの名を一躍有名にしたのは2004年に世界中で大ヒットした「ブリジット・ジョーンズの日記」のマーク・ダーシー役ではないでしょうか。彼が演じる誠実でハイスペックなキャラクターが世の女性たちの心を掴みます。その後、2009年「シングルマン」にてヴェネツィア国際映画祭最優秀男優賞に与えられる、ヴォルピ杯を受賞。2010年に吃音に悩むジョージ6世役を演じた「英国王のスピーチ」では、その演技が世界中で大絶賛され、アカデミー賞主演男優賞、ゴールデングローブ賞、BAFTA賞、映画俳優組合賞など、その年の賞レースを総なめにし、コリン・ファースの最高傑作とまで言わしめました。2015年にはスパイアクション映画「キングスマン」に主演、華麗なアクションを披露し、世界工業収入4億ドル超えの大ヒットを記録したのです。2018年1月には続編の「キングスマン:ゴールデン・サークル」が公開、またもや世界55カ国で初登場1位を飾る大ヒットとなりました。役柄ごとにさまざまな顔を見せてくれるコリン・ファースは、これからますます目の離せない俳優です。





コリン・ファースの出演作品

キングスマンの作品情報

キングスマンのジャケット写真
レンタル開始日
2015/12/23
監督
マシュー・ヴォーン
キャスト
コリン・ファース マイケル・ケイン タロン・エガートン
上映時間
129分
GEOで購入!
キングスマンのユーザ評価

評価数:22447件
評価 :★★★★☆4.0/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 007のおふざけ感がいい感じでした。 イギリスの階級社会がいまいちわかりませんが、 基本は、その低階級の若者がとある縁からキングスマンの試験を受けることになり、そこからの成長を描くものです。 とまあストーリー結構ありきたりのストーリーです。見るべきはアクションとスーツ。 アクションはガン・フーよりはガンカタに近いです。様々な007ばりのギミック、なんでか傘がメイン武器で靴やペンがサブ武器として戦いそれが飽きさせません。 一番の見どころは主人公の先生てきなハリー役のコリン・ファースが、アメリカの教会で暴走するシーンでした。 いや~久しぶりに目が離せないアクションシーンでした。テンポの良さとノリノリの音楽で本来はスプリッター映画ばりのぐろいシーンが、爽快+ワクワクしてしまいました。 ただ悪ふざけもよいと思いますが、最後のパーティーシーンはちょっと…あれは金持ちみんな死ねなんですかね。ブラックユーモアをきかせたつもりだと思いますが、やりすぎでしょ。 キレッキレのアクションと爽快な中でもスローモーションを組み合わせて飽きさせず。最後の決めポーズ。見せ方がとてもうまいのでこの作品の監督のセンスに脱帽する作品でした。
  • 表の顔は、高級テーラー。しかしその実態は世界最強のスパイ機関が大活躍する。
  • 序盤は特に引き込まれる要素やインパクトはないが、ストーリーはなかなか面白かった。また黒幕の改革が壮大すぎてる。何より戦闘シーンが爽快だった。

ブリジット・ジョーンズの日記の作品情報

ブリジット・ジョーンズの日記のジャケット写真
レンタル開始日
2002/04/05
監督
シャロン・マグワイア
キャスト
レニー・ゼルウィガー ヒュー・グラント コリン・ファース 
上映時間
97分
GEOで購入!
ブリジット・ジョーンズの日記のユーザ評価

評価数:1700件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ヒューグラとコリンファースの若いこと~~。超おもしろかったです。
  • はまりました!観ると、元気が出ます!働く女性におすすめです!
  • ブリジットが本当に可愛い!!少し大人な内容なのに全然いやらしくなく笑いがあるので、家族で見れそう

英国王のスピーチの作品情報

英国王のスピーチのジャケット写真
レンタル開始日
2011/09/02
監督
トム・フーパー
キャスト
コリン・ファース  ジェフリー・ラッシュ ヘレナ・ボナム=カーター
上映時間
118分
GEOで購入!
英国王のスピーチのユーザ評価

評価数:3477件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 努力することで自信が生まれるということ。病気や体に起こる症状には原因があるということ。若い人にはぜひ観て欲しいし、大人はボンヤリ観てるのではなく、自分の間違いや思い込みがあるのではと考えるきっかけになるのでオススメ。
  • 実話を元にしただけあって、かなりリアリズムを追求した作品。自分自身や周りに置き換えた時、他人事とは思えないほど、感情移入してしまうかも…
  • コリン・ファースの演技が光る。民衆には見せない英国王の苦悩を知り、国王を応援せずにはいられない。最後のスピーチからは目が離せない。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴーの作品情報

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴーのジャケット写真
公開日
2018/08/24
監督
オル・パーカー
キャスト
メリル・ストリープ ピアース・ブロスナン コリン・ファース
GEOで購入!

参考URL
・youtube.com