代表作『インディ・ジョーンズ』シリーズで主演を務めてきたハリソン・フォード。2015年から始まったスター・ウォーズの新シリーズでもハン・ソロ役で登場し、話題になりました。今回は名優ハリソン・フォードについて詳しく調べてみました。



ハリソン・フォードの生年月日・出身地

ハリソン・フォードは1942年7月13日、アイルランド人の父と、ロシア系ユダヤ人の母の間に生まれました。出身地はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴです。父親は元俳優、母親はラジオ女優という環境からか演技に興味を持ち、大学中退後は地元の劇団で活動します。

その後、ロサンゼルスの演技学校で学び、1966年にはコロンビア映画と7年契約を結びました。「現金作戦」で映画デビューしますが芽が出ず、契約は1年で解除となります。その後もユニヴァーサルと契約し、「テキサスの七人」などにも出演しますがやはり陽の目を見なかったため、大工として生計を立てていた時期もあります。大工の技術は独学で学び、家のリフォームや家具を作りながら俳優として活躍するチャンスを探していた時期でもあるようです。



ハリソン・フォードの恋人や家族は?どんな性格?

ハリソン・フォードには3度の結婚歴があります。1度目は大学時代の恋人、メアリー・マーカットと1964年に結婚しています。2人の息子がいますが、1979年に離婚。1983年、脚本家であるメリッサ・マシスンと再婚して息子と娘を授かりましたが、2004年に離婚しています。

その後、22歳下のキャリスタ・フロックハートと交際をスタートし、2010年、ハリソン・フォードが68歳の時に3度目の結婚をしています。映画の撮影で滞在していたニューメキシコ州サンタフェで挙式しました。二人には子どもがいませんが、妻であるキャリスタが2001年に養子のリアムを迎えており、現在は3人で暮らしています。

お騒がせ俳優とも言われるハリソン・フォードは、「夢はあるか?」の質問に「お金持ちで有名になりたいんだ」と答えました。「エクストローディナリー・メジャーズ」で演じた役には「お金のことは気にしない。私は科学者だ」という有名なセリフがありますが、ハリソン・フォードは「私はお金のために役者をしている」と発言し、米メディアでは叩かれたそうです。



ハリソン・フォードのライフスタイル・ファッション

ハリソン・フォードはプライベートを明かさないことで有名です。ワイオミング州ジャクソンホールに800エーカーの農場を所有しており、映画の仕事がないときには農場でのんびり過ごすというライフスタイルを貫いています。

ヘリコプターと飛行機のライセンスを持ち、過去には自家用ヘリで少年を救出したというエピソードがあります。行方不明となったボーイスカウトの少年の捜索に参加し、ヘリコプターで2時間の飛行を続け少年を発見・救助しました。ヘリコプターでの救助はこれが初めてではなく、それ以前にも高山病で下山できなくなっていた女性ハイカーを救助したエピソードもあります。

他にも車の運転中、前を走っていた女性が事故を起こし車から出られなくなっているところを、駆け付けた他のドライバーと共に救助したというエピソードもあります。ハリソン・フォードがメディアに登場する時のファッションはシャツのボタンを少し外し、ジャケットをはおっていることが多いようです。



ハリソン・フォードの代表作(映画)について紹介

ハリソン・フォードは長らく俳優としての陽の目を見ることがありませんでしたが、「スター・ウォーズ」のハン・ソロ役で一躍人気スターとなりました。「スター・ウォーズ」旧3部作を演じ、一方で「ハノーバー・ストリート 哀愁の街かど」や「ナバロンの嵐」などの話題作にも出演。俳優として一気にブレイクしたのです。

1981年、スティーヴン・スピルバーグが監督した「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」では主役のインディー・ジョーンズを演じ、「スター・ウォーズ」と同様に大ヒットを記録しました。その後も映画に出演しては大ヒットを記録し、1993年に出演した「逃亡者」では主人公リチャード・キンブルを演じ、興行的に大きな成功を収めました。同作ではゴールデングローブ賞にもノミネートされています。



ハリソン・フォードの出演作品

ブレードランナーの作品情報

ブレードランナーのジャケット写真
レンタル開始日
1998/11/20
監督
リドリー・スコット
キャスト
ハリソン・フォード(デッカード) ルトガー・ハウアー(ロイ)
上映時間
117分
GEOで購入!
ブレードランナーのユーザ評価

評価数:1729件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • この時代にしては非常に綿密に構成された世界観を忠実に再現されており、リアリティを感じた。矛盾は少なくこの世界観に引き込まれた。
  • ハリソンフォードが好きなので、名作ということで観ました。何十年も昔の映画ですがあまりギャップを感じることがなく、そこに感心しました。内容もとても面白くて見応えがありました。
  • タバコの煙もくもくに時代を感じたな~。新作の続編を観るためにレンタル。ディストピアものの走りだったのかな。もの悲しいストーリーが余韻を残す。ヒロインが美しい。

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国の作品情報

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国のジャケット写真
レンタル開始日
2008/11/07
監督
スティーヴン・スピルバーグ
キャスト
ハリソン・フォード(インディ・ジョーンズ) ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ)
上映時間
122分
GEOで購入!
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国のユーザ評価

評価数:1429件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 以前から観たいと思っていた。最初、軍隊との充戦でどうなるのか中盤頃でようやくお宝がなんなのか息を飲む状態でした。最後の宇宙船が飛び立つシーンは雄大ですごかった。ラストも結婚式でハッピーエンドで良かった。
  • まさかまた見ることが出来るとは思っていなかったインディ・ジョーンズが帰ってきてくれました。前3作シリーズは小学生の頃に夢中になって見た思い出の作品たちでした。そんなインディが帰ってきたのだからもう嬉しくて、たとえインディが年を取ってアクションにキレがなくてもいいしストーリーや作風が前シリーズと感じが違ってもいいんです。これはこれで新たなるインディの始まりだと思います。
  • 神秘の秘宝、クリスタル・スカルを見た瞬間エイリアンが出るかもしれないと思ったが、まさしくそうだった。 今回はアクション、ギャグ、SFなど全ての面においてスケールが大きかった。 インディの前に、かつての恋人マリオンとその息子が登場し、ジャングルを舞台にストーリーが展開します。 インディが「この2年不幸続きだ」とぼやいた時に学長の「人生も折り返しを過ぎて、これからは失う一方だ。」の台詞がこの作品にとって意味深いと思った。

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望の作品情報

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望のジャケット写真
レンタル開始日
1970/01/01
監督
ジョージ・ルーカス
キャスト
マーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー) ハリソン・フォード(ハン・ソロ)
上映時間
125分
GEOで購入!
スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望のユーザ評価

評価数:9261件
評価 :★★★★☆(4.1/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ここから始まったスターウォーズシリーズ‼️ ローグ・ワンからのエピソードⅣを観てもちゃんと繋がっていて繋ぐために忠実に作ったことがよくわかる。今度のハン・ソロの話も楽しみだ。
  • オビ=ワンの雰囲気や言動はエピソード1から見てると感動… 彼の人生辛すぎません?!エピソード1で師匠を亡くし、エピソード2で戦争のせいで仲間が死に、エピソード3ではアナキンが闇落ちし、パドメも亡くなり、ジェダイ壊滅、そしてエピソード4ではついに自分まで…ルークに向けての笑みがルークへの希望かと思うと感動しました
  • これは一回見たので、ローグ・ワンのあとに見るといいよというのを友達から聞いてレンタルし、ローグ・ワンのラスト10分の続きが最初の10分くらいまで繋がり、とても興奮した! しかも初めて見て、Ⅰ.Ⅱ.Ⅲを見たあとでもまた見たくなりますね!!

逃亡者(1993)の作品情報

逃亡者 (1993)のジャケット写真
レンタル開始日
1998/11/20
監督
アンドリュー・デイヴィス
キャスト
ハリソン・フォード(リチャード・キンブル) トミー・リー・ジョーンズ(サミュエル・ジェラード) シーラ・ウォード(ヘレン・キンブル)
上映時間
131分
GEOで購入!
逃亡者(1993)のユーザ評価

評価数:532件
評価 :★★★☆☆(3.9/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ハリソン・フォードもいいけれど、それ以上にトミー・リー・ジョーンズがいい。 この映画まで名前も知らない俳優さんでしたが、強烈な印象を残しました。 逃げる側も追う側も切れ者で飽きさせない。サスペンスもよくできていて文句なしに楽しめる!
  • 全く飽きさせない展開で見られます。「上質」という言葉がピッタリなサスペンス・アクションだと思います。ハリソン・フォード、トミー・リー・ジョーンズともに渋すぎます。インディ・ジョーンズ、BOSSコーヒーの役とはまったく違います。
  • この作品は印象深い良いシーンが沢山あるが、私が作品中に1番記憶に残ったのは最後のトミーリーJの男の優しさ。 それは観てのお楽しみだが、とても感動的で大満足な仕上がりだった。 たまに観ても何度観てもすごく楽しめる、そんなハラハラ逃亡劇(作品)。申し分ない2大スターの「演技だと感じさせない最高の演技」に鑑賞後の後味も抜群だ!

参考URL
・youtube.com