映画「ムーンライト」で少年の父親役、フアンを演じ、アカデミー助演男優賞受賞を受賞したマハーシャラ・アリについて今回詳しく調べてみました。



??@gq photo: @peggysirota

Mahershala Aliさん(@mahershalaali)がシェアした投稿 –









マハーシャラ・アリってどんな人?

マハーシャラ・アリは、1974年2月16日生まれのアフリカ系アメリカ人の俳優です。カリフォルニア州のオークランド出身で、本名はマハーシャラルハズバズ・ギルモアでした。キリスト教の聖職者だった母親の影響で、旧約聖書より引用したヘブライ語から名付けられたと言います。その後イスラム教徒に改宗したことから、苗字をギルモアからアリに改名しました。最初はマハーシャラルハズバズ・アリの名前で活動していましたが、2010年以降よりマハーシャラ・アリの名前で活動しています。バスケットボールで活躍していましたが、演劇に興味を持ち始め地元の舞台で俳優活動に打ち込むようになりました。ニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・アーツで演劇を学び、修士号を修得した後は、2001年からテレビシリーズ「女検死医ジョーダン」に出演。以降、多数のテレビシリーズや映画で活躍しています。映画「ムーンライト」(2017年)にて第89回アカデミー賞助演男優賞を受賞しました。



#tbt #ShortShortsEra

Mahershala Aliさん(@mahershalaali)がシェアした投稿 –



マハーシャラ・アリの家族は?

20代後半からテレビや映画に出演を始めたマハーシャラ・アリ。俳優としては遅咲きながらアカデミー賞助演男優賞を受賞するなど大ブレイクを果たし、結婚は2013年39歳の年でした。結婚のお相手は、一般人のアマタス・サミ=カリムです。ふたりの出会いは、ニューヨーク大学の学生時代、20代の頃にまでさかのぼります。実はアマタスの兄弟は発砲事件の被害者となり亡くなってしまったのですが、そのときにマハーシャラ・アリが彼女の支えとなったことをきっかけにふたりの仲が深まったそうです。結婚から4年後の2017年2月22日、第一子にあたる女の子を授かっています。長女は、バーリー・ナジュマ・アリと名付けられました。長女誕生の4日後、2017年2月26日に行われた第89回アカデミー賞でマハーシャラ・アリは助演男優賞を受賞。マハーシャラ・アリにとって人生最高の1週間になったことでしょう。



#Mothers✨

Mahershala Aliさん(@mahershalaali)がシェアした投稿 –



力強いメッセージを発するマハーシャラ・アリ

本名のマハーシャラルハズバズ・ギルモアから改名して活動しているマハーシャラ・アリ。その背景には、キリスト教の家庭に生まれた彼が後にイスラム教へと改宗したといういきさつがあります。第89回アカデミー賞における助演男優賞授賞式の中で、マハーシャラ・アリが自分自身の改宗に関して述べたスピーチが話題になりました。「母がキリスト教の聖職者にもかかわらずイスラム教に改宗したが、これまで以上にお互いを理解でき愛するようになった。愛は育むものであって憎しみあうことではない」いうスピーチは、異教徒間での共生を課題とするアメリカ社会にとって力強いメッセージとなったのです。実生活の中で、有色人種であることやイスラム教徒であることから人種差別を受けたことがあるというマハーシャラ・アリだからこそ伝えることのできたメッセージだったと言えるのではないでしょうか。



#tbt my dude Nas.

Mahershala Aliさん(@mahershalaali)がシェアした投稿 –



マハーシャラ・アリの代表作を一挙紹介!

マハーシャラ・アリが映画の大役を得た初めての作品は、2008年に公開された「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」です。老人のような赤ちゃんを育てる父親役として好演し、注目を集めます。2010年に公開のSFアクション映画「プレデターズ」では、兵士のモンバサ役を演じました。マハーシャラ・アリの代表作として外せない作品は、2017年に公開された「ムーンライト」です。1980年代マイアミの貧困地区で生まれたゲイの黒人男性シャロンの人生を描いた同作品の中で、マハーシャラ・アリは少年の父親役として出演し、助演男優賞の受賞を果たしました。マハーシャラ・アリの出演時間はわずか24分間であり、過去10年間の同部門の中で最短の出演時間だったと言われています。



@moonlightmov @a24 "In Moonlight Black Boys Look Blue." Out now

Mahershala Aliさん(@mahershalaali)がシェアした投稿 –



マハーシャラ・アリの出演作品

ムーンライトの作品情報

ムーンライトのジャケット写真
レンタル開始日
2017/09/15
監督
バリー・ジェンキンス
キャスト
トレヴァンテ・ローズ アシュトン・サンダース アレックス・ヒバート マハーシャラ・アリ ナオミ・ハリス
GEOで購入!
ムーンライトのユーザ評価

評価数:551件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • じわる映画です。観てすぐ超感動!とかではなく、後から思い起こして考えて、時間をかけて味わうものに感じました。いじめ、ドラッグ、育児放棄、マイノリティへの差別など、我々に問題提起をしています。皮肉な負の連鎖が現実にあると思うと溜め息が出る思いでした。 そして自分を受け入れ前に進むラストです。生きたい人生を生きるまでには時間がかかるけど、自分の幸せを正直に求める姿はきっと皆と一緒で、目が離せないです。 生きていくには誰にも様々な障害があるけど、それらを乗り越え、その人を作っていきます。それを心にいつも置きながら、私もこれから出来るだけ正直に自分の決めた人生を生きていこうと思いました。
  • かつて、これほどまでに黒人を美しく描いた作品はあったのだろうかというくらい、この作品は完全に次元を越えていました!友達から毎日苛められる日々を送っていた少年が、麻薬密売人の男と出会い、徐々に周りに心を開いていく。高校生になると、主人公が唯一心を許す男友達ケビンに次第に惹かれる。だが、翌日に学校である事件が起きてしまい、その時に見ているだけだったケビンとは、疎遠に。そしてさらに時は経つと、主人公はあの密売人の男と同様、彼も密売人になっていた。そして、あの事件以来、疎遠になっていたケビンから、電話がかかってきて…。この映画は一言でいうと、ゲイ映画です。ですが、そこに黒人映画ならではの緊迫した状況もいれたり、主人公の心情に合わせて映像のタッチを変えてみたりと、バランスのとれていて、なお、美しい作品でした。皆さんにも、ぜひ観てほしいです。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報

ベンジャミン・バトン 数奇な人生のジャケット写真
レンタル開始日
2009/07/15
監督
デヴィッド・フィンチャー
キャスト
ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット タラジ・P.ヘンソン マハーシャラ・アリ
上映時間
167分
GEOで購入!
ベンジャミン・バトン 数奇な人生のユーザ評価

評価数:1565件
評価 :★★★☆☆(3.8/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 大切な人との時間が永遠ではないという事を考えさせられる作品だった。 ベンジャミンの人生と 周りの人々の人生がすれ違ってしまう切なさや その瞬間も あまりにも酷で 悲しく感じた。 3時間という長さを感じない いい作品だった。
  • いろんな思いが浮かぶ作品で、人生や愛について改めて考えさせられる良作です。
  • 人間の人生」を違う観点からみて、描いているような独創的な目線で見ていて引き寄せられました。 やっぱり悲しいけど、それは予想の範囲内。 だから最後の悲しみより、それまでの経過が最後にドーンとくる感じです。 みて良かった。

プレデターズ (2010)の作品情報

プレデターズ (2010)のジャケット写真
レンタル開始日
2017/04/19
監督
ニムロッド・アーントル
キャスト
エイドリアン・ブロディ ローレンス・フィッシュバーン アリシー・ブラガ マハーシャ・アリ
上映時間
107分
GEOで購入!
プレデターズ (2010)のユーザ評価

評価数:805件
評価 :★★★☆☆(3.5/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • ある謎の惑星に集められた腕ききの殺し屋たち、その惑星とはSF界ではかの有名な「プレデター」の住む星だった!この作品の見所といえばやはりプレデターのかっこい良さ!それに加え地球での腕ききの殺し屋として活動していた人間がどのように奴に立ち向かっていくかというところも必見です!それぞれの得意分野とする手段でいろいろな戦闘シーンがありそこもまた見所です!
  • なかなか面白い。 こういう映画で主人公があまり好きになれないタイプもまた斬新な気がした。

ドリームの作品情報

ドリームのジャケット写真
レンタル開始日
2018/02/02
監督
セオドア・メルフィ
キャスト
タラジ・P・ヘンソン オクタヴィア・スペンサー ジャネール・モネイ マハーシャラ・アリ グレン・パウエル
上映時間
126分
GEOで購入!
ドリームのユーザ評価

評価数:281件
評価 :★★★☆☆(3.7/5)

クチコユーザの評価・ネタバレ
  • 改めて人種差別に対して考えさせられる映画でした。  今回この映画を通して、初めて黒人女性が関わって快挙を成し遂げていたことを知りました。彼女の辛さを乗り越えていく姿感動しました。また、上司役のケビンコスナーが白人専用トイレの看板を壊した場面良かったです。
  • NASAの宇宙開発に貢献した 知られざる黒人女性達の奮闘ぶりを丁寧に描いた伝記映画。差別や偏見をものともせず困難に立ち向かう姿に胸アツ。脇を固める俳優、60sファッションそして音楽など見所にも溢れた作品でした、前例の無い事にも臆せず立ち向かう勇気を貰えた快作

参考URL